大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


橋本佐内が15歳の元服の時に綴った「啓発録」

投稿日時:2012/01/10(火) 10:13rss

昨日は成人の日、各地で成人式が開かれました。
今年成人になった若者は、1991年生まれ。

この年の1月に湾岸戦争が勃発しました。米軍の空爆をテレビを見たのを覚えています。
6月には長崎県の雲仙普賢岳で大火砕流が発生し、多くの方が亡くなりました。

「宮沢りえ」のヘアヌード写真集「Santa Fe」が発売されたのもこの年でした。
ロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーはエイズのため11月に死去。
そして12月にはソビエト連邦が消滅し、11の共和国から成る独立国家共同体が設立されました。

ところで、成人と言うと幕末期の越前国福井藩士の「橋本佐内」を思い出します。

西郷隆盛をして尊敬すると言わしめた橋本佐内は、
安政の大獄で吉田松陰らとともに、26歳の短い生涯を終えます。

その橋本佐内が昔の成人式に当たる元服の15歳の折に綴った「啓発録」と言う書物があります。

この「啓発録」に書かれているは、橋本佐内が自己の行動規範を五項目に渡って記したもの。
橋本佐内の思想や行動の根幹を成す書物と言われています。

15歳と言えばいまの中学生ですよ。
自分が何をしていたかはよく覚えていませんが、遊びまわっていたことは確かです。
幕末の志士たちは本当にすごいですね。

橋本佐内が「啓発録」に綴った五項目とは次の通りです。

「稚心を去る」(子どもじみた甘えを脱却せよ)、
「気を振う」(悔しさをを知って、人に負けまいと強く決意せよ)、
「志を立つ」(自分の目標を揺ぎなく定め、ひたすら精進せよ)、
「学に勉む」(優れた人物の立派な行いを見習い、実行せよ)、
「交友を択ぶ」(自分の向上につながる友を択(えら)べ)
※松下政経塾HP参照

3.11の東日本大震災以降、とくに日本のあるべき姿が問われていますが、
橋本佐内の「啓発録」に書かれていることは、
現代の日本人が失いかけ、忘れかけていることのように思います。

原本は漢詩ですが、講談社学術文庫からわかりやすい現代語訳が出ていますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E5%95%93%E7%99%BA%E9%8C%B2-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-568-%E6%A9%8B%E6%9C%AC-%E5%B7%A6%E5%86%85/dp/4061585681

トラックバック一覧

コメント


いつも櫻田さんのブログもFacebookも楽しく拝見させて頂いてます。
橋本左内(多分こちらの字です)の生家は弊社の近所(左内町という名がついています)で、私もここが地元なので小学校の校歌に左内が歌われていたり、中学校の立志式(元服のかわりですね)ではまさにこの「啓発録」をみなで読み上げました。意味も教わりましたが、当時は全然ぴんときませんでした。本当に同い年でこれを書いたのかと思ったのを覚えています。
今みるととても明確でわかりやすいですね。私も今自分にとても必要なことを言われているようで、思い出すよい機会になりました。ありがとうございました^^。

Posted by 横山奈保子 at 2012/01/12 09:44:53 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...