大きくする 標準 小さくする
次ページ

2017年10月27日(金)更新

ミッションを形骸化させない方策

クエストリーの櫻田です。

「ブランディングで地域と中小企業の未来を輝かせる」ために
今日もあれこれと、悩みながら動いています。

今回のテーマは「ミッションを形骸化させない方策」です。


ミッションは確立するよりも、浸透させることの方がはるかに難しい・・・
実際の仕事を通じて、本当にそう思います。


なぜなんだろう?

その理由の一つに、ミッションを理解しても、
日々の仕事の中で何をすればいいのかが見えてこないということがあります。




ミッションがあってもなくても、仕事の内容は変わらない・・・
こうなると、ミッションは形骸化していきます。


形骸化しないためには、こんな取り組みが必要です。

それはミッションに即した行動や動きを積極的に取り上げて、評価することです。
大きな行動や動きを取り上げようとすると、なかなか判断しにくくなります。

小さなことでいいのです。
大事なのはミッションと仕事の接点を社員が感じてもらうことです。

これを繰り返すことで、ミッションを実現する行動や動きのイメージがはっきりとしてきます。

しばらくすると、社員が自立的に考えた主体的な行動や動きがぽちぽちと芽生えてきます。
腑に落ちたという状態が生まれつつあるといえます。


最後に最も大事なことですが、
何を取り上げるのかという判断が重要であることはいうまでもありません。

上に立つ人が、ミッションへの自問自答を繰り返し、常に感度を高くしていないと、
ミッションに即した行動や動きは発見できませんよ。

今日はここまでです。



┏┓
┗■「11月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508
 

2017年10月25日(水)更新

ストーリーのある施策

クエスロリーの櫻田です。

「ブランディングで地域と中小企業の未来を明るくする」ために、
今日もウンウンと唸っています。

今回のテーマは「ストーリーのある施策」です。


当たり前のことですが、企業はさまざまな施策を展開します。

年度、四半期、月間ごとに状況を判断し、
どうしたらいいのかを具体的な対策として掲げるわけです。

クエストリーの仕事もそれを支援することが多い。


ただし、問題はその施策が何に基づいて組み立てられるのかということです。

多くは売り上げや利益を上げるための施策です。
そうするとどうなるのか?

何がなんでも、どんな手を使ってもということになりがちです。
やればやるほど迷路にはまっていきます。


共通しているのは、他の成功事例を探そうとすることです。

うまくいっている他社の事例を
そのまま使う(つまりパクリ)ということも少なくありません。

これをやればやるほど、経営の軸がぶれていきます。

拡散し、総合化し、全方位の取り組みになると、同質化競争に陥っていきます。
そして、一度ぶれたものはなかなか元に戻すのが難しい。


大事なのは施策がミッションから生み出されたものであることです。
これならば、早々ぶれることはありません。


あたかも施策が一つのストーリーを持っているようにつながっています。

ミッション(=果たすべき役割、選ばれる理由)に基づく
ストーリーのある施策を組み立てましょう!

それでは今日はここまでです。



┏┓
┗■「11月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508

2017年10月23日(月)更新

楽しく狂う!

クエストリーの櫻田です。

「ブランディングで地域と中小企業の未来を輝かせる」ために
台風一過の今日も動きます。


今回のテーマは「楽しく狂う!」です。
狂うという字は「ケモノ」偏に「王」と書きます。

個人的には、獣のような本性で、
取り憑かれたように一つのことにて突き抜けていく様が狂うということだと思います。


誤解を恐れずに言いますと、ブランディングには「狂うほどの感覚」が必要です。
なぜそう思うのかと言いますと、
これまでそういう狂ったような経営者をたくさん見てきたからです。

その方々とはクエストリーが主催する「ブランディングクラブ」の会報で対談をしてきました。
また、ブランディングセッションにもご登壇していただきました。


社員も銀行もこぞって反対する中で郊外に店舗を移した社長、
国内ではニーズが少ない商品をアジアの国々に売るために東奔西走している社長、
疲弊する地元を元気にするために日夜動き回る社長・・・。


共通しているのは、実現したいものが極めて明確にあるということです。

そして、楽しく狂っています。
笑いながら、とんでもないことを考え、実行しています。

もちろん、どの経営者も利益を出すことには実に貪欲です。
というよりも、利益が出ないわけがないと思い、動いています。

ただし、自分だけが儲かればいいとは思っていないことも共通しています。


振り返って、自分自身はどうなのか?

