大きくする 標準 小さくする

2016年05月26日(木)更新

歯医者さんの予約システムから考えたこと  

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。
 

「数日前から右下の歯が痛かった」というよりも歯茎が腫れたのです。

疲れがたまると、免疫力が落ちて時々こうなります。
歯痛だけではなく、出張の疲れのせいか、風邪気味です。
 

会社の向かいに行きつけ(この言い方もちょっと変かな)の歯医者さんがあるので、
出社するとすぐに連絡を入れて診てもらいました。
治療を終えると、精算と次の予約を入れました。
 
201605261905_2-400x0.jpg

さて、これからが本題なのですが、
「次の予約を入れる」ビジネスって何があるだろうと思ったのです。

実はありそうでいて意外とないのです。
 
来店客が読めるということは、商売にとって大きなメリットです。
しかも、お客さま自らが来店したいと告げる仕組みを作り上げたらすごいと思うのです。
 

出張が多いと、利用時に次回のホテルや交通機関の予約をすることがありますが、
必ずしもいつもとは限りません。
 
ある美容サロンでは、お客さまのヘアスタイルの
賞味期限切れを連絡するというのを聞いたことがありますが、
予約ビジネスとはちょっと違うかも・・・。
 

もちろん、体験したことに感動して、再利用を予約するというのが理想だと思うけれども、
物を販売するビジネスでは、なかなかハードルが高いことです。
 
ひとつのヒントは購入した商品やサービスのメンテナンスやサポートだと思います。
わざわざ再来店することで、他に入れたモノやコトがさらに充実することがポイントです。
 

それを実現するのは、昨日の歯医者の先生のような専門的な技術を持ったスペシャリストの存在です。
来週、もう一度症状を見せにきてくださいって言われたら、嫌とは言えません。
 
使い方やアフターフォローのアドバイスを専門家から受けるためにお客さまが自ら来店する
視点を変えることで、新しい来店の仕組みづくりが考えられそうです。
 
 
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「7月度ブランディングセッション」のご案内

201605221533_3-300x0.jpg
 
◆テーマ
 「つなぎ手としての立ち位置の作り方~応援したくなる関係づくり~」
     
●日 時:2016年7月7日(木)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:高橋万太郎 様 株式会社 伝統デザイン工房 代表取締役
 
今回のセッションでは、造り手(生産者)と使い手(消費者)との距離を 縮め、
関わる人々を幸せにする「つなぎ手」としての立ち位置の作り方を学びます。

特別ゲストには、「つなぎ手」の役割を明確にすることで、
お客様・取引先との信頼関係を築き、
新しい市場を切り拓いている「職人醤油」の高橋万太郎氏をお招きします。
 

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 

2016年05月25日(水)更新

しっかりと手がかかった売場は気持ちがいい  

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。
 

先週、群馬県高崎市にある文具の専門店「Hi-NOTE」さんをお伺いしました。
高崎と伊勢崎にある同店を運営しているのは、株式会社アサヒ商会さんです。
「Hi-NOTE」→http://www.bungu.co.jp
 
