大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


画家「クラーナハ」の企業家としての顔                   

投稿日時:2016/11/12(土) 23:21rss

7月に世界遺産に登録された東京・上野の「国立西洋美術館」。
その見学会がお手伝いをしているNPOの主催で開かれました。

西洋美術館のこともおもしろかったので、近々まとめてみたいと思いますが、
今回は同館で開催されていた「クラーナハ展」のことです。


 
特別に西洋美術館の説明を受けた後、
「クラーナハ展」を観たのですが、実はほとんど知識なしで会場に入りました。
  

ルカス・クラーナハ(1472~1553年)は、
16世紀にドイツのザクセン公国の都ヴィッテンベルクで宮廷画家として活躍した人です。
没後は同名の息子がその技を継ぎました。
 
王侯貴族のオーダーに基づき、肖像画やキリスト教のテーマに基づいた寓意画などを描き、
その名をとどろかせたクラーナハですが、実はもう一つの顔がありました。

それは大きな工房を持ち、絵画の大量生産を行っていたことです。
 いうなれば、クラーナハは画家であると同時に企業家でもあったのです。

制作した作品は息子や弟子たちまで含めると数千点にも及び、
宮廷などの特権階級だけではなく、裕福な市民にも行き渡っていたといわれています。
 

会場でも感じたことですが、クラーナハ工房の作品の特徴は体型やポーズがどれもよく似ています。
一種のテンプレートのようなものがあり、顔の表情や体型やポーズはパターン化され、
各パーツごとにその分野に得意な専門家が描いていたようです。
 

もう一つ、クラーナハが同時代の画家と比較して優れていたのは、
特定分野にこだわらず、斬新な絵画テーマを採用したことです。

今回の展示会の目玉でもあったのですが、クラーナハは宗教画の中から、
女性の裸体だけを抜き出して数多く描いています

まあ、いまも当時も裸体を喜ぶ人がたくさんいたのだと思います。

 
さらにクラーナハは、ザクセン選帝侯から授けられたサインを、ほぼ全作品に刻印しています。

いうなれば、このサインは工房の生産物を他と見分け、
その価値を高めるための商標としての役割を果たしていたのです。

これってまさにブランディングですね。
 

90点以上が集まった今回の回顧展ですが、一番惹きつけられたのは、
はじめて公開された「ホロフェルネスの首を持つユディト」でした。



美しい未亡人のユディトは、切断した敵将ホロフェルネスの生々しい頭を持ち、
おだやかで何ごともなかったように涼しい顔をしています。

怖い作品ですねえ。首の断面もすごい。

妖しい美しさを持った作品ですが、一面どこかコミックや劇画のようにも感じられます。
 

いずれにしろ、個人的にはそれほど好きにはなれない画家ですが、
独特の個性とそれを最大限に生かした企業家精神を持っていたことには興味を惹かれました。

画家としてのセンスにビジネスとブランディングのセンスも兼ね備えていたのがクラーナハです。 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...