大きくする 標準 小さくする
次ページ

2019年02月22日(金)更新

新しいフレームには過去の方程式は合わない

先日配信したメルマガの内容です。

ブランディングを進める際に一番厄介なのが、

「これはこういうものだ」、「これがいままでのやり方だ」という
自社や業界の常識や当たり前です。

常識や当たり前に固執する経営者の多くは、
これまでの「こうしたらこうなる」 という方程式が、
通じなくなっていることに気付いていないからです。


過去とは全然違う新しい時代が来ていることを、体感できておらず、
これまでと同じ方程式を無理やり当てはめようとしています。

言葉でいくら説明をしても、頭ではわかっても、身体が動かないのです。

この状態から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。


ひとつのアプローチは、異業種や異分野の世界を体感することです。
体感とは五感で感じ取ることです。


体感の最も近道は異業種や異分野の人に会うことです。
ただし、異業種交流会の名刺交換程度では本当の体感できません。

それよりも、気になる経営者に直接会って話を聞き、質問をすることです。

「見ず知らずの人にそんなことはできない」
そう考えている段階でアウトです。



本気で会いたと思ったら、方法はたくさんあります。
僕はまず下記の3つを試してみます。

・知り合いがいないか探してみる
FacebookTwitterなどをフォローし、連絡を取る
・思いのこもったコメントをメールやメッセンジャーで送る


案外、この3点セットのどれかで会ってくれるものです。

お会いできたら最大限の感謝とともに、いろいろなことを吸収することで、
次第に新しい時代のフレームが見えてきます。



┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    


●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン


【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで

2019年02月21日(木)更新

地震は怖いし、本当に嫌です。

今夜は埼玉で知り合いとあれこれと打ち合わせを兼ねて飲んでいました。

今日のブログは打ち合わせのことを書こうと思っていたけど、
帰りのJRに乗り込んだ時に、北海道の胆振地区方で震度6弱の地震。

本日友達になった方からのFbのメッセで地震のことを知りました。


この地方の白老町にはウチの会社の取引先が5社あります。

すぐにLINEで連絡をすると、2社からは返事があり、無事とのこと。
残りの3社からは連絡がないけど、ニュース等から判断すると大丈夫そうです。

先週は現地に行っていただけに、心配です。
しかも、前回の地震は9月、今回は2月の冬場です。


地震は本当に怖いし、嫌ですね。

僕も含めてだけど、人は喉元過ぎればという言葉通り、忘れる動物です。
でも、備えあれば憂いなしというように、平常の準備が必要です。

自宅の台所の食器タンスの上には、ヘルメットが二つあるけど、
いざとなると使えるかどうか・・・

会社の持ち出し用のバッグも明日チェックしようと思います。



┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    

●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン

【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで

2019年02月20日(水)更新

大変な時代?すごくおもしろい時代?どっちだとお感じですか。

ご商売やビジネスがとても難しくなったとお感じの方が多いと思います。
どうしてですか尋ねますと、次のような声が戻ってきます。

「いままでのやり方やノウハウが通じなくなった」、
「消費者の考えていることがわからなくなった」、
「競争が激しく、しかもその内容が見えなくなった」………。



反対にこんなにおもしろい時代はないという方もいます。
同じように理由を尋ねますと
こんな声が返ってきます。

「価格や量や範囲ではない価値を打ち出している」
「はっきりと目指すべき顧客を絞っている」
「競争をしないで、独自性を明確にしている」


片方は先行きが見えず不安で仕方がない、
もう片方は自分の進む道が見えて楽しんで仕事をしているのです。

押しているスウィッチがどこか違うのだと思います。



ご商売やビジネスが難しくなったとお感じの方も何とかしたいと思っています。

でも、なかなか現状が変えられないのです。
こういった人たちに共通しているのは、次のような考えを持っていることです。


「みんなと同じことをしていれば、まあ大丈夫」
「長く商売をやっているから(歴史が長いから)何とかなるさ」
「自分たちのほうがお客よりも商品に詳しいよ」
「人間関係が強いから少々のことでは崩れないよ」
「これまでこの方法で成功してきたから問題ないよ」
「よそよりも価格を下げればまだまだいける」………!



