大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


韓国の「パリパリ経営」

投稿日時:2010/10/18(月) 19:08rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

手をつなぐ
これはタクシーの中から撮影した公共施設の工事現場の外観

手をつなぐ2
よく見るとたくさんの人が手をつないでいるパネルでした。アイディアですね。

韓国語に「パリパリ」という言葉があります。直訳しますと“早く、早く”。
日本人もせわしないと思うけど、韓国の街なかでは、みんなが急いでいるような印象があります。
明洞の化粧品・コスメ店の前では、スタイルのいい若い女性が早口の日本語で呼び込みをしていました。
タクシーもびっくりするほどのスピードで街を走り抜けていきます。

どうやら、「パリパリ」は韓国人の気性のひとつのようです。
そもそも自分も含めて経営者の多くはせっかちです。しかし、韓国企業は経営者のみならず、
経営スタイルそのものが“パリパリ……早く、早く”だそうです。

せっかちというと、どうも日本ではマイナスの印象がありますが、
韓国の「パリパリ経営」は“まずやってみる、やりながら考える”というスピード経営のことを指しています。
この「パリパリ経営」が急速に変化する時代に適応しているのを感じます。

最近ではそうでもなくなりましたが、日本では韓国の家電製品のブランド力は決して高くはありません。
しかし、世界では薄型TV、携帯電話等はトップクラスのシェアを確保しています。
その他の白物家電でも、LGやサムソンは世界ブランド、「韓国製=品質が悪い安物」は時代錯誤です。

サムスンの2009年12月期の売上高は10兆9000億円、営業利益は8736億円。
一方、ソニー、パナソニック、日立製作所、東芝、シャープなど、日本の大手9社の
営業利益の合計は、6400億円。日本の大手メーカー9社の利益を全部足しても、
韓国のサムスン電子1社の利益に遠く及ばないのが現実です。

それを象徴するような記事をインターネットで見つけました。
今年5月下旬に経済同友会の韓国視察団としてサムスン電子や政府系研究所の施設などを訪ねた
帝人会長の長島徹氏は、意見交換をした韓国の企業関係者から
「もう日本から学ぶことは何もない」と言われたと言います。

さらに、別の経済人はこう語ったそうです。「日本はもっと先端技術を開発してください。
その部品を韓国が買い、組み立て、かっこよくデザインし世界に売ります。」、
日本と韓国の企業の違いはスピード感と同時に、
いまの消費者の感性をつかみ取るマーケティング力の差かもしれません。

まあ、こういう韓国事情も数日ですが社員旅行で韓国に行ったからこそ、敏感になり、感じることです。
先日、ノーベル化学賞が決まった根岸栄一氏が記者会見で内向き志向の強い日本人の研究者に対して、
「ある一定期間、海外に出ることで日本を外から見ることが重要」と述べ、奮起を促していました。
さらに皮肉っぽい言葉で語っていた「日本はカンファタブル(居心地良い)」という言葉が印象的でした。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

クエストリーのメンバーのブログです

left  right

left  right

left  right

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...