今回の訪問は代表取締役社長の広瀬一成さんに、
7月に大阪のお取引先のセミナーで講演を願いしており、その打ち合わせでした。

201605251946_1-300x0.jpg
 

広瀬社長にお会いする前と後に、店内を拝見したときに感じたのは、
一言で言うと気持ちがいいのです。

これって店の運営ですごく大事なことです。
 

まずは、整理・整頓・清掃が行き届いています。
「古い」「新しい」の問題ではなく、細かなところまで徹底されているかどうかです。
 
商品陳列も奇をてらわずに、基本通りに、
どこに何があるかがわかりやすくなっています。

念入りに売り場に手をかけているのが感じられます。
 
201605251946_2-300x0.jpg

POPやショーカードも買い手に寄り添う内容になっていて、思わず読んでしまいます。
表現力云々ではなく、お客さまに向かう姿勢にぶれない軸を感じました。

201605251946_3-300x0.jpg
 

事務所でも整理・整頓・清掃は徹底されていました。

棚に並べられたカタログやパンフレットがしっかりと分類され、
インデックスが付けられていたのです。
 

スタッフの方々のお客さまへの反応も機敏です。
お客さまが来店されるとすぐに明るい声で声がかかり、しっかりと目線を合わせてくれます。
 

どれも当たり前のことですが、これらがしっかりとできている店は思ったよりも少ないのです。
その気になれば、どこでもやれることなのですが……。

201605251946_4-300x0.jpg

「うちの商売はもう難しい」「この商売は時代的に大変」「大手は中小には立ち打ちできない」
……こんな声をよく耳にします。
 
しかし、ネガティブに考える前に、「原理原則に従って、基本通りにしっかりと行うことが先決」、
そんなことを「Hi-NOTE」さんから教えていただきました。
 
まあ、やらない経営者に限って「自分の商売は難しい」と言いますがね。
でも、そんなに楽にできることってありません。やはり基本が大事です。
 

  
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「7月度ブランディングセッション」のご案内
 
201605221532_3-300x0.jpg
◆テーマ
 「つなぎ手としての立ち位置の作り方~応援したくなる関係づくり~」
     
●日 時:2016年7月7日(木)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:高橋万太郎 様 株式会社 伝統デザイン工房 代表取締役
 
今回のセッションでは、造り手(生産者)と使い手(消費者)との距離を 縮め、
関わる人々を幸せにする「つなぎ手」としての立ち位置の作り方を学びます。

特別ゲストには、「つなぎ手」の役割を明確にすることで、
お客様・取引先との信頼関係を築き、新しい市場を切り拓いている
「職人醤油」の高橋万太郎氏をお招きします。
 

▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 

 

2016年05月24日(火)更新

ブランディングは人の想いの総和です

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


10時前に仙台、盛岡の出張を終えて東京駅に着きました。

一泊二日でしたが、どちらもいつも以上に実に濃厚なミーティングでした。
身体はヘろへろですが、心地よい疲れです。

仙台のお取引先は、店舗リニューアルに向けて次のステップへ進みます。

盛岡のお取引先は第1期ブランディングプロジェクトが終了し、
8月から第2期のプロジェクトが始まります。


ブランディングに正解はありません。自分たちが信じられることこそが正解です。
正解主義ではなく、修正主義がブランディングのシナリオなのです。

予定調和の話し合いなど意味がありません。
自分たちでウンウンと唸って導き出したものこそがパワーです。


仙台のプロジェクトのメンバーは6名、盛岡は11名でした。
誰もが会社や店の「在り方」をとことん話し合う機会はこれまでなかったといいます。


やはり、ブランディングは人の想いの総和です。
手間はかかっても根っこの部分を想いでしっかりと固めることが先決です。

もちろんまだまだ課題はたくさんありますが、
関わる人たちの気持ちを一つにして前進あるのみです。

 
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「7月度ブランディングセッション」のご案内
 
201605221533_3-300x0.jpg
◆テーマ
 「つなぎ手としての立ち位置の作り方~応援したくなる関係づくり~」
     
●日 時:2016年7月7日(木)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:高橋万太郎 様 株式会社 伝統デザイン工房 代表取締役
 
今回のセッションでは、造り手(生産者)と使い手(消費者)との距離を 縮め、
関わる人々を幸せにする「つなぎ手」としての立ち位置の作り方を学びます。

特別ゲストには、「つなぎ手」の役割を明確にすることで、
お客様・取引先との信頼関係を築き、新しい市場を切り拓いている
「職人醤油」の高橋万太郎氏をお招きします。

 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 
 

2016年05月23日(月)更新

地元の価値を掘り起こす  

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。
 

まだ、進行中の仕事ですが、東京・両国のお取引先が創業40年を迎えることになり、
定期的に年に3回発行しているお客さま向けの新聞(一種のニューズレターです)に、
地元の歴史を掘り起こして、掲載することになりました。
 