これって全部「錯覚」です。
自分を安心させるためでしかありません。

こういう人たちが集まった競争を「同質化競争」と言います。

同じような商品を、同じようなやり方で展開すると、必ず勝つのは資本力に勝る大手です。
残念ながら、中小企業や小さな店に勝ち目はありません。





┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    

●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン

【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで

2019年02月19日(火)更新

不確定要素に振り回されない

経営者は毎日が選択の連続です。

さまざまな情報をもとに、経験と知識を活かし、
どうしたらいいのかを判断しています。


そんな時に思うのは「不確定要素に振り回されない」こと。

もしかしたら、ひょっとすると、そうかもしれない……
こんな風に考え出すと切りがないのですが、でもやっぱり思ってしまいます。


夜中に目が覚めて眠れなくなった経験は経営者ならあるはずです。


大事なのは、判断しなければならないことは、
「確定要素」なのか、「不確定要素」なのか、その見極めが大事です。


不確定要素はいくら考えても判断しようがありません。
それよりも確定したことを考え、判断することの方がはるかに重要です。



┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    

●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン

【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで

 

2019年02月18日(月)更新

正解主義よりも、修正主義

残業はできるだけしないにしているのですが、まだ会社です。

先ほど外部パートナーのデザイナーと打ち合わせが終了、
20時半過ぎにもう一件打ち合わせで来客があります。

このところちょっと仕事が立て込み、複数のことが並行して動いている状態。
そんな中で感じるのが、今回のタイトルです。


正解が見えていた時代は、成功事例をいち早くつかみ、
それをアレンジすることである程度は成長できました。

力技で一気にというのが良かったのかもしれませんが、
でも、いまは正解がない時代です。

当たり前だけど、誰にでも通用するような成功事例もありません。


そんな時代は「修正主義」がいいと思うのです。

まずは小さな単位でやってみて、その成果を確認する。

計画通り行けそうならばそのままでいいし、
計画外のことがあれば修正をしてから、大きく展開する。


多くの経営者はこのことをわかっているつもりでも、
気が付くと勢いで物事を進めようとする。

もちろん勢いはいいのだが、現実を見ない取り組みは足もとを救われる。

とくに行政の取り組みを見ていると、予算消化や建前の組み立てが多いから
小さく産んで大きく育てることにならないことが多いように感じる。


それにしても、経営者の多くは本当にせっかちですね。
僕も経営者だから、早く早くという気持ちもわからないではないのですが。

でもこれまでの経験だと、修正主義の方がスピード感が増していきます。
関わる人の共通認識もとりやすいしね。

なんだかまとまりのない内容だけど、そんな風に感じます。

2019年02月17日(日)更新

資格を取得する意味と価値・・・悩ましいなあ

2ヶ月に一度発行されている、ある社団法人の機関誌に連載が始まる。
今月の20日が1回目の原稿締め切り日なので、午後からその原稿を書いていた。

およそ3,000字の文字量、これはそれほど苦にはならない。
それよりもテーマとその構成にいつも唸ってしまう。


今回のテーマはその団体が認定している資格制度のこと、
あらためて「資格って何だろうか」と考えさせられた。

取得しないとできない分野(例えば車の運転)は別として、
「資格を取得すれば就職や昇進に有利」ということはもうそれほどないと思う。

そんなことを考えているうちに、僕はどんな資格を持っているのかと考えた。
何もないね……車の免許も若い頃に書き換えを忘れて、そのままになっているし。


まあ、それはそれとして、いったい資格ってなんだろうね。
資格が担保になるほど現実の仕事は甘くはない。

資格がなくても素晴らしい仕事をしている専門家もたくさんいる。
資格で仕事が来るとは思えないし、払っていただく費用が高くなることもない。

でも、資格=無意味だとは思えない。
資格ビジネスと言ったらいいのか、この分野はまだまだ伸びている。

簡単に考えていたけど、少々悩んでしまったのが正直なところ。


あれこれ考えているうちに、
資格そのものよりも、資格を取得するための学習に価値があるような気がした。

お金も時間もエネルギーも、自分の限られたリソースを使うのだから、
なにかしらの気づきというか、方向性のようなものが見えてくるのではないだろうか。


資格を取得することよりも取得した後に、それをどう活かすかが大事、
それは取得するための学びのときから始まっているのではないか……そう思う。

もっと言うと、このの視点が欠落し、取得だけが目的になると、
せっかく取得した資格は活かせないような気がする。


ということで、ブランディングの視点を織り交ぜて、一稿目を書き上げました。
明日推敲してからメールで送ります。

どんな反応と評価になるだろうか、楽しみと不安がよぎります。



┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    

●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン

【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで
 

2019年02月16日(土)更新

白老のポロト湖でのワカサギ釣り

先日の北海道の白老出張、二日目に行ったのはポロト湖です。
アイヌ語で「大きな沼」を意味するポロト湖は周囲が約4Km、面積はおよそ33haです。

護岸近くでは来年の春に開業予定の「白老民族共生象徴空間」の建物の建築工事が進んでいます。
この国家プロジェクトのことはまた別の機会として、ポロト湖は厚い氷に覆われていました。


駐車場から見ると、氷の湖面には色鮮やかなテントが張られ、
その周辺では釣り糸を垂らす人の姿が見えます

そうです、ワカサギ釣りに講じる人たちです。
こうなると興味関心がむくむと湧いてきます。

まあこういうのは文字よりも画像だね。

 
 


