大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ものづくりの現場に足を運ぶことの意義

投稿日時:2014/05/14(水) 21:12rss

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


実はジュエリーや宝飾について少々詳しいと自負しています。

なぜならば、大卒で入社した会社で長いこと、
その業界の販売促進の仕事に関わってきたからです。
長く関わっていれば商品知識もいつの間にか身に付きます。
 

クエストリーを設立してからも、数年間はジュエリー業界の仕事が主力でした。
ただし、販売促進ではなく、経営指導に移行しました。
販売促進はある程度商品や業界を知っていれば、後はアイディアの勝負です。
 
しかし、経営指導となるとそうはいきません。
ジュエリーができるまでのプロセスをきちんと知る必要性を感じ、
海外の展示会や工房、各地の産地や集積地を積極的に訪問しました。
一時期は3ヶ月に一度の頻度で海外に出かけていきました。


 
実際に商品を取り扱うのではないので、当初は興味と関心だけからの取材旅行が中心でした。
しかし、そのうちに感じ始めたのは、ものづくりの現場を知ることは、
単に販売や営業のための情報収集を超えたところに意味があるということです。

 
知識が深まるに連れ、ものづくりの現場が抱えている様々な問題を、
現実的な問題として捉えることができます。

その問題に自分も関わっているという当事者意識から、
流通や価格やリスクに対する疑問が生まれてくるのです。

 
例えば、南イタリアで作られているシェルカメオのプロモーションに関わった時のことです。
「シェルカメオは日本ではなぜこんなに価格が高いのか」という疑問がありました。
その理由は流通の流れをていねいに見ていくとすぐにわかりました。


 
カメオ作家が彫った作品を日本の輸入メーカーが仕入れます
(その前にイタリアの会社が買い上げるケースもあります)。

それが一次問屋に下ろされ、さらに2次問屋が間に入り、小売店のイベント催事等に並びます。

 
当然、各々の段階で利益が乗っかります。
各段階の利益幅は委託のリスクやイベントの経費負担など様々に異なりますが、
最終的に作家の出し値が8倍の価格になっていることもありました。
 
問題は8倍の価格が妥当かどうかではなく、
ものづくりの現場に遡って物事を考えることの重要性です。

そこで見えてくることを踏まえてどのようにビジネスを組み立てるかの感覚が重要なのです。

 
そういえば、ドイツのジュエリー作家を訪問した時に、
日本から直接消費者がコンタクトを取り、購入のために来社するという話を聞きました。

いくらで販売するのかという質問に、誰が来ても同じ価格という答えに驚いたのを覚えています。


  
いま考えると、取り立てて特別なことではありません。

インターネットで作り手から手軽に買える時代です。
直接作家と語り合い、工房の雰囲気を楽しみ、
時にはいっしょに食事をする機会もあるとしたら、ジュエリー好きにはたまりません。

 
これも作り手の元に直接行ったからわかることです。
安く仕入れて儲けるためにものづくりのところに足を運ぶのもいいでしょうが、
それだけではなく、世の中はどう変化しているのか、
それに対して何を変革したらいいのか、それを感じ取ることの方がはるかに意義があります。

 
ドイツの作家が言った言葉が忘れられません。
「誰が来ても100は100、それをいくらで売るのかは日本のあなたたち次第です」

言い換えれば、問われているのは自分がいくらの価格を付けても、
お客様から支持されるという価値です。

 
こういう現象を、見方によっては大変な時代と感じるかもしれませんが、
実はこれほどおもしろい時代はありません。

特に中小企業にとっては大きなチャンスです。
ぜひ、ものづくりの源に足を運び、変化の波や兆しを受け止めてください。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...