まだまだ狂っていないなあ。
ブランディングに楽しく狂おう、そう再確認する週の始まりです。

ということで、今日の一言は





┏┓
┗■「11月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508
 

2017年10月17日(火)更新

ブランディングで大事なことを決める時の判断基準

クエストリーの櫻田です。
「ブランディングで地域と中小企業の未来を輝かせる」ために、日々動いております。



今回のテーマは「ブランディングで大事なことを決める時の判断基準」です。

ブランディングは判断の連続です。それもかなり大事な判断を求められます。
実は今日も大事な判断が必要なミーティングです。



例えば「こういうことを大事にしたい、こんな会社だと思われたい」
こんなことを考える場面がたくさんあります。


このときの判断基準は何でしょうか?

99ce3b6d0f699240a108d78e6b4dbae6_t-450x267.jpg


僕の基準は、社内外も含めて、仕事に関わる人たちが
「いいなあ、素敵だなあ、楽しそうだなあ」と思えることです。


関わる人たちとは、縁の近い人たちから考えていきます。
社員、顧客、取引先、地域、日本、世界……
これってチェーンのようにつながっているイメージです。



さて、判断基準のことですが、概ね次のような3つの意見が出てきます。

まずは、素敵とか、楽しそうという言葉に、アレルギー反応を起こす人たちがいます。

そんな人たちからは「そんな甘っちょろいものではない、厳しいのが仕事だ」
という声が聞こえてくるのですが、本当にそうかなあと思います。


「素敵で、楽しいことって嫌ですか」と聞くと、大方の人が黙ってしまいます。


もう一つよく出てくるのが「それで儲かるの?」という声です。
確かに儲かるかどうかはすごく大事なことです。


素敵で楽しいことでも、事業として儲からなくては続きません。
だけど、これってショートカットだと思うのです。


いっしょに働く人たちが、いいなあということを判断した上で、
「儲かるか、自分たちに不都合が生じないか」が、判断基準に加わると思うのです。

72d9ca86d548d3a8b9d7ceb90c1233c0_t-450x301.jpg



もう一つの意見は、「それって理想ですね」、
もっとストレートだと「考え方はわかるけど実現は無理です」

でもこういう意見が出てくるのは歓迎です。

なぜならば、一度受け入れての意見だからです。

こういう意見は事業全体がすぐに変わるかどうかをみています。


なんでもそうですが、物事は小さなことの積み重ねです。
小さなことからならば、変えていけるのではないですか?そんな風に答えます。



3つの声を紹介しましたが、どれも大事な意見です。
むしろ、喧々諤々の話し合いこそが大事です。

これらの意見を否定したら、ブランディングは進みません。

すべてを受け入れて、それでどうするかです。



このプロセスを何度も何度も踏むことで、
ブランディングの方向性が一つに固まっていきます。


┏┓
┗■
「11月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 
地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー

http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508

 

2017年10月14日(土)更新

足りないものを足りるように

クエストリーの櫻田です。

「ブランディングで地域と中小企業の未来を輝かせる」ために、日々動いております。

今回のテーマは「
足りないものを足りるように」、
満ち足りた条件ってまずありませんよね、大事なのはその時にどうするかです。



ブランディングに取り組んでいると、
あれが足りないから、これが不足しているからという声が聞こえてきます。
(声に出なくてもそんな雰囲気ってわかります)

とくにトップから発せられると、「いい加減しろ!」と言いたくなります。


でもねえ、足りないものを嘆いていても何も生まれません。

ブランディングには評論家は要りません。評論家っぽい人はだいたい何もできません。
必要なのは状況を変えられる人です。状況をよくするために自ら動く人です。



資金が必要ならば、いつまでにそれを作るかを決めればいいし、
技術が課題ならば、どこで学べばいいのかを決めることです。

ああだ、こうだと理屈をつけて、事実をややこしくしてしまい、
結果として動かないのが一番よくない。


どんな悪い条件の中でも、いまある条件を活用して、
出来るだけ自分の思い描く環境や状況を作り出していくのがリーダーの仕事です。

どんな時でも自分を信じて、主体的、主導的に動くこと……自戒を込めて、これしかありません。


ということで今日の一言は下記の通り!

%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%891.jpg

 

┏┓
┗■
「11月度ブランディングセミナー」━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 
地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー

http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508

2017年10月13日(金)更新

「地域内経済循環」ってどういうことなんだろうか?

