大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


父のこと・・・・職人、読書、日記

投稿日時:2014/07/12(土) 15:01rss

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている】クエストリーの櫻田です。


8月のお盆の時に、父の墓参りに実家に行くつもりですが、
いつ行こうかと、スケジュールを調整しているときに思い出したことがありました。

それは読書についてのことです。
4年前に亡くなった父は本が好きな人でした。

 
父の仕事は襖、欄間、障子などを作る建具の職人でした。

そんな父が、いまの僕と同じ頃の、50歳の後半に、
職人の仕事を辞め、地元の工場に勤め始めました。

当時は別段何も感じませんでしたが、
いま思うと職人としてでは、生計が難しくなったからだと思います。
 
その仕事も5年ほど続けて辞めて、60代の半ばからは、畑仕事と読書の毎日でした。


亡くなった後に、父が60代の後半から書き続けていた日記を読みましたが、
日々の移ろいが毎日数行だけ書き留められたシンプルなものでした。
 
時には、政治に対する不満を短く、しかし厳しく書いていました。
僕が実家に帰省した日にちを追ってみると、「弘文帰省」としか書いてありません。

息子としては正直、物足りない感じでした。
 

父が職人を辞めた時に、使っていた道具を欲しいと言ったことがあります。
結果的には、父はほとんどの道具を知り合いの職人に譲り、息子には残しませんでした。

それにたいする不満をいうと、睨むような表情で
「お前が使えるわけがないだろう」という一言。

まあ、その通りといえばそうです。こちらの不満顔に対しては、一切反論の余地もなし、
この話は終わりと涼しい顔で新聞を読んでいました。

「使ってこそ道具」という、父なりの道具に対するこだわりと愛情があったのだと思います。

 
その父が、仕事を完全に辞めた後、はたからみてもおかしいと思うほど本を読み始めました。

本は好きなことは好きでしたが、乱読もはなはだしいほどの乱読。
歴史的な本もあれば、通俗と思われるような小説もありと、何でもこいの状態でした。
 
本にのめり込みすぎだと母が心配して、電話をしてきたくらいです。

母にはそのうち飽きるからと言いましたが、
正直言って本にのめり込む父のことがいいなあと思いました。

恐らく父にすれば、これまで読みたかったけれどもそうではない状況だったのだと思います。


そんな父の影響かどうか、こちらも本が好き。
一種の習慣ですが、寝る前に本を開かないと眠れません。

予定では、8月15日頃に実家に行くつもりです。
そのときに、また父の日記を読んでみようと思います。

父を知る何か新しい発見があるような気がしています。



クエストリー:http://www.questory.co.jp


クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...