大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ワイナリー「Cave d' Occi:カーブドッチ」で感じたこと

投稿日時:2016/04/12(火) 07:00rss

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

 
先週の金曜日に長岡を訪問したので、
新潟で一泊して、以前から行ってみたかったワイナリー「カーブドッチ」を訪問しました。
 
新潟から越後線に乗り、内野駅で下車、シーサイドシャトルという民営のバスに乗り、
カーブドッチ前で下車、新潟駅からおよそ1時間の移動でした。
 

カーブドッチは、醸造家の奥希一郎さんが、1993年に水はけが良い新潟(旧巻町)の地を選び、
1本のワイン用のブドウの苗木を植えるところから始めたワイナリーです。
 
その存在を知ったのは「僕がワイナリーを作った理由」(ダイヤモンド社)という書籍からでした。

 

ドイツでワインづくりを学んだ落さんは、
帰国後、日本のワインづくりの現状を憂慮し、
「日本で育てたブドウで、本物の日本国産ワインをつくろう!」と決意したのです。
 
北海道や長野を渡り歩き、それまで「日本では難しい!」とされていた
欧州のワイン専用のブドウの栽培に取り組み始めました。

 
そしてついに新潟にワイン作りの理想郷を見つけたのです。
それが現在の「カーブドッチ」です。


 
現在、落さんは、カーブドッチの事業がひとつの区切りを迎えたことで、
拠点を北海道の余市に移し、「OcciGabi:オチガビ」というワイナリーを始めています。
 
落さんはいなくなりましたが、その遺伝子はカーブドッチで学んだお弟子たちに引き継がれていました。
 

「カーブドッチ」の周辺にお弟子たちによる3カ所のワイナリーが開業しているのです。

当日は、「Fermier:フェルミエ」「Domaine Chaud:ドメーヌ・ショオ」
「Cantina Zio Setto:カンティーナ・ジーオセット」という3つのワイナリーを巡ってみました。


 
一人の醸造家はこう語っていました。
「ワインづくりって結構、孤独なんですよ。でも、近くに仲間がいることがうれしい」
「何か困りごとがあれば、相談できるし、機械が故障しても借りることができます」
 

別な醸造家は、「ワインには作り手の人格が出ます。同じ土地で作っても全く違ってきます」
「お互いの方法を公開にすることで、自分の立ち位置がわかります」
 

聞いていて、ちょっと羨ましくなるような関係です。

いまではこれらのワイナリーが点在するこのエリアは、
「Niigata Wine Coast」と呼ばれはじめているようです。

 
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「5月度ブランディングセッション」を開催いたします。

わかるようで、いまひとつピンとこない「ライフスタイル」について、
大いにディスカッションしましょう。ぜひ、ご参加ください。


 
◆テーマ
 編集消費の時代は「ライフスタイル」を売る!
     
●日 時:2016年5月18日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:城丸正 様 株式会社ツールボックス 代表取締役
 
S.H.S(スイートホームストア)はなぜ
ライフスタイルを売ることを目指したのか?

第1部のクロストークには、新潟県新潟市と長岡市でライフスタイル提案を軸として、
家具、インテリア、雑貨の「S.H.S:スイートホームストア」を経営されている
株式会社ツールボックスの城丸正社長をお招きし、
「ライフスタイルを売る」ことの意味とその具体策をお話しいただきます。
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...