大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


​浜離宮恩賜庭園はその昔「甲府浜屋敷」だった

投稿日時:2014/04/19(土) 16:43rss

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 

今日はお昼ごはんを兼ねて、会社から歩いて15分
(いや20分くらいかな)ほどのところにある「浜離宮恩賜庭園」に行ってきました。

入ったのは7年ほど前に1度だけ、今回が2度目です。
 
広さは250,215.72平方メートル、坪数に直すと約827,000坪、
ピンときませんよね。東京ドームがおよそ5.3個分入る広さです。

特徴は東京湾や汐留川など水辺に囲まれていること、
園内にも海水を引き入れた潮入の池と二つの鴨場があります。
 
都内の中心部に水と緑の庭園があるのはすごく貴重です。

 

今日はお昼過ぎまではぽかぽかと暖かく、
しかもそれほど混んではいないので、ゆったりと散策することができました。

驚いたのは外国の方が多いこと。
近くの銀座や汐留にホテルも多いし、近くの築地とセットで
ガイドブックに紹介されているのだと思います。

和服姿で結婚式の前撮りをしているのも何組か見かけました。
古い建物も残っていますし、緑豊かな庭園は絵になりますね。
 
ボタン園では数多くのボタンが満開。
ボタンって滅多に見ることがないけれど、たくさんの種類があるんですね。

 

園内には八重桜の本数が多く、いまが満開、見応えがありました。
八重桜の花の向こうに汐留の高層ビルが見えるのもまた一興です。

  

さて、入り口で手に入れた案内パンフを読んでちょっとびっくりしました。

浜離宮恩賜庭園は僕の故郷、山梨と縁が深かったのです。
実は、江戸時代は「甲府浜屋敷」という別邸がある大名庭園だったんです。
 
このあたりは、江戸時代には将軍家の鷹狩場で一面の芦原でした。
鴨場があるのもその名残ですね。
 
ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。

承応3年(1654年)、綱重は将軍から海を埋め立てて
甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得たのです。


 
その後、綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、
この甲府浜屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
 
以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、
十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
 
明治維新ののちは皇室の離宮となり、名称を「浜離宮」と変えたのだそうです。
 

会社から歩いていくとちょうどいい運動になるので、
これからもちょくちょく行こうと思います。

 

クエストリー:http://www.questory.co.jp


クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 
 
 
 
 
 
 
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...