大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「レイモンド・チャンドラー」の創り上げた世界観

投稿日時:2012/07/15(日) 18:03rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。
 


昨日、有楽町の三省堂書店で並んでいる本を見ていて感じたことですが、
「推移小説」はたくさん出版されているけど、
「探偵小説」というジャンルはどうもぱっとしなくなってきていますね。
その代わり警察小説が増えたかな。
 
「探偵小説」の作家といえば、その代表格は1930年代に
探偵「フィリップ・マーロウ」を生み出した「レイモンド・チャンドラー」です。

日曜日の午後、急に読みたくなって、
自宅の本棚の奥から「さらば愛しき人よ」を取り出してみました。
 
ページをめくると、あらすじはあまり覚えていないけど、
「マーロウ」を初めとした登場人物の性格や考え方がかなり詳しく書かれていることに気が付きます。

「推移小説」は謎解きがおもしろさですが、「探偵小説」では謎解きは付け足し程度のようにも感じます。
 
ワクワクするような派手なストーリーで一気に引っ張られるではなく、
犯罪現場の家具や調度品、街の風景やその雰囲気、登場人物の着ている服や言動などが
一つひとつ積み上がってその世界に惹きこまれて行くのが「チャンドラー」の魅力です。
 
「タフでなくては生きていけない。優しくなくては生きる資格はない」
この有名な言葉も「マーロウ」の生きるスタイルを表現するために創作されたもの。

「長いお別れ」の原稿が長すぎるという編集者に向かって「チャンドラー」がおもしろいことをいっています。
 
「作品の長さを三分の一に縮めるなんて、そんな馬鹿なことはできません。とんでもない。
そんなことをすれば、その小説は、アンチョビー、パルメザンチーズ、ガーリック・クルトンの入っていない
シーザーサラダと同じになってしまいますよ。
それともニューヨークには、シーザーサラダってのはないのですか?」
 
登場人物の、大事にしている、譲れないこと、守り続けること・・・・
これらを積み上げて、ひとつの世界観を創り上げていった「チャンドラー」。

もちろん、小説と現実は違うけど、
これって店や企業のスタイルづくりと共通しているように感じますね。



 
これは映画の「さらば愛しき人よ」・・・よかったなあ。
「ロバート・ミッチャム」と「シャーロット・ランプリング」が
小説の雰囲気をうまく出しています。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...