クエストリーの櫻田です。

「ブランディングで地域と中小企業の未来を輝かせる」ために
あっちにこっちにと動いております。

昨日までは北海道でした。
おもしろいプロジェクトが今月からスタートしました。

さて、今回のテーマは「
地域内経済循環」です。
難しそうだと感じるかもしれませんが、わかりやすく説明しますね。


11月15日(水)に銀座ブロッサムで開催する
11月度ブランディングセッションのゲストスピーカーは
大木貴之さん(株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)です。


大木さんの会社が運営している「Four Hearts Cafe」を例にとり、
地域内経済循環を考えてみましょう。



Four Hearts Cafeがあるのは、山梨県甲府市です。


山梨県といえば、思い浮かぶのはワインです。
県内には約80社のワイナリーがあります。


Four Hearts Cafeではワインを取り扱っています。
大木さんはある計画を立てました。

まずは、Four Hearts Cafeをワイン好きが集まる店にするために、
世界のワインを揃え、提供したのです。

ワインの充実度からワイン好きから強い支持を得ていると感じた
大木さんはある日を境に提供するワインをすべて山梨のものに変えたのです。


大木さんがワインの仕入れに払っていたお金の流れを見ると、
変更前までは地元のワイナリーにはお金は落ちていませんでした。

しかし、変更後はすべて地元のワイナリーの収入となり、お金は県外に出て行きません。

「地元にワイナリーがあるという優位性を生かすことにしたのです」と語る大木さん。



ワインだけではなく、同店で提供するメニューの食材、
とくに野菜は地元さんを使っています。

「農家さんは県外資本のところに出すために、形が整ったものを選別したり、
きれいにしたり、ビニール詰めをしたりと大変だったのです」

大木さんのやり方はシンプルです。

採れたものを、そのままでカゴに入れて持ってきてもらうだけ、
後は大木さんたちがそれを選別し、活かし、美味しく料理にするのです。

「店使っている食材の7割は地元のものです」


ワインと同様にお金は地元で回っています。お金は地域外には出て行きません。

ワイナリーの人や農家の人も、収入や売り上げで地元のものを買い、
地域のものを購入し、地元のお店を利用すれば、お金は地域の中をぐるぐると回っています。



maxresdefault-400x209.jpg
ワインツーリズムやまなし2017・秋→http://www.yamanashiwine.com


しかし、循環していたお金もいずれ回らなくなるかもしれません。


大木さんたちは、今秋で10回目を迎えるワイナリーをめぐる
「ワインツーリズムやまなし」というイベント企画を立ち上げます。

県外からやってきた参加者はワイナリーをめぐり、地元で食事をし、地元に宿泊します。
ワイナリーではワインを購入してくれます。

この県外からのお客さまの消費は、地域外からのお金を獲得したことを意味しています。

いままで100だった消費が域外からのお客さまによって100以上になって回り始めたのです。



もちろん、理想通りにはいかない地域内循環型経済ですが、
日本経済は地域経済の集積で成り立っています。

地域の経済を元気にすることが日本の経済を力強くする、
そんな風に思うのですが、いかがでしょうか?



地域内経済循環をテーマにしたブランディングセッションに
ご興味がある方は、ぜひご参加くださいね。


お申し込みはクエストリーのサイトからどうぞ→http://www.questory.co.jp



ということで今日はここまで。

11%E6%9C%88%E5%BA%A6%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%A1%88%E5%86%85%20.jpg


 

┏┓
┗■
「11月度ブランディングセミナー」━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 
地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー

http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508

http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx

2017年10月08日(日)更新

高利益体質への転換の鍵は絞り込みにあります

クエストリーの櫻田です。

ブランディングって体力も気力も要ります。
季節の変わり目ですので、体調に気を付けて、今日も動き回わります。

今回のテーマは今発売中の月刊『商業界』12月号の特集テーマに書いたものの一部ですよ。
こんな出だしで始まる原稿です。

 

