大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


イタリアからのメール

投稿日時:2010/02/13(土) 15:56rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

弊社がイタリアのカメオ作家のアニエッロ・ペルニーチェさんの
日本におけるマーケティングとプロモーションのサポートをしていることは、以前もブログに書きました。

シェルカメオ作家、アニエッロ・ペルニーチェさん来日
http://questory.keikai.topblog.jp/blog/100/10018625.html

本当に景気のせいだけだろうか?
http://questory.keikai.topblog.jp/blog/106/10013041.html

手仕事の文化
http://questory.keikai.topblog.jp/blog/10014415.html

ペルニーチェさんはイタリアのシェルカメオ界を代表する作家ですが、
次男のアントニオ・ペルニーチェ君も将来を期待されるカメオ作家です。

アントニオ3
 この写真は昨年1月にお越しいただいた時に撮影したものです。

お父さんとはまた違った作風で、繊細な彼の個性がよく出た作品を彫ります。
すでにペルニーチェさんの作品展に作品をいっしょに出展しており、弊社も応援をしています。

先月下旬に開催された国際宝飾展にアントニオ君も来日し、いっしょに食事をしました。

そのアントニオ君から昨日メールが届きました。内容は次の通りです。

2月1日にイタリアに帰国し、すぐに新企画に着手しました。
櫻田さんのおもてなしに感謝いたします。またなるべく早く日本に帰れればいいなと思っています。
櫻田さんのブログ用に私の新しいアイディアのデザイン画を送ります。
私の新しい企画として、自分独自のスタイルのものが制作できればと思っています。
現在このデザインで製作中です。来週には仕上がった作品の写真を送れると思います。
皆さんによろしく。お仕事頑張ってください。


送られてきたデザイン画は次の2点です。
来週どんな作品の画像が送られてくるのか楽しみです。

アントニオ1

アントニオ2


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

クエストリーのメンバーのブログです

left  right

left  right

left  right

トラックバック一覧

コメント


イタリアの職人気質

はじめましてかも知れません。
経営者会報ブログの同志でございます。

私もイタリアの友人が何人かいますが
他は、別として職人気質は、ものづくり立国である
我々でも脱帽するところが本当になります。

かれらのこだわりは、その心髄までそこに注がれている
感が伝わってきますよね。

その昔、亡くなった母にローマで買ったカメオを思い出しました。
とても喜ばれその後妻に引き継がれています。

手にしたものにも心が注がれる
そんなものづくりを私も目指したいです。

今後とも宜しくお願い致します。

Posted by 下町の莫大将 at 2010/02/14 07:11:00 PASS:

イタリア大好きです。

櫻田社長、横山です。外国ではイタリアがなんといっても大好きです。>またなるべく早く日本に帰れるといいな・・・外国人はこういう表現をしますね。とても感心します。若い作家が自分の行く道になんの不安も疑問も抱いていないところが素晴らしいし、日本の若い人がなんで大企業ばかり目指すのかいつも疑問に思っているのです。

Posted by 横山工藝 横山国男 at 2010/02/15 10:28:00 PASS:

コメントありがとうございます

小高さん、横山さん、コメントありがとうございます。

日本人の感覚ではいい加減に思えるところも多々ありますが、やっぱりイタリアはいいですね。

ずいぶん前に、お取引先とイタリアのジュエリー工房との間で、エナメルの商品についてトラブルが起きたことがあります。

エナメルの色がオーダーしたものと仕上がってきたものが違うというトラブルでした。

「オーダーサンプルよりも今回の納品したものの方がはるかにいい出来だからとこれでいいではないか」というのが工房の意見でした。

大まじめにいっているので、怒りというよりも、ちょっと笑ってしまった経験があります。

まあ、最近はこういうことはないと思いますが、イタリア人にはこういうメンタリティが根強く残っているような気がします。

念のために、この工房はアニエッロ・ペルニーチェさんのところではありませんよ。

昨年はイタリアへ行く機会がありませんでしたが、今年はまた行きたいですねえ。

Posted by 櫻田弘文 at 2010/02/15 20:22:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...