どんな内容にするかのお打ち合わせをして、GW中にその原稿を書いたのですが、
これが思った以上に興味深かったのです。

店は構えるといいますが、構えている場所には
さまざまな人やコトが積み重ねてきた歴史があります。
 
201605231745_3-250x0.jpg 201605231745_4-250x0.jpg
左は両国の発展に大きく寄与した回向院、右は境内にある歴代相撲年寄の慰霊の力塚


専門的に学んだわけではないのですが、「地元学」というジャンルがあります。
地域の持つ人と自然の力、文化や産業の力に気付き、引き出し、
それを活かしていくための手法のことのようです。
 
いまは過去からの、未来はいまからのつながりです。
売り上げや利益といういまだけのことに目を向けるのではなく、
過去から積み重ねてきた「あるもの」に目を向けてみましょう。

「ないもの探し」よりも「あるもの探し」です。
 

もちろん、すべてがそのまま通用するわけではありませんが、
そこには先達たちの知恵や技術が詰まっています。

それらを再編集することで、新しい価値が生まれます。


 
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「7月度ブランディングセッション」のご案内

201605221533_3-300x0.jpg
 
◆テーマ
 「つなぎ手としての立ち位置の作り方~応援したくなる関係づくり~」
     
●日 時:2016年7月7日(木)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:高橋万太郎 様 株式会社 伝統デザイン工房 代表取締役
 
今回のセッションでは、造り手(生産者)と使い手(消費者)との距離を 縮め、
関わる人々を幸せにする「つなぎ手」としての立ち位置の作り方を学びます。

特別ゲストには、「つなぎ手」の役割を明確にすることで、お客様・取引先との信頼関係を築き、
新しい市場を切り拓いている「職人醤油」の高橋万太郎氏をお招きします。
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 
 

2016年05月22日(日)更新

生誕300年記念 若冲展  

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

「伊藤若冲」のことは4月24日のブログでも書きましたが、
昨日、上野の東京都美術館で開催されている「生誕300年記念 若冲展」にやっと行ってきました。
 
4月24日のブログ→「若冲~天才絵師の謎に迫る~」
http://questory.keikai.topblog.jp/blog_detail/&blog_id=7&id=448
 
201604242206_2-300x0.jpg

やっとというのには二つの意味があります。
一つはGWに行こうと思いながら2時間待ちと言われて先伸ばしていたこと。
もう一つは土曜日に3時間45分並んだことです。
 
事前のNHKでの特番の影響だと思いますが、会場30分前ですでに2時間待ちの大行列。
iPhoneの「Amazon Music」でジャズ、70年代・80代ロック、映画音楽、演歌・歌謡曲と
聴き続けてやっと入場でした。
 
本当は並ぶのは大嫌いです。飲食店でも並ぶというだけで、別な店に移動します。
それにもかかわらず3時間45分も並んだのは、チケットがすでに購入してあったこともありますが、
やっぱり本物の若冲を見たかったのです。
 

今回の展示会は、伊藤若冲(1716-1800)の生誕300年を記念して、
初期から晩年までの代表作を紹介する内容です。

まさに、謎が多い若冲の生涯と画業に迫る企画でした。
 
とくに楽しみにしていたのが、若冲が京都の相国寺に寄進した
「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅(宮内庁三の丸尚蔵館)です。

とにかく会場内も大混雑だったのですが、この作品はどれも大きいので比較的ゆったりと観られました。
 
201605221533_1-300x0.jpg 

201605221533_2-320x0.jpg

日本文化の象徴とされていた「わび」や「さび」とは
一線を画しているダイナミックな構図、独特のカラー、そして緻密で大胆な画力……

どれをとっても天才としか言いようがありません。作品のバリエーションが多いのも魅力です。
 

秋には京都で同様な展示会が開かれるようなので、出張の折に立ち寄りたいと思います。
それにしても、足が棒のようになった土曜日でした。

ご年配の方も多かったので、整理券の発行など、入場の仕方にもっと工夫が必要ですね。
 
 
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「7月度ブランディングセッション」のご案内
 
◆テーマ
 「つなぎ手としての立ち位置の作り方~応援したくなる関係づくり~」
     
●日 時:2016年7月7日(木)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:高橋万太郎 様 株式会社 伝統デザイン工房 代表取締役
 