氷の上を転ばないようにゆっくりと進み、
釣りをする人たちの近くまで行ってみました。

釣りをする人の横には釣り上げたワカサギを入れる容器があるので、
視線を感じながらのぞみ込むと5㎝弱のワカサギが入っていました。

僕の記憶ではワカサギって7~10㎝くらいあるのですが、全体的に小振りです。
これで天ぷらを作るとしたら、どうなんだろうという余計な思いが湧いてきて仕方がありません。


それにしても、氷上から眺める風景は実に美しい。
それに反して、遠くに見える建築中の建物は………無粋に感じるのは僕だけかなあ。

ちなみに、ポロト湖の湖畔の遊歩道を登ると、もっと魅力的な世界があるとか、
もう少し暖かくなったらぜひ行きたい!キャンプなんかもしてみたいなあ。

白老って、豊かな自然と美味しいものがある本当にいいところです。



┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    

●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン

【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで
 

2019年02月15日(金)更新

「イノベーション」ってなんだ?

日本語では「技術革新」と訳されることが多い「イノベーション」という言葉
本来の意味は異質なもの同士を組み合わせることです。

想定外の分野を組み合わせることで、従来とはまったくことなる価値を生み出すこと、
これがイノベーションの本質です。

とここまで書きましたが、これはチェコ共和国の経済学者ヨーゼフ・シュペンターの著書の一節です。

一昨日の「チーム白老アライアンスミーティング」でもイノベーションのことを説明したのですが、
もう少し具体的にこんなことを述べました。




「中小企業はイノベーションの連続で生き残っていく」そんな風に感じるのです。
​​​
でもね、従来とは異なる価値を生み出すことは、きちんと成果につながってこそ本物です。
案外このことを忘れて、悦に構えている経営者が少なくないように感じます。


まずは小さなコラボレーションから初めて、成果にイノベーションにつなげる
こんなことをチーム白老(ここだけではないのですが)でやってみたいなあ。

もちろん、主体はチーム白老のメンバーであり、
僕らはナビゲートするプロデューサー的存在しかありません。


とは言っても何か辛気くさく眉間にしわを寄せるのではなく、
「いっちょやってみようぜ」そんな乗りで楽しくできたらいいなと思っています。

2019年02月14日(木)更新

知ってるつもりになっていた「白老」

「価値のタネがない企業はありません」と言ってきましたが、地域も同じです。

と言うよりも、ちょっと反省です、白老には何もないと言われたことを鵜呑みにしてきたのです。
白老とは昨日から一泊二日の出張先の北海道の白老町です。

昨日は地元の若手経営者とともに「白老町魅力発見セミナー」を開催しました。


今日はそのうちの1社との個別ミーティングの前に、
昨日講演していただいた久米信行さん、お取引先の方と一緒に
白老の魅力を発見するために何ヶ所を回りました。


正直言って、いつもスケジュールがキツキツで
新千歳空港とミーティング会場の往復で終わっていたのです。

なかなかじっくりと白老町を回るチャンスがなかったのです(と言うよりも作らなかった)。

今日回った中で「ああ、こんなにいいところがあったんだ」と思ったのは
虎杖浜地区のアヨロ鼻灯台の近辺です。



灯台としての役目を終えて、取り壊し寸前まで行った灯台が、
残そうという声に後押されて残ったのです。

車で行けるところまで行き、その後は雪が積もっているところを歩いて
灯台下の海岸まで降りると、なんとも言えない風景が広がっていました。


目の前の海はゆるかな円弧を描き、海に突き出た崖には枯山山水のような木が、
そして海岸には不思議な岩が並んでいます。

どうやらアイヌの人たちにとっても聖なる場所だったようです。

 
 

この海岸でどんなことをしたら楽しいか、
大人4人であれこれと話すこと自体がおもしろい。

とくに久米さんの提案は各地での経験に裏付けされているので群を抜いたおもしろさです。

「知ってるつもり」から抜け出そうと言いながら、知ってるつもりになっていた白老、
たくさんのコンテンツ、しかも奥深いものがあるのを認識した今日の白老でした。




┏┓
┗■「3月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 




◆テーマ
えがおが集う場所を創造する
人が主役の店づくりへのチャレンジ    

●日 時:2019年3月13日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン

【ゲスト講師】
西岡政憲氏 有限会社西岡家具/カフェクヌート 取締役取締役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで

2019年02月14日(木)更新

北海道・白老町魅力発見セミナー終了!

今日は北海道・白老町魅了発見セミナーが無事に終了しました。
今夜はとりあえず画像をあげますね。

 

 

 

 
次へ»

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...