大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


原稿を書くことへの恐れ、そして誠実さ

投稿日時:2014/05/28(水) 19:45rss

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


以前はそれほど感じなかったのですが、最近思うのは
原稿を書くということは責任があるということ。

責任は誰のためかと言うと、読者と出版社(あるいは主催者)です。
と言うと、どこか偉そうで上から目線のように感じるかもしれません。

 
個人的に書物で救われた経験が何度もあります。

芳しくなかった出張の帰りに書店で購入した一冊の本、
自分の不甲斐なさに情けなくてページを開いた本、
何気無く買ったのに強い影響を受けた一冊・・・本から学んだことは数え切れません。

 
30代に、お取引先から「コンサルタントは聖職の一つ」とやや批判的に言われたことがあります。
自分のことを指してではなかったのですが、身が引き締まると同時に、
なんとも言い難い戸惑いも感じたのも事実です。
 
聖職とは当惑する言葉ですが、少なくても誠実であろうとは思います。
もちろん、実務の中ではさまざまな予想もしないようなこともあります。
数字成果だけを求められる場面もあります。魔法の杖?のようなことも要求されます。
 

人は思っているほど長い目で物事を見れません。
すぐに答え(言い換えれば売り上げや利益)を求められることもあります。

時には契約とは異なる内容の答えを求められることも少なくありません。
まあ、こういう人に限って答えを真剣に受け止めませんが・・・。
 



少々話が脱線しましたね。原稿を書くことに話を戻します。
 
個人的なブログなどは別として、仕事を通じて原稿を書くことが度々あります。
しかも、直接、間接は別として原稿を書くことによってお金をいただいています。
 
お金をいただくからではなく、
自分自身が本や記事から大きな影響や救いを得た経験があるからこそ、
原稿に対しては、いつも恐れを持ち、内容に誠実であろうと思います。

可能な限り推敲を重ね、その時のベストを尽くそうと決めています。
 
もちろん、読み手が受け止める感覚はさまざまです。
書き手には読み手の参考になるかどうかはわかりません。

でも与えられたテーマについて、少しでも解決や答えになればという思いを、
常に忘れてはならないと肝に命じています。

 
まあ、「へえ、この程度で」と言われたら返す言葉はありませんが・・・。

でも、原稿を書くことについては、これからも常に恐れと誠実さを忘れずにいようと思います。
原稿を書くには、やはりこれが必要です。



6月24日(火)、東京・銀座で
「小さくても光り輝くブランド」セミナーを開催します。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...