大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「東北太平洋沖巨大地震」で感じること

投稿日時:2011/03/14(月) 16:41rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

東北地方太平洋沖で起きたマグニチュード 9.0という観測史上最大の地震による
被災の広さと深刻さには言葉を失い驚くばかりです。

被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
また、不幸にして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして救援を待つ人たちが、一時も早く安全な場所に逃れられることを願っています。

僕は、香港出張から10日の夜に戻ってきて、翌日出社していました。
この日の帰国でしたら、成田空港が封鎖で戻れませんでした。

地震発生時には、弊社ではメンバー全員が社内で業務をしていました。
弊社はビルの6階にありますが、かつて感じたことがない揺れと衝撃に騒然としました。
棚の上のものが落ち、ガラス製品や台所の食器が割れ、女性メンバーはテーブルの下に逃れました。

長い揺れが収まった後、非常階段を使い、すぐ近くの公園に全員無事に避難しました。
2時間ほど公園で様子を見ましたが、その間にも余震が続き、携帯電話も通じませんでした。
会社に一旦戻りましたが、公共の交通機関が動いていないため帰宅が出来ません。

地震の亀井橋公園
 この公園がこんなに人で埋め尽くされたのは初めてです。

11時近くまで待機し、その後、徒歩と動き出した電車で12時過ぎに全員帰宅することが出来ました。
震度5の東京でこういう状態ですから、被災地は本当に大変だったと思います。
しかも地震の後に来た津波は本当に恐ろしいものがあります。

大事なことは、一人ひとりが出来ることをしっかりと見定めて行動することだと思います。
会社としては、社員の安全が第一ですので、避難方法と連絡手段の確認をしました。
避難時に必要な品もリュックにつめ、すぐに持ち出せるようにしました。

確かにこの悲惨な状態を見ますと胸が痛みますが、むやみな過剰の反応は禁物だと思っています。
いたずらに不安や混乱を引き起こすような行動は慎まなければなりません。
また不確定要素のことを憶測で語るのも風評被害を招くだけです。

“悲惨な状態⇒予定していたことも中止⇒商売やビジネスがダメだと悲観”
こういった精神的な負のスパイラルに陥らないことです。
とくに顧客接点の小売店の役割は大きいと思います。
暗く重くるしい表情の商売になれば、ますます社会の雰囲気は悪くなります。

多くの海外メディアが地震の被害を伝えると同時に、
冷静に助け合いながら行動している日本人を高く評価しています。
米国のCNNは、秩序を守ってコンビニに列を作る日本人の写真を掲載し、その姿を称賛しています。

中国メディアも“日本の民衆の落ち着きが強い印象を与えている”(第一財経日報)
“日本人はなぜこんなに冷静なのか”(新京報)と報じています。
日本に辛口と言われる国際情報紙の環球時報でさえも
“日本人の冷静さが世界に感慨を与えている”と掲載しています。 

ロシアの独立系紙ノーバヤ・ガゼータ(電子版)は、
“日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする人間の連帯がいまも存在している”
とゴロブニン・タス通信東京支局長の称賛の記事を掲載しています。

実際に地震発生の11日の夜、公共の交通機関が止まり、多くの人々が帰宅の足を奪われた東京では、
レストランや商店がペットボトル入りの飲料水を無料で提供し、トイレを開放していました。
やっと動き始めた電車にも譲り合いながら乗車をしています。

“みんな大変だから”と言う言葉を耳にするたびに、大震災の甚大な被害にもかかわらず、
社会的秩序を失わない日本人の絆の強さを実感しています。
皆様、どうかお互いに力を合わせてがんばりましょう。

※海外メディアの内容は、「asahi.com」「楽天Social News」「産経ニュース」を参照しました。

※今回のブログは、本日配信の「ブランディング・レポートVol453」の“メッセージ”を
一部省略、修正して掲載しています。レポートの有料購読者の皆様、ご了承ください。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

     
(株)クエストリー社長/櫻田弘文のブログ&フォトエッセイ

     
(株)クエストリー金田百美子のブログ    (株)クエストリー橋本典子のブログ

     
(株)クエストリー工藤典子のブログ     (株)クエストリー岡本亮二のブログ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

      
クエストリー・ブランディングレポート     (株)クエストリーホームページ

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...