大きくする 標準 小さくする

2015年12月25日(金)更新

「表現」だけを考えてはいられない・・・「NIKKEI DESIGN」の記事より

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。


クエストリーはコンサルティングだけの会社だと思われている方が多いのですが、
ブランドデザインの仕事をかなりの量でこなしています。

社内には二人のデザイナーがいますし、外部のブレーンも多数います。
ブランドのロゴを作ったり、パンフレットやカタログ、ポスター、ブックのデザインもしています。
ウェッブサイトの仕事も多くなっています。

そんな関係で「NIKKEI DESIGN」を会社で購読しています。
12月号が先日届き、ぱらぱらとページをめくっていると、
連載記事のひとつの「DRAFT 宮田誠 仕事の流儀」に目が止まりました。

201512251423_2-500x0.jpg

21回目の今回は、「表現だけを考えてはいられない」というタイトルです。
読んで、極めて同感と思わず手を打ちたくなりました。

宮田さんが関わられているのは大手メーカーの仕事が多いのですが、
クエストリーのフィールドの中小企業もまったく同じです。


宮田さんはこう書いています。

今は、「リーダーがいない時代」です。
「○○さんが決めてんだから、みんなこれで行こう!」というクライアントは滅多にいませんね。
組織のいろいろな人にデザインを見せなければならないし、段階を踏まなきゃいけない。
係長、課長、部長、みんながいろいろなことを言うわけです。船頭が多過ぎますよ。

この出だしで納得です。

何を言いたいのか、伝えたいのか−−−−−−とにかく整理をしてあげなきゃいけないときに
僕がよくやるのが、「まず、ステートメントを作りましょう」というやり方です。
ステートメントって、日本語で言うと「宣言」とか「約束」になるかな。
顧客に向けて書く、短い「手紙」のようなものですね。
この商品やサービスをどんな思いで作ったか、顧客に何を届けたいのか−−−−−
そんな思いを手紙にしてみるのです。

ああ、同じようなプロセスを踏んでいるんだなあ。

これ以上は実際に「NIKKEI DESIGN」をお読みいただいた方がいいと思うのですが、
要は「すり合わせ作業」がとても大事ということを宮田さんは書かれています。

すごく参考になり、ちょっと勇気づけられ、すぐに社内に回覧いたしました。


201512031900_3-300x0.jpg

 

2015年12月18日(金)更新

「誰を」「何を通じて」「どのように幸せにするのか?」

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


出張先の仙台の朝です。随分と冷え込みました。
仙台は光のページョントの真っ最中、昨夜は美しいイルミネーションに見とれました。

ホテルの部屋は空調の関係で乾燥していますねえ。
眼が覚めると、喉に違和感が・・・のど飴をなめて今日もがんばります。


昨日は盛岡のお取引先で、ブランディングのプロジェクトミーティングでした。

3月までに旗艦店のショップコンセプトを再構築するのですが、
クエストリーが提案したのは、
「誰を、何を通じて、どのように幸せにするのか?」を明確にすること。


先月行った社員さんのヒヤリング報告書に基づき、
昨日はコアメンバ−11名と最初のステップの「目指すべき顧客」を検討しました。

「目指すべき顧客」とは言い方を変えれば、「努力に価する顧客」のことです。
これが明確になっていないために、努力が無駄になっているところが実に多いのです。

一般的に顧客設定で多いのは、
目指すべき顧客を年代や世代、性別、所得などの属性情報からの設定です。


しかし、クエストリーは「ライフスタイル」で設定します。

ライフスタイルとは、「生活の中で何を大事にしているか?」ということです。
一見すると簡単そうな問いかけですが、これがなかなか手強いのです。

3つのグループに分かれてのワークショップを行い、
その結果を発表した後に、全員でディスカッションを行いました。

「語る、悩む、唸る、苦しむ、もがく・・・」
まあ、こんな感じのミーティングでしたが、
最終的には、目指すべき顧客が明確に設定できました。


コンセプトの3つの柱である「誰が」が明確になりましたが、
まだ「何を通じて」「どのように幸せにするのか?」が残っています。

これは1月、2月のプロジェクトミーティングで検討します。
メンバーからは「必ずコンセプトを作り上げる」という強い意思を感じました。


1月度ブランディングセッションを開催します。
日時は1月27日(水)、会場は銀座ブロッサムです。
201512031900_3-300x0.jpg

 