今回のセッションでは、造り手(生産者)と使い手(消費者)との距離を縮め、
関わる人々を幸せにする「つなぎ手」としての立ち位置の作り方を学びます。

特別ゲストには、「つなぎ手」の役割を明確にすることで、
お客様・取引先との信頼関係を築き、新しい市場を切り拓いている
「職人醤油」の高橋万太郎氏をお招きします。

201605221533_3-300x0.jpg
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 
 

2016年05月16日(月)更新

あらためて、モノの価値って何だろうね  

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。
 
 
先週の土曜日に、手紙社が主催している「第9回東京蚤の市」に行ってきました。

会場は京王相模原線の京王多摩川駅近くの「東京オーヴァル京王閣」、
普段は競輪に使われているようです。初めて行きました。
 
201605161137_8-300x0.jpg

9時開場で着いたのが11時頃、すでに大勢の来場者でにぎわっていました。
初めてなのでどう見たらいいのか、勝手がわかりません。
とりあえず、一つひとつ出店ブースを見ていきました。
 
201605161137_9-400x0.jpg

どうやらフリーマーケットとは異なり、プロの業者さんが出展しているようです。
並んでいる商品は興味深い。

道端にでも落ちていそうな瓶や空き箱が、会場の独特の世界観の中では立派な商品になります。
しかも、いい値段です。
 
201605161137_10-250x0.jpg 201605161137_11-250x0.jpg
時計のムーブメントです。         古い額も売っていました。        

あらためて、モノの価値って何だろうなあと思いました。
「作り手や売り手がモノに付加した価値は、使い手の価値観によって観単にくつがえされる」
そんなことを感じさせられました。
 
201605161137_12-250x0.jpg 201605161137_13-250x0.jpg

同時に、その新しい価値を付加するには、提供側の目利きの力が必要だとも感じました。
並んでいる商品の統一感があるブースは、常連さんも多いようでやはり人気です。
 

当日購入したのは500円の糸車、汚れていたので水洗いをしました。
その上にのせたのは600円のサボテン。

糸を巻き取るのに使われていた道具がインテリアになりました。

201605161137_14-300x0.jpg

2016年05月07日(土)更新

音楽の魔法で、平凡な風景が意味のあるものに変わる

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


GWに観たDVDの一つが「はじまりのうた BEGIN AGAIN 」でした。

それほど期待していたわけではないのですが、これが良かったのです。
気持ちがほぐれて楽になるような佳作でした。

監督は第80回アカデミー賞歌曲賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督、
同作品に続いて音楽をテーマにした作品です。

201605072142_1-400x0.jpg

今回の舞台はNYです。恋人に裏切られ失意のどん底にいた女性が、
友人の強引な誘いで、たまたまバーで歌ったところを聴いたが落ち目の音楽プロデューサー。

ストーリーはこの二人を中心に進みます。

彼女の才能に着目したプロデューサーは、何とか彼女を世に出そうとするのですが、
売れることが優先の大手企業からの難題ばかりが押し寄せます。

しかも、別れた奥さんや娘さんのことも絡みながらストーリーは展開します

201605072142_2-400x0.jpg


これからご覧になる方のためにネタバレになるので、
ストーリーは詳しくは書きませんが、いいなあと思ったのがこんシーンです。

後半で二人がお互いのプレイリストをスプリッタで分け合って、
音楽を聴きながら街を歩きながら、プロデューサーが語るのがタイトルの言葉です。

201605072142_3-400x0.jpg


「音楽の魔法で、平凡な風景が意味のあるものに変わる」、
いかにも映画的なセリフといえばそうですが、音楽好きならば納得できると思います。

音楽だけでなく、これからのビジネスは
平凡な風景を意味のあるものに変える」というコンセプトと仕組みが求められていますね。

「あなたの会社と付き合うと、見なれた風景が違って見える」
そんなことを言われる会社が残れる時代です。


┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「5月度ブランディングセッション」を開催します

201603111154_2-300x0.jpg

わかるようで、いまひとつピンとこない「ライフスタイル」について、
大いにディスカッションしましょう。ぜひ、ご参加ください。
 
◆テーマ
 編集消費の時代は「ライフスタイル」を売る!
     
