大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


“モウカル”、“タスカル”………ふたつのアイディアの視点

投稿日時:2012/08/10(金) 20:04rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。

新しいメンバーを採用する必要があり、このところ応募書類に目を通したり面接を行っています。
正直いって30分程度の面接ではわかりません。
採用の判断はいろいろとあると思います。

能力の高さや人間性の素晴らしさはもちろんことですが、
「何かもうひとつ大事なものがあるような」と感じていた時に思い出したが、
コピーライターの「眞木準」さんです。













眞木さんは残念ながら、2009年6月22日に60歳の若さで亡くなられたました。
お会いしたことはありませでしたが、そのコピーは覚えています。
 
全日空「でっかいどお。北海道」、サントリー「あんたも発展途上人」、TDKテープ「イマ人を刺激する」、
伊勢丹「恋を何年、休んでますか。」など、時代の雰囲気を表した洒脱なコピーを書かれた方です。
僕も影響を受けた一人です。
 
「カンビールの空カンと破れた恋は、お近くの屑かごへ」も眞木さんでした。
そういえば週刊誌の「AERA」や商業施設の「PARCO」も眞木さんのネーミングです。

その眞木さんの著書に「ひとつ上のアイディア。」(インプレス)という本があります。
 
クリエーター20人のアイディアづくりの技術、ノウハウ、経験、哲学を取材して編集した本です。
本のイントロダクションに、アイディアに対する眞木さんの思いが書かれています。

眞木さんは、アイディアは日常の中にたくさんあり、
アイディアにかかわらない人はまずいないといい、続けてこんな一文を寄せています。
 

「ビジネスでもてはやされているアイディア、
つまり高い対価を支払ってでも求められるアイディアとなれば、若干の条件がつく。
それは“モウカル”ことだ。
いまビジネスシーンで注目されているアイディアといえば(中略)、すべて“モウカル”、
あるいは“モウカル”可能性が感じられるものばかりだ。」
 
「“モウカル”アイディアを持っている人が本を出せばベストセラーとなり、
セミナーには参加者が長蛇の列をなす。
だが、私は“モウカル”のは結果だと思っている。
アイディアの純粋な目的は、あくまでも“タスカル”ことにあるのではないだろうか。」
 
「例えば、夜にロウソクやランプの光の下で本を開いて読むのは、
光量も十分ではなく、ときには炎の揺らめきも起きるだろうから、あまり適当な環境とはいえない。
この状況を改善したのは電球というアイディアだが、これは“モウカル”ために考え出されたものではない。
やはり“タスカル”ために考案されたアイディアだ。」
 
「アイディアはこの“タスカル”を実現するために考え出される。
そして“タスカル”ものは、広く求められるところとなり、結果として“モウカル”のである」



もちろん“モウカル”ことは大事なことです。
しかし、“モウカル”を実現するには、“タスカル”視点が不可欠なのです。

眞木さんが書かれているように、“タスカル”ものは、広く求められるところとなり、
結果として“モウカル”のです。

僕たちがいっしょに働きたいのは「タスカル」という発想ができ、
結果として「モウカル」ことを実現できる人です。


クエストリーでいっしょに働きたい若い方、いませんか?
 
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...