大きくする 標準 小さくする

次の記事へ»


画家アンドリュー・ワイエス氏が亡くなりました

投稿日時:2009/01/20(火) 22:20rss

20世紀を代表するアメリカの画家、アンドリュー・ワイエス氏が
1月16日にペンシルベニア州フィラデルフィア郊外の自宅で亡くなりました。
91歳でした。静寂感が色濃く漂うこの画家の描く絵が僕はたまらなく好きです。
観ていると作品の向こう側にあるいろいろな物語を感じます。

ワイエスは、水彩やドライブラッシュやテンペラを使って、
アメリカの原風景ともいわれる故郷のペンシルベニア州やメーン州などを
描いた画家です。
人物画にもすばらしい作品を発表しており、
別荘近くに住むオルソン家のシリーズや
長年にわたって1人の女性を描き続けた「ヘルガ」シリーズなどがあります。

僕がワイエスの絵と始めて出会ったのは、高校生頃の時ですから、
いまから35年ほど前のこと。
当時発行されていた月刊「プレイボーイ」(たぶんです)に、
「クリスティーナの世界」という有名な作品が掲載されていたのです。
 
草原に横たわる遠くを見つめるクリスティーナという女性を描いた
この作品に僕は強く惹かれました。
その後、ずっとワイエスは気になる作家であり、
日本で展覧会があると、足を運びました。

30代の半ばにはアメリカのニューヨーク近代美術館(MoMA)で
「クリスティーナの世界」と出会うことが出来ました。
30分ほど作品の前から離れることが出来なかったことを覚えています。
メトロポリタン美術館の近くの画廊では、新作の作品展を偶然行っており、
観ることが出来ました。

1990年には池袋西武にあったセゾン美術館で
「アンドリュー ワイエス展」が開かれました。
ワイエスが近くの農場で働いているヘルガという女性を
モデルに描いたシリーズの作品展でした。

240点ほどにも及ぶこのヘルガのシリーズは、
誰にも見せることなく、長い間ワイエスのアトリエに保管されていました。
20年近く前にヘルガシリーズを見た時の衝撃は忘れられません。

ちょうどいま水彩や素描を中心とした
「アンドリュー・ワイエス-創造への道程(みち)」展が
愛知県美術館で開催されます。
昨年の11月には東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで
開催されていましたので観に行きました。
会場ではワイエスの近況を伝える映像も流されており、
作品への情熱をいきいきと語っていました。
インタヴューで最近ハーレーダビットソンを描いたといっていたので、
まだまだ元気だなあと思っていたのに………。

いつかワイエスの作品がたくさん所蔵されている
ペンシルバニア州南西部ブランデイワイン河沿いにあるという
ブランディワインリバー博物館(Brandywine River Museum)に行ってみたい
日曜日にヘルガシリーズの画集や展覧会の目録を久しぶりに開いて、
そう思いました。

ヘルガシリーズ
ヘルガシリーズの画集より

トラックバック一覧

コメント


ようこそいらっしゃいました!

このたびは、当会にご執筆いただき、ありがとうございます!

当会はオンライン・オフライン両面にわたって、会員のみなさまの事業の
ブランディングや情報発信の場を提供し、サポートさせていただいております。

既に、これまで300社以上の小売店のブランディングを直接サポートしてこられた
櫻田様の足元にはまだまだ及びませんが、今後ともご指導・ご鞭撻を
いただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします!

Posted by 事務局 大久保 at 2009/01/21 09:31:00 PASS:

ピックアップさせていただきました!

櫻田様


ようこそ、経営者会報ブログへいらっしゃいました。
経営者会報本誌編集長の酒井と申します。
経営者会報ブログ事務局も兼ねています。

これから、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご投稿いただいたブログを
ピックアップさせていただきました。
ご覧いただけましたら幸いです。

Posted by 酒井俊宏 at 2009/01/21 17:54:00 PASS:

ブログ楽しみにしております。

桜田様、ワイエスの絵とともにブログ楽しく読ませていただきました。ワイエスは亡くなったそうですが、新生アメリカをめざすオバマ新大統領のスタートと同時にブログをスタートさせられるのはきっと記憶に残られるでしょう。ご健筆お祈りします。PS-「お試しブログ」などのバナーをクリックしますが、つながりません。当方のPCに問題があるのでしょうか。

Posted by 横山国男 at 2009/01/22 05:22:00 PASS:

コメント、ありがとうございます

事務局 大久保 様
事務局 酒井俊宏 様
横山国男 様

ブログをお読みいただきまして、
ありがとうございます。
ピックアップもみました。
うれしいですね。

まだ駆け出しですが、これからもがんばって
更新をしますので、よろしくお願いいたします。

ホームページの件ですが、
横山さんのPCの問題ではありません。

すみません、現在リニューアル中なのです。
もう少しで出来上がりますので
ブログ同様よかったら
またご覧になってください。

横山さんの会社は福井なんですね。
実は僕は福井とは結構ご縁があります。

弊社のお取引き先が福井県大野市になり、
4ヶ月に一度は福井を訪れています。
また、弊社がホームページのシステム関係で
お世話になっている会社も福井市です。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

Posted by 櫻田弘文 at 2009/01/22 19:16:00 PASS:

ヘルガ

はじめまして。
実はセゾンでのヘルガ展、私も当時会場に足を運んだ一人です。素晴らしい企画展でしたよね。
本当に忘れられません。
作品の持つ、あの静寂な世界。
いろいろなことを考えさせれくれました。
ヘルガシリーズの習作の一枚の水彩画の片隅に、本物の落葉がついていたことなど思い出します。
あれから20年近くも経ったんですね。
ワイエスの逝去の報も、最近知ったばかりです。
私もいつかペンシルバニア、訪れねば。
それではまた。ありがとうございました。

Posted by yoshiko at 2009/06/07 23:15:00 PASS:

yoshikoさん、ありがとうございます

櫻田です。コメント、ありがとうございます。
ヘルガピクチャー、本当にいいですね。

ワイエスではこんな思い出があります。いまから15年ほど前のこと、東京御徒町にありますNYのダイヤモンドブランドを輸入している会社の会議室に打ち合わせで入りました。

そこに飾ってあった絵が、ワイエスらしいのです。近くに寄ってよく観ると、サインもあります。お聞きすると、NYの取引先からいただいたとのこと。

思わず、くださいといったのですが、笑いでその場は終わりました。その後、その会社は別の新しい会社になり、場所も移転しました。

あの絵はどうなったんだろう………。いまではお付き合いがないので確認することが出来ません。でも、間違いなくワイエスの枝と思うんだけれどもなあ。

Posted by 櫻田弘文 at 2009/06/08 10:19:00 PASS:

こちらこそ

櫻田様
再びお邪魔致します。
作品のその後の行方。確かに気になりますよね。
案外、ひょんなところで「再会」したりするのかもしれません。近いうちにきっとどこかで。
(占いのようなものは余り信じませんが、篤い想いがあれば、引き合わせてくれる不思議な巡り合わせのようなもの、あるような気もします。いかがでしょうか。)
ところでいつだったか、テレビの年末年始のバラエティ番組で、「日本の大金持ちのお宅拝見」的な番組で、ものすごい悪趣味な部屋に、なぜかワイエスの風景画が飾られていたのを思い出しました。
多分、持ち主は投機目的の類で購入したのかもしれませんが、あれには本当にショックを受けました。やはりワイエスの作品には、それにふさわしい持ち主と環境を与えてあげたい。そう思わずにはいられなかったです。長々と失礼致しました。
それでは。

Posted by yoshiko at 2009/06/10 20:36:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...