大きくする 標準 小さくする
  • ブログトップ
  • 「Quest×Story」という理念と安岡正篤氏の「立命の学」

«前の記事へ 次の記事へ»


「Quest×Story」という理念と安岡正篤氏の「立命の学」

投稿日時:2012/11/06(火) 18:22rss

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。
 
今日はクエストリーの理念の話です。(時々書かないと考えないので・・・)

クエストリーの理念は「Quest×Story」です。9年前に会社を説りした時に掲げました。
「クエストリー:QUESTORY」という社名も「Quest」と「Story」を重ねた造語です。
 
「Quest」とは「調査、探索、冒険」、「Story」は「物語、解決策」の意味で、 
クエストリーは、じっくりと対象を「調査、探索」し、
具体的な「解決策」を提示することが仕事という思いから名付けた社名であり、理念です。
 
しかし、当たり前のことですが、仕事においては人が一番重要という思いに強くなりました。
とくにウチの仕事の「ブランディング」は人の主体性なくして実現することは不可能。
 
理念の「Quest×Story」にもその思いを盛り込みたいなあと思い、
うんうん唸りながら考えて、6年ほど前に次の一文を加えました。

私は自らの人生の主人公、
私自身を探索し、私にしか出来ないシナリオを作り、
私ならではのブランドを築き上げる。

 
これはウチの社員だけではなく、お取引先や外部のブレーンも含めて、
ブランディングに関わる人すべてにそうであって欲しいという思いが詰まっています。
 
しかし、実際にどうしたらいいのかというと、一筋縄ではいきません。
わかっているようでいて、一番わからないのが、自分自身です。
 
4年ほど前に、自分を「Quest」とした結果、会社を辞めることにしましたという社員がいました。
正直いってこれには驚きました。

辞めるのはいいのですが、どのように「Quest」した結果、
辞めるという「Story」にたどり着いたのかは残念ながら聞くことはできませんでした。
 
いまでも、徹底的自分自身を「Quest」すれば、
いま何をやるべきかという「Story」は自ずから導き出されるという思いがあります。

しかし、これをうまく伝えることが難しい。
伝えらないものを実践しろという方に無理があるのかと思う時もありますね。
 

ところで、話は変わりますが、僕の机の上には、
いつも「安岡正篤 一日一語」(安岡正泰監修致知出版)という本が置かれています。
気が向くとその日のページをぱらぱらと見ているわけです。


 
安岡正篤氏は、いわずと知れた東洋思想の大家です。
30代の後半から40代にかけて、夢中になって読みました。

わからないことだらけでしたが、
安岡さんを読まねば答えが見い出せないという思いで読みました。

正直いって、相当無理をして読みました。
とりあえず、こういうことが書いてあるということだけを確認した感じです。

「安岡正篤 一日一語」に戻りますが、
たまたま今日11月6日の項には次のようなことが書かれていました。
 
「立命の学」
人と生まれた以上、本当に自分を究尽し、修練すれば、
何十億も人間がおろうが人相は皆違っているように、
他人にはない性質と能力を必ず持っている。
それをうまく開発すれば、誰でもそれを発揮することができる。
これを「運命学」「立命学」という。
今日の言葉でいうならば「人間科学」というものだ。
これが東洋哲学の一番の生粋である。

 

「Quest×Story」で伝えたいのは、まさにこの「立命の学」です。

でもやっぱり安岡正篤さんは若い人には難しく感じる見たい。
 
「いっしょになって、切磋琢磨して、ともに気づいていくこと」だと最近では腹をくくっています。

なんだか今日はまとまらないブログになってしまったなあ。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...