2015年12月10日(木)更新

中小企業のための地域資源の活かし方

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 

1月27日(水)に銀座ブロッサム(東京都中央区)で「クエストリー・ブランディングクラブ」の
「1月度ブランディングセッション」を開催いたします。

今回のテーマは「中小企業のための地域資源の活かし方」です。

 201512031900_3-300x0.jpg

それってボランティア活動のこと?リタイアしてから取り組むこと?・・・
こんな声が戻ってきそうですが、少々的外れです。

あるいは、大事だとは理解していても、取り組む余裕がないという声も聞こえてきそうです。
 

しかし、いま日本各地の元気な中小企業に共通しているのは、
地元を元気にする活動に熱心に取り組んでいることです。

その根底には地域経済が活性化しなければ、
小さな会社の収益は向上しないという強い思いがあるのです。
 
これまでの地域経済の活性化は、公共事業や助成金の獲得、大手企業の誘致などが課題でした。
しかし、これらに依存せずに、地域内だけではなく、
地域外の市場も視野に入れた地域産業の自立が重要なテーマになってきています。
 
地域の産業が自立するために、地元の中小企業が果たす役割は極めて大きいといえます。

取り組みの共通点は、地域の特性や地域資源のブランド力を活かすことで、
自社の持っている地域性を、自らの優位性につなげていることです。

 
それらの企業の共通点には次の3つの視点があります。

一つ目は地元に眠っている価値の再発見です。
二つめは、地域資源を活かしたモノづくりやサービスの開発です。
三つめのポイントは、自社だけではなく、他の企業や関連機関との連携です。
 

セッションは、この3点を中心にゲスト講演とディスカッションでセッションを進めていきます。

ゲストは尊敬する師匠のお一人である
久米信行さん(久米繊維工業株式会社 取締役会長)をお招きします。

 
久米さんには、これまで4回ご登壇いただいていますが、いつも示唆と刺激に満ちた講演です。
今回も主催者でありながら、とても楽しみにしています。

また、参加者同士のディスカッションタイム、終了後の交流会も楽しいですよ。
 
お帰りになる時には、自社ならではの地域資源の活かし方の具体的な方法が見えてくるに違いありません。

ぜひ、お時間をご調整の上、ご参加ください。
会員でなくても、オブザーバー参加が可能です。
 

久米信行さんFacebook
https://www.facebook.com/nobukume?pnref=friends.search

「1月度ブランディングセッション」
http://www.questory.co.jp/tabid/204/Default.aspx
 
◆日時:1月27日(水) 13時30分~17時
    交流会:17:30~19:30(銀座界隈のお店)
◆会場:銀座ブロッサム(中央会館)7Fミモザ
 

201412042000_3.jpg 
クエストリー:http://www.questory.co.jp
 

2015年12月07日(月)更新

再読、ヘミングウエイの「老人と海」

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 
日曜日に思い立って本棚の奥にあった
アメリカの作家、アーンスト・ヘミングウェイの「老人と海」を取り出して読みました。