1573495_o.jpg

全方位総合型の経営は大企業や圧倒的なシェアを持つ場合には向いていますが、
事業基盤に限りがある中小企業には不向きですね。

限られた経営資源しかない中小企業が
大企業と同じステージで戦っても簡単には勝つことはできません。


やはり資金力、人材力、広告宣伝力等に勝る大手企業が圧倒的に有利なのです。
仮に勝てたとしても、それは一時的であり、しかも利益なきボロボロの勝利が多いのです。

残念ながら大手との同質化競争では継続な成長は望めません。

これがわかっていながら、
価格、量、スピード、知名度の同質化競争に巻き込まれている中小企業は数え切れません。

差別化と言いながら小手先の対策に終始し、
根本的、長期的、多面的な差別化のシナリオを描けずにいるのです。

商売の優劣を決めるのは売上ではなく利益です。

利益は顧客満足度を最大化することから生まれます。
経営資源に限りがある中小企業が、
高い満足度によって安定的な高利益体質を実現するにはどうしたらいいのでしょうか。

中小企業が高利益体質の経営に転換する源は、同質化競争を否定した差別化にあります。
差別化を行うには「絞り込み」が重要な鍵となります。

絞り込みは目指す以外のものを意思の力で切り捨てることですが、簡単ではありません。

続きを読みたくなった方は、月刊『商業界』11月をぜひご購入くださいね。
こちらで購入できるようです→https://www.shogyokai.co.jp/np/code/s1711/

ということで今日はここまでです。
 

┏┓
┗■
「11月度ブランディングセミナー」━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 
地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役)

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508

2017年10月08日(日)更新

11月度ブランディングセッションのご案内

クエストリーの櫻田です。

かなり更新の間が空いてしまいましたが、全国をあっちにこっちにと日々動いております。
時々、体力と気力がストンと落ちますが、まだまだがんばります。


今回のテーマは、11月15日(水)に銀座ブロッサムで開催する
「11月度ブランディングセッション」のご案内です。

ブランディングセッションは2ヶ月に一度開催するブランディングを事例から学ぶ集まりです。

11%E6%9C%88%E5%BA%A6%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%A1%88%E5%86%85%20.jpg


今回のゲストスピーカーは、
山梨県甲府市で飲食店の「Four Hearts café(フォーハーツカフェ)」を3店舗、
「Liber(リベル)」を1店舗運営している
株式会社 LOCAL STANDARDの代表取締役の大木貴之さんです。


大木さんとの出会いは7年ほど前のことでした。

市内のお取引先の社長さんと飲んでいて、二人ともだいぶご機嫌になった頃、
その社長さんがおもしろい人を紹介すると連れて行ってくれたのが、Four Hearts caféでした。


すでに、営業が終わっているのにもかかわらず店内に入り、
名刺交換をしたのが大木さんとの付き合いの始まりでした。

それから山梨(生まれた故郷です)に行くたびに立ち寄り、あれこれと話すようになりました。


大木さんの根幹に常にあったのは「疲弊する地域に人が集まり、お金が落ちるようにすること」。

ご自分の店の経営もありますが、
行政の補助金に頼らずに店も人も稼げる仕組みづくりを思考錯誤していた時期でした。

そうは言っても地方の疲弊度は相当に厳しいものがあり、
大木さんの取り組みは必ずしも順調ではない時期もあったと思います。

やがて、「ワインツーリズムやまなし」というイベントにより、
その思いは一つひとつ形になっていきます。

「ワインツーリズムやまなし2017・秋」の詳細はこちら
http://www.yamanashiwine.com


この辺りまでのことは、弊社が主催するブランディグクラブの会報に掲載し、
2014年のブランディングセミナーでは
「ワインツーリズムやまなしの仕組みとデザインの力で山梨を元気にする」
というテーマで講演をしていただきました。


あれから3年が経ち、衰退する甲府の中心部にも若手が新店舗を出すようになり、
少しずつ変化しているようにも感じられます。

今回は前回の講演からさらに一歩踏み込み、
「地域内循環型経済」について講演をしていただきます。

聞きなれない言葉かもしれませんが、
地域の資源を使って地域にお金が落ちる仕組みづくりにご興味がある方は、ぜひご参加ください。

難しい集まりではなく、すごくおもしろい参加者ばかりですよ。

あっ、セッションの後には交流会があります、これがまた楽しいのです。
 

詳しくはクエストリーのサイトからどうぞ→ http://www.questory.co.jp

ということで今日はここまで!


