大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


銭湯ランナー

投稿日時:2009/03/03(火) 19:38rss

こんにちは、クエストリーの櫻田です。

前々回、BLUE NOTEのTシャツのことを書きました。
本来の商品の基本価値をひっくり返せば、
新しい価値を創り出すことが出来るということです。
これまでとは違う消費のカテゴリーに移すことにより、新しいニーズが生まれます。

今朝、仕事へ行く準備をしながら、めざましテレビ(フジTV)を見ていましたら、
東京の人気ランニングコースを紹介していました。
一位は一周5キロの皇居だそうです。
そういえば、お世話になっている税理士事務所の先生も走っているらしい。

そんなことを思いながら、ぼんやりとテレビを見ていたら、
番組は「銭湯ランナー」という話題に移りました。
“なに、それ?”……思わず着替えの手を止めてしまいました。
「銭湯ランナー」ってご存知ですか?

最近ランニングやジョギングをする人がとても多い。
東京マラソンとメタボが後押ししているような気がします。
会社の近くでも、お昼休みに走っている人を見かけます。
当社にも毎朝3駅間を歩いている女性メンバーがいます。

昼間だけでなく、仕事が終わってから走る人もかなり多いようです。
問題は着替えの場所と荷物の保管。
公衆トイレで着替えて、コインロッカーに預けることが多かったようですが、
やっぱり不便ですよね。

そこで、仕事帰りランナーが目をつけたのが銭湯。
銭湯で着替えて、荷物を預けて走るのだそうです。
もちろん、走り終わった後は銭湯で汗を流して帰ります。
このランナーのことを「銭湯ランナー」と呼ぶのだそうです。
とくに女性ランナーに好評だとか。

僕の周りには温泉好きが結構多い。
でも銭湯に行っているという話はあまり聞かない。
お風呂に入り、体を洗いきれいにするだけならば自宅で充分だし、
リラックスやストレス解消では温泉やスーパー銭湯にかなわない。
詳しい数字は知らないけれども、町中の銭湯って年々減っていると思う。

でも、仕事帰りのランナーによって、
また銭湯が見直されているというからおもしろい。

「仕事帰りのランニング」というライフスタイルが、
銭湯の新しい価値を創り出しています。
430円の料金は本来の銭湯とは違うカテゴリーの消費です。

そんなに次々と画期的な商品は登場しません。(必要ないのかもしれない…)
でも目の前の見慣れた商品も消費のカテゴリーを変えることによって、
新しいニーズを持った商品に生まれ変わります。
その切り口は、一時的なトレンドではなく、ライフスタイルの変化です。

やっぱりモノの研究だけではなく、それを使う人の研究が大事ですね。
売り手側から見ると、お金をいただくことは、仕事の終了ですが、
お客様側から見ると、お金を払うことは、使うことの始まりです。


-------------------------








ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

トラックバック一覧

コメント


勉強になります

多くの経営者が周りの風景が変わって「立ちすくんでいる」といった状況かもしれません。
「視点を変える」そのためには「立ち位置を変えてみる」ことが大事とおっしゃておられるように理解しました。今思いついたことですが、永く
絵画などに興味をもってきたことなども意外と
役立つかもしれない、と思いました。

Posted by 横山工藝 横山国男 at 2009/03/04 05:04:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...