大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


元旦の新聞広告で思うこと!

投稿日時:2017/01/01(日) 17:34rss

インターネットでさまざまなニュースや情報を簡単に手に入れることができる時代です。
でも、ネットで見つけにくいのが、企業が元旦の新聞に出稿した広告だと思うのです。


かつては、ここに時代の価値観が濃厚に表れていました。
毎年楽しみに、元旦の新聞を開いていた時がありました。

その匂いは、だいぶ薄まったとはいえ、まだまだ捨てたもんじゃあない。
(ちょっと上から目線で、出稿している企業さんからは叱られそうですが・・・)

ということで元旦の日経新聞をていねいに読んでみました。


確かに、ハッとするような広告は少なくなりましたが、
今年目をひいたのは西武さんと・そごうさんのこの広告でした。

​​


女優の樹木希林さんをモデルに使い、
テーマは「年齢を脱ぐ。冒険を着る。

ボディコピーにはこんな風に書かれています。
(コピーライターは誰だろう?)


今年、あなたはひとつ歳を取る。
その度に、年相応にとか、
いい歳をしてとか、つまらない言葉が、
あなたを縛ろうとする。

あなたは、耳を貸す必要なんてない。
世間の見る目なんて、
いつだって後から変わる。
着たことがない服に袖を通して、
見たことのない自分に心踊らせる。
ほかの誰でもない「私」を楽しむ。
そんな2017年が、
あなたには必要なのだから。



ネットで検索してみると、樹木希林さんのスペシャルムービーも見れます。
こちらも併せてご覧いただくといいかもしれません。
http://www.sogo-seibu.jp/watashiwa-watashi/

でも、あえていうと、広告的なアプローチとしては
使い古された手法だと思うし、ビジュアルもオーソドックスです。

それほど斬新さは感じないけれども、すごく大事なことを伝えたいのはわかる。


もう、モノでは人は動かないし、消費は生まれません。
機能やクオリティの一定の高さはもはやスタンダードです。

これがなければスタートラインにもつけません。
マーケティングは、人の感情や気持ち、精神を充足させることを考えざるを得ない時代です。

そういう意味では、多くのマーケッターや広告マンがわかっていると思いますが、
何かもうひとつ足りないと感じてしまいます。

広告会社やデザイン会社の顔が見えてしまい、
西武さんやそごうさんが本気でこのことを
実現しようとしているのかが伝わらないのです。

広告だけではなく、売り場も含めて、関わる人の思いや言葉から
企業の価値が伝わる時代です。

だからこそ、「百貨店頑張れ!」と言いたくなるのは僕だけだろうか。



┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「1月度ブランディングセッション」のご案内
 


◆テーマ
「~書店に学ぶ~リアル店舗だからこそできるあたらいいニーズの作り方」
     
●日 時:2017年1月18日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:広瀬一成 氏 株式会社 アサヒ商会 代表取締役
人生をときめかせる文房具専門店「Hi-NOTE」を作った理由
 
文具の卸業と小売業を行っていた家業のアサヒ商会は、
ネット通販のシェア拡大や大手との競争により、苦戦を強いられ、迷走を続けていました。
社内のモチベーションも著しく低下していたのです。

そのアサヒ商会に2009年6月に入社、同年12月に3代目社長に就任した広瀬社長は、
様々な改革に着手し、2010年には小売店部門を「Hi-NOTE」として全面的なリニューアルを行い、
新しい展開をスタートさせたのです。

リニューアル後の6年間で、売上高は約175%、来店客数は280%の伸びを示しています。
また、2012年には2店舗目の伊勢崎店をオープンさせました。
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
TEL.03-5148-2508  FAX.03-5148-2705

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 全豪オープン 大坂選手優勝。 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...