本がたまるたびに処分してきたけれども、これは処分せずに手元に残しておいた一冊です。
 
新潮文庫の奥付けを見ると、昭和46年の16刷、こちらは高校生ということになります。

訳者が大正生まれの名翻訳家、福田恆存(つねあり)というのにも驚きました。
もうひとつ驚きは、この本の値段が100円ということ。文庫本って手頃だったんだなあ。

201512072028_1-300x0.jpg
 
ヘミングウェイは「陽はまた昇る」「武器よさらば」など、
高校生のころに取り憑かれたように読んだ作家の一人です。

この小説もずいぶん前に読んだはずなのですが、ぼんやりとしか覚えていませんでした。

 でもページをめくるうちに、少しずつ「ああ、こういう物語だったんだ」とよみがえってきました。
高校生の頃はさほどおもしろく感じなかったように思います。

今回読み終えると、切なくほろ苦い物語なんだと感じました。
それだけ、歳を取ったということかな。
 

この小説は、サンチャゴという老漁師と巨大なカジキの3日間に渡る死闘を描いています。
といっても、ドラマチックなストーリーではなく、むしろ淡々としています。

後半の釣り上げた後のアオザメとの戦いの方がリアリティを感じますね。
 

物語に奥深さを漂わせているのは老人を慕う少年とのやりとりです。

誰も助けに来てくれる望みがない場面で、困難に直面した時に人はどうするのか?
実際に手助けしてくれなくても、少年がいることがサンチャゴの救いになったのです。

 
仕留めた巨大なカジキはアオザメに食べられ、港にたどり着いた時には骨だけになっていました。

もちろん、お金にもならず、誰にも評価されないのですが、
老人と少年には共通するも思いがありました。
 
少年はいま乗っている船を降りて、老人といっしょに働きたいと伝えます。
実際にそうなるかはわからないのですが、老人にとってうれしい一言です。

しかし、物語はその感情を抑えて、淡々と締めくくられます。
 
201512072028_2-400x0.jpg

諦めというと、どこか投げてしまった感がありますが、
そうではなく、それはそれで自然なことだと冷静に受け止める感覚です。

こちらも60歳を過ぎて、この諦めという感覚が少しだけわかるような気がします。
 
ヘミングウェイは後年の飛行機事故の影響で、
自分の身体が不自由になったことから鬱病となり、最後は猟銃で自分の命を絶ってしまいます。
 

ヘミングウェイの文体はハードボイルドといわれますが、
その奥には少年のようなナイーブな感情が潜んでいるように感じます。

だからこそ、ハードボイルドなのかもしれませんが………。
 

201412042000_6.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp
 

2015年12月03日(木)更新

価値の多様性のおもしろさ

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 

先日、クエストリーがブランディングを担当した
銀座にオープンした2店舗の飲食店のことを書きました。

新築ビルの2階にはオイスター・バー&レストランの「TRINITY OYSTER HOUSE」が、
8階には「白老町 焼肉 阿部正春」があります。

「TRINITY OYSTER HOUSE」→http://www.trinity-oyster-house.com
「白老町 焼肉 阿部正春」→http://www.abe-masaharu.com
 

8階の「焼肉 白老町 阿部正春」のことなのですが、見晴らしが素晴らしいのです。

正面には国会議事堂が見えます。第一ホテル東京も目の前に見えます。
右手の奥には日比谷公園があるはずですが、残念ながら見えません。

201512031900_4-400x0.jpg 

さて、先日お打ち合わせをしていた時のことです。

お店の方がポツンとこう言ったのです。
「スタッフの一人が鉄道マニアなのですが、
ここから見下ろす風景は絶好の撮影スポットらしいのです」………確かにJRの線路が真下に見えます。
 
こちらはまったく関心がないのですが、
どうやら新幹線、山手線、京浜東北線などが交差するように行き来する様は、
鉄道マニアの「てっちゃん」にはたまらないのだそうです。

201512031900_5-400x0.jpg

その言葉にはっとさせられました。

人が価値を感じる場面やコトは実にさまざまです。
一面的ではなく、多面的と言ってもいいかもしれません。

これはこういうものだと考えるのは、発信側の傲慢であり、ある意味では危険です。

同じような情報では、認知度の高いところが有利になります。
しかし、価値の見方を変えますと、小さな会社にとって、これは大きな武器になります。

先ほどのてっちゃんのように、絶好の撮影スポットという情報は小さなことかもしれません。
万人に通じる価値ではないかもしれません。

でも、さまざまな小さな価値の集積で、店の大きな魅力を生みだすことはできます。
 

一発必中の絶対的な価値はそうそうありません。
むしろ、小さな価値の集積が大きな価値につながります。
 
しかし、多くの方がその小さな価値に気付いていません。
提供する商品やサービス、店舗やスタッフだけが価値だという思い込みがあるのです。


いま発信側に求められているのは、顧客の立場に立って、小さな価値を感じ取る力です。
そんなことを、てっちゃんの視点から感じた打ち合わせでした。


201512031900_6-300x0.jpg
2016年1月度ブランディングセッションを開催します
日時:1月27日(水)13:30~17:00
会場:銀座ブロッサム(中央会館)7F「ミモザ」
http://www.questory.co.jp/tabid/204/Default.aspx
 

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2015年12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...