大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


アレルギーは起きて当然!

投稿日時:2013/02/05(火) 09:23rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。


「気温上昇→春の気配→花粉飛散→花粉症→鼻水、目がかゆい→アレルギー」
と言うわけではないのですが、今回のテーマは「アレルギーは起きて当然!」。


ちょうど100年前の1913年のことです。
バレエリュス(ロシアバレエ団)のために一曲のバレエ音楽が作曲されました。

曲のタイトルは「春の祭典」、作曲者はロシア人の「イーゴリ・ストラヴィンスキー」。





「春の祭典」はいまでは20世紀を代表する音楽として知られていますが、
同年5月にパリのシャンゼリゼ劇場で初演された時には大変な騒ぎを巻き起こしました。

複雑なリズムと不協和音に満ちたこの曲は賛否両論を持って迎えれたのです。
(実際に聞いてみますと、個人的には違和感はまったくありませんが・・・)

賛否両論では優しい言い方かもしれません。

当日は曲が始まるとすぐに、嘲笑の声が上がり始めました。

次第に野次がひどくなり、賛成派と反対派がお互いを罵り合い、
しまいには殴り合りあいも始まったのです。

野次や足踏みなどで演奏している音楽はほとんど聞こえなくなり、
ついには振り付けのニジンスキーは舞台袖から拍子を数えて
ダンサーたちに合図しなければならないほどだったのです。

劇場オーナーは観客に対して、
「とにかく最後まで聴いて下さい」と叫んだほどだったと言います。

客席にいた作曲家「サンサーンス」は冒頭を聞いた段階で
「楽器の使い方を知らない者の曲は聞きたくない」といって席を立ったと伝えられます。

この初演の混乱は、大スキャンダルとなり、
当時の新聞には「春の虐殺」という見出しが躍りました。


いつの世もそうですが、既成の概念を打ち破る時には必ずアレルギーが生じます。

既存の利益や立場を守ろうとする反応はあって当然、
人は自分が取り組んだことのないものには必ず懐疑的になります。

同じようなことがブランディングやミッションのプロジェクトでもよく起きます。

じゃあどうするのか?

起きるべきアレルギーを織り込んで、進めていくことがすごく大事だと感じるこの頃です。


ちなみに初演で大きな騒ぎとなった「春の祭典」ですが、
2回目以降は大きな混乱も起きることはなくなりました。

翌1914年のシャンゼリゼ劇場での再演は大好評を博し、
「春の祭典」は楽曲としての評価を確立し、オーケストラのレパートリーとして定着したのです。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...