┏┓
┗■
「11月度ブランディングセミナー」━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆テーマ
 Four Hearts Cafeの17年間の取り組みから学ぶ
 
地域の資源を使って、地域にお金が落ちる仕組みづくり
      
●日 時:2017年11月15日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7F ローズ

【ゲスト講師】
 大木 貴之氏 (株式会社 LOCAL STANDARD 代表取締役

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx または 03-5148-2508

2017年02月27日(月)更新

目指すべきお客様を絞り込む勇気

いまのお客様は提供される満足度、あるいはその反対の不満度に対して非常に敏感です。

なぜならば、数多くのサービスの体験によって、
求める満足度のハードルが高くなり続けているからです。

不満は離反客を生み出します。

お客様は言葉に出して不満を述べないだけで、静かに去っていくだけです。
これが本当に恐いのです。


もしあなたが会社から、すべてのお客様に高い満足を提供するように指示されたとします。
あなたはそれが出来ますか?

はっきり言って無理ですよね。
いや無理というよりも無茶なことといわざるを得ません。

商売において、すべてのお客様を対象にするということは、
一見当たり前のように感じますが、実は非常に困難な道をゆくこととなります。

自店の目指すべきお客様を規定しない商売は、
目の前のお客様を追いかけ、ひたすら迎合して行く商売になります。

別な見方をすると、不特定多数を相手にすることは、膨大なコストが発生します。
大きな人的なエネルギーも必要になってきます。

すべてのお客様に満足していただくことは、非常に難しい道なのです。

 
いま必要なのはお客様を絞ることです。勘違いしないでくださいね、
お客様を切り捨てることではないのですから………。

いらっしゃっていただく方はすべてお客様です。
でも、その中から目指すべきお客様を絞ることです。


「顧客を絞る→来店客が減少する→売上が減少する」
こういう見方をする経営者がいます。

「顧客を絞る→満足度が向上する→評判が高まる→利用客が増える→売上が向上する」
こう考える経営者もいます。


確かに絞るということは怖いですよね。
一時的には客数が減る可能性があります。

しかし、「失うもの多し、されど得るもの多し」ですよ。

絞ることによって、満足度の方向性が定まってきます。

虫眼鏡で太陽の光を集めると、次第に熱を持ち、
やがて煙が出てきて火がつくのと同じことです。

店のパワーも同じです。1点に集中することによって高い満足度を創り出すことが出来ます。
 

2017年02月05日(日)更新

独自性の作り方

3月8日(水)に「第35回ブランディングセミナー」を開催いたします。

今回のテーマは「ブランドは独自性!見方を変えたら世界が変わる」です。

セミナーでは、3名の講師を招き、独自性の作り方を考えます。


「独自性は作れるのか?」・・・そう思われる方もいるかもしれません。

しかし、これまでブランディングを通じて学んだことは
最初から独自性がある企業は少なく、意志を持って独自性にたどり着いたのです。

詳しくは、セミナーでご説明いたしますが、
独自性を作り上げた企業にはいくつかの共通点があります。


それは、下記の4つのステップを踏んでいるということです。

「強みを見つけて、絞り込み」

「消費者視点で、価値に換え」

「市場を見極め、立ち位置を決め」

「揺るぎない覚悟を決める」



4つのステップの先の3つは方法論、大事なのは最後です。

そうです、覚悟を決めないと独自性は生まれません。
極めれば、独自性は覚悟から生まれるといっても過言ではありません。

独自性に関心がある方はぜひ、下記のセミナーにご参加ください。

必ずや、自社の立ち位置の作り方が見つかり、
独自性の経営への最初の一歩が踏み出せます。


┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「第35回ブランディングセミナー」のご案内

201701211841_5-400x0.jpg

◆テーマ
「ブランドは独自性!見方を変えたら世界が変わる」
     
●日 時:2017年3月8日(水)13:30~18:00(受付開始 13:10)
●会 場:東京国際フォーラム Gブロック4階・408会議室 

現在の厳しい経営環境を一時的な景気の問題としてとらえることは、
物事の一面からの判断でしかありません。
成熟した消費の価値観の変化、ITによる膨大な情報力、グローバルな市場経済等は、
経営のあり方を大きく変えてしまいました。

みんなと同じ方向に向かい、一生懸命に努力をすれば、結果がついてくる時代ではないのです。
これまでと同じやり方を踏襲するだけでは、中小企業は生き残れません。
気付かないうちに大きな波に呑み込まれてしまいます。

荒海に呑み込まれないための羅針盤は「独自性」です。
本セミナーでは「ブランドは独自性!見方を変えたら世界が変わる」をテーマに、
独自性を生み出すための視点転換の考え方を、3名の講師の講演をもとに具体的に学びます。
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
TEL.03-5148-2508  FAX.03-5148-2705
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...