大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


2010年の終わりに感じること

投稿日時:2010/12/30(木) 14:57rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

2010年も残すところ、わずかとなりました。本当にいろいろなことがあった1年間でした。

個人的には、3月に父が81歳で亡くなりました。正月に会ったときには元気でしたのに、
その後すぐに体調を崩して入院。“桜の花が咲く頃までには退院”と言いながら、
2か月余りの闘病生活の後、桜を見ることなく逝ってしまいました。

いまでも信じられないような気持ちです。残していった日記帳に目を通しますと、
家族に対する愛情、季節の自然の変化、世の中に対して感じたことなどが、
毎日欠かすことなく淡々と綴られていました。
何も親孝行らしきことが出来なかったことが心残りですが、
今年1年がんばれたのは、父親が陰で支えていてくれたおかげだと思っています。

仕事面では、今年も多くのブランディングの立ち上げやリニューアルのお手伝いをさせていただきました。
専門店のショップブランディング以外にも、商品ブランディングも取り組むせていただきました。
また、サービス業や飲食業のブランドコンサルティングも行いました。
様々なご縁から、地域ブランドにも関わりが出来ました。

各々のプロジェクトに共通していることは、売上や利益の追求よりも、
“ブランド力をどう上げるか”と言う視点でした。
プロジェクトは、その店ならではの、その商品ならではの、その企業ならではの、“価値探し”です。
いつも語っていることですが、“価値”がないのではなく、それに気が付いていないのです。
眠ったままになっているのです。

お客様や社会の期待と店や企業の取り組みのギャップの多くは、
この当たり前、日々のマンネリの中にあります。眠っている“独自の価値”に光を当て、
“誰の、どんなことのために役立たせるのか”が問われています。

ブランディングの“肝”はここにあると言っても過言ではありません。
弊社ではそれを“顧客価値の創造”と言っています。

メーカーや小売りの経営者と話していると、
いいものを作れば、いい品揃えをすれば必ず売れるはずだという考えが根強く残っているのを感じます。
日本のモノ作りは成熟しきっており、どこでも同じようなモノを作ることが出来るのです。
また、資金と条件さえあれば、同じような商品を品揃えすることが可能なのです。

微差、僅差にこだわっても、すぐに競争力を失ってしまうのが成熟社会です。
いいものであることは当たり前なのです。
いま問われているのは、それが“私の人生にどんなことをもたらせしてくれるのか”と言う消費者の声です。

いままで以上に、もう一歩踏み込んだ“顧客価値の創造”が求められているのを今年は強く感じました。

来る年が皆様にとって素晴らしい1年でありますことを心より願っております。
ありがとうございました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

クエストリーのメンバーのブログです

left  right

left  right

left  right

トラックバック一覧

コメント


お世話になりました!

社長!1年間お疲れさまでした!そして今年もクエストリーさんの愉快な仲間たちとお仕事させてもらい大変お世話になりありがとうございました。アタシ達おちゃらけ兄弟の母親も今年逝きました。(その節はありがとうございました。)大抵、親が先に逝くことはわかっていてもやはり心にポッカリと穴が空く感じですね。
さあ!もうすぐ2011年の始まりです!ピンチが大好きなマゾ会社のヒラタですから来年も益々元気に行きますよ~。(笑)来年も何卒宜しくお願い致します。

Posted by HIRATAの店チョー at 2010/12/30 16:52:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...