大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


20年前の「BLUE NOTE」のTシャツ

投稿日時:2009/02/27(金) 19:15rss

ニューヨークのジャズクラブ「BLUE NOTE」のTシャツを1枚持っています。
20年前に手に入れましたが、一度も袖を通したことがありません。

ブルーノートのTシャツ

1989年12月、僕はニューヨークのジャズクラブ「BLUE NOTE」にいました。
NADIというビジュアルマーチャンダイジングショーの視察でしたが、
半分は、ジャズを聴きに行くことが目的の一つでした。

当時、日本はバブルの最盛期でしたが、
アメリカはリセッション(景気後退)に入っていました。
クリスマス商戦不振のニュースがテレビで報道されていたことを覚えています。
ちなみにその時の大統領はブッシュ(父)さんでした。

その夜の「BLUE NOTE」の出演者は
フレディ・ハワードというトランペッターの予定でしたが、急遽変更となり、
ヴィブラフォン奏者のミルト・ジャクソンが出演することになりました。

ミルト・ジャクソンといえば、モダンジャズカルテット(MJQ)のメンバーの一人、
当時の年齢は66歳、MJQはすでに解散していましたが、
まさに伝説のジャズプレイヤーです。

その演奏を目の前で聞けるとは、何という幸運。

その夜、汗が飛んでくるような距離で、ソウルフルな演奏を聴き、
とことん酔いしれたことは言うまでもありません。

ライブが終了しても興奮冷めやらない僕は
「BLUE NOTE」のスタッフに話しかけました。
「ミルト・ジャクソンのサインが欲しい」(もちろん片言の英語で)

すると、スタッフは面倒臭そうに一言……
「勝手に楽屋に行けよ、ただしTシャツを買っていくのを忘れるな」
(たぶんそんな感じの英語でした)

楽屋のドアをノックすると、中からしゃがれた声で返事が……
恐る恐る開けると、ミルト・ジャクソンが汗を拭いているではないですか。

Tシャツを出して、僕はただ一言
「サイン プリーズ フロム ジャパン」

近くにいたスタッフがサインペンをミルト・ジャクソンに渡すと
「フワッチャ ネーム」

おおっ、名前を入れてくれるんだ
「ヒロ、マイ ネームイズ Hiro」
(どういうわけか長いと悪いと思ったので、短くして伝えました)

というわけで、このTシャツにはミルト・ジャクソンのサインが入っているのです。

ミルト・ジャクソン

こうなると、もうこれは単なるTシャツではありません。
僕にとっては、ミルト・ジャクソンとの大事な思い出の品です。

商品のジャンルが完全に変わってしまっているのです。

あなたが扱っている売れ行きの悪い商品をよく見てください。
商品のジャンルを変えることによって(これをローリングと呼んでいます)
ワクワクするような新しい価値を生み出すことが出来るのです。
それが新しい消費を創り出します。

ミルト・ジャクソンのサインの話が長くなりましたが、これが言いたかったのです。

-------------------------








ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...