大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


再読、ヘミングウエイの「老人と海」

投稿日時:2015/12/07(月) 20:04rss

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 
日曜日に思い立って本棚の奥にあった
アメリカの作家、アーンスト・ヘミングウェイの「老人と海」を取り出して読みました。

本がたまるたびに処分してきたけれども、これは処分せずに手元に残しておいた一冊です。
 
新潮文庫の奥付けを見ると、昭和46年の16刷、こちらは高校生ということになります。

訳者が大正生まれの名翻訳家、福田恆存(つねあり)というのにも驚きました。
もうひとつ驚きは、この本の値段が100円ということ。文庫本って手頃だったんだなあ。


 
ヘミングウェイは「陽はまた昇る」「武器よさらば」など、
高校生のころに取り憑かれたように読んだ作家の一人です。

この小説もずいぶん前に読んだはずなのですが、ぼんやりとしか覚えていませんでした。

 でもページをめくるうちに、少しずつ「ああ、こういう物語だったんだ」とよみがえってきました。
高校生の頃はさほどおもしろく感じなかったように思います。

今回読み終えると、切なくほろ苦い物語なんだと感じました。
それだけ、歳を取ったということかな。
 

この小説は、サンチャゴという老漁師と巨大なカジキの3日間に渡る死闘を描いています。
といっても、ドラマチックなストーリーではなく、むしろ淡々としています。

後半の釣り上げた後のアオザメとの戦いの方がリアリティを感じますね。
 

物語に奥深さを漂わせているのは老人を慕う少年とのやりとりです。

誰も助けに来てくれる望みがない場面で、困難に直面した時に人はどうするのか?
実際に手助けしてくれなくても、少年がいることがサンチャゴの救いになったのです。

 
仕留めた巨大なカジキはアオザメに食べられ、港にたどり着いた時には骨だけになっていました。

もちろん、お金にもならず、誰にも評価されないのですが、
老人と少年には共通するも思いがありました。
 
少年はいま乗っている船を降りて、老人といっしょに働きたいと伝えます。
実際にそうなるかはわからないのですが、老人にとってうれしい一言です。

しかし、物語はその感情を抑えて、淡々と締めくくられます。
 


諦めというと、どこか投げてしまった感がありますが、
そうではなく、それはそれで自然なことだと冷静に受け止める感覚です。

こちらも60歳を過ぎて、この諦めという感覚が少しだけわかるような気がします。
 
ヘミングウェイは後年の飛行機事故の影響で、
自分の身体が不自由になったことから鬱病となり、最後は猟銃で自分の命を絶ってしまいます。
 

ヘミングウェイの文体はハードボイルドといわれますが、
その奥には少年のようなナイーブな感情が潜んでいるように感じます。

だからこそ、ハードボイルドなのかもしれませんが………。
 


クエストリー:http://www.questory.co.jp
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...