●日 時:2016年5月18日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:城丸正 様 株式会社ツールボックス 代表取締役
 
S.H.S(スイートホームストア)はなぜ
ライフスタイルを売ることを目指したのか?

第1部のクロストークには、新潟県新潟市と長岡市でライフスタイル提案を軸として、
家具、インテリア、雑貨の「S.H.S:スイートホームストア」を経営されている
株式会社ツールボックスの城丸正社長をお招きし、
「ライフスタイルを売る」ことの意味とその具体策をお話しいただきます。
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508

2016年05月02日(月)更新

知りすぎているから、その魅力に気がつかない。    

「中小企業のブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。
 

大阪に向かう新幹線の車内でブログを書いています。車内はそれほど混んではいません。
旅行者もそれほど多くはなく、仕事らしき人の方が目立ちます。
 
タイトルの「知りすぎているから、その魅力に気がつかない。」
昨日ブランディングクラブの会報の原稿を書いていて感じたことです。


最寄り駅から車で30分、一番近いインターチェンジからでも15分、
里山と水田が広がるのどかな場所に年間20万人が訪れるだんご屋さんがあります。
 
それは新潟県長岡市の「江口だんご本店」です(一度このブログで紹介しました)。

「かまどの匂い」は幸せな記憶のスタンプ
http://questory.keikai.topblog.jp/blog_detail/&blog_id=7&id=446

 
201605021035_4-400x0.jpg

20万人と聞くと、団体客が中心ではと思われるかもしれませんが、
観光バスはお断りをし、わざわざ辺鄙なところに来ていただく個人客を大事にしています。
 
のどかな田園風景に囲まれたおよそ1,500坪の敷地には、
蔵構えの長屋門、古民家を再生した店舗やカフェ、菓子工場が配置されています。

 
同店の経営の軸は「身近にある古き良きものを未来に伝える」、
独特の世界観を持っていますが、この思いは統一をされ、一貫して崩れることはありません。
 
新潟の古民家の再生、伝統のお菓子「笹だんご」へのこだわり、
幻のもち米といわれた「大正餅」の復活をさせたのも、軸である思いを実現するためです。

201605021035_5-400x0.jpg
 
それにしても、なんと落ち着く空間でしょうか?
古民家を再生した店舗の周囲には、里山や水田などの自然豊かな田園風景が広がっています。
 
でも、店舗空間の古民家を再生はしましたが、
周囲の環境は特別に仕立てたものではなく、なんら変わらずに以前からそこにあったものです。

201605021035_6-400x0.jpg
 
江口だんご本店で学んだことの一つは、
当たり前のもので、知りすぎていることは、魅力的に見えないということ。

しかし、価値だとは思えないこれらが、
視点を変えるだけで、実に魅力的な世界に変わります。
 
企業も地域も個人も、足元に眠っている価値をていねいに掘り起こす時代ですね。
 
 
┏┓
┗■【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「5月度ブランディングセッション」を開催いたします。

201603111154_2-300x0.jpg
わかるようで、いまひとつピンとこない「ライフスタイル」について、
大いにディスカッションしましょう。ぜひ、ご参加ください。
 
◆テーマ
 編集消費の時代は「ライフスタイル」を売る!
     
●日 時:2016年5月18日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム 7F ミモザ
 
■ゲスト:城丸正 様 株式会社ツールボックス 代表取締役
 
S.H.S(スイートホームストア)はなぜ
ライフスタイルを売ることを目指したのか?
第1部のクロストークには、新潟県新潟市と長岡市でライフスタイル提案を軸として、家具、インテリア、雑貨の「S.H.S:スイートホームストア」を経営されている株式会社ツールボックスの城丸正社長をお招きし、「ライフスタイルを売る」ことの意味とその具体策をお話しいただきます。
 
▼お問合せ・お申込み
株式会社クエストリー/中野友里惠
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508
 
 

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2016年5月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...