大きくする 標準 小さくする

2014年08月27日(水)更新

生活課題からニーズやウォンツを作り出す!

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。


ニーズという言葉があります。ウォンツという言葉もよく聞きます。
では、ニーズとウォンツはどう違うのでしょうか?
 
マーケティングでは、「喉が渇いた」というのがニーズであり、
「ビールを飲みたい」と言うのがウォンツであるといった感じで説明されます。

「何かが欠乏している、不足している」状態がニーズであり、
「何か具体的なものが欲しい」がウォンツと言うわけです。


 

まあ、ニーズでもウォンツでもいいのですが、
それを発見しそれに対応するということが意味をなさなくなっているように感じます。

明確なニーズやウォンツなど、もはやないといったら乱暴に聞こえるかもしれませんが、
これらに対応するビジネスは限りなく競争の原理に押し流されてしまいます。


いま必要なのは、ニーズやウォンツを創り出すことだと思います。
顧客の声に耳を傾けてそれに真剣に応えていくことの重要性はもちろんですが、
そのことだけでは顧客は満足しなくなっています。


モノを売ろう売ろうとするほどモノが売れず、
反対に楽しいことおもしろいところに人が集まるような現象があります。

「お客様は自分の課題を持ってお店に来る、店の仕事はその課題を解決すること」と
セミナー等で話したことがあります。この考えはいまでも間違っていないと思います。


しかし、もう一歩踏み込んで考えてみると、
顧客自身も自分の課題がわかっていないのではないかと思います。

買いたいモノがないというお客様の声がそのことを表しています。


それではどうするのか、ニーズやウォンツに対応するのではなく、
お客様自身も気が付いていない生活課題を見つけ、
それに対する解決策を「ほら、こんなのどう?」という感じで提供することだと思います。


ニーズやウォンツへの対応ではなく、それを作り出すこと
ここがモノを売るポイントのように感じます。



9月17日(水)に「第30回ブランディングセミナー」を開催します。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年08月25日(月)更新

毎朝メンバー全員で掃除をする意味

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


8月も最終週になりました。クエストリーでは毎朝9時30分から全員で社内を掃除をします。
(毎月1日は9時15分からいつもよりもていねいに行います)

掃除の内容は大きく次の3つに分かれています。
「掃除機をかける」「拭き掃除をする」「トイレをきれいにする」の3つです。

どこでもやっていることであり、特別なことではありません。

 
誰が、どこをやるのかを決めてあるのではないのですが、
やはりトイレ掃除は一番敬遠されがちのような気がします。

新入社員が一番とまどうのもこのトイレ掃除です。
やはり、それほどていねいにトイレ掃除をやった経験がないのだと思います。
 
ブラシで便器の中を磨く、ブラシでは届かないところは雑巾で拭き取る、
便便器の外側を拭く、トイレのシンクを拭く、窓ガラスを拭く、
タイルの壁を拭く、タイルの床を拭く・・・

これでだけをやるのですが、慣れていないとどうしたらいいのかと戸惑います。



 
さらにトイレの中が終わると、トイレの前のエレベーターホールの壁、床、扉を拭くが続きます。
メンバー全員が嫌がることなくスムーズに掃除をこなしてくれます。

クエストリーがそうだということではなく、
トイレの清潔さでその会社の質がわかるような気がします。

 
古い考えと思われるかもしれませんが、
掃除もまともではない会社がお客様を喜ばせることなどできないように感じるのです。

メディアに登場し、社長が講演をする会社のトイレが汚れていたときに、
これはやばいなあと思ったことが何度かあります。

 
人を感動させるのは能力や技術や経験ではなく、やはり「ひたむきさ」だと思います。
それが一番わかるのが掃除です。

長年の経験ですが、とくにトイレ掃除に人のひたむきさの姿勢が現れます。

そして、さまざまな気付きが得られるのがトイレ掃除です。
これは理屈ではなく、やってみなければわかりません。

 
今日も阿吽の呼吸で雑巾を持ってトイレに向かうメンバーを見ると
ちょっとうれしくなるのは社長の自画自賛かもしれません。

でも毎朝全員で掃除をするということは、クエストリーの社長として譲れないことの一つなのです。




9月17日(水)に開催します。一般参加大歓迎!



クエストリー:http://www.questory.co.jp
 

クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 
 

2014年08月19日(火)更新

二つのカセットテープ

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

 
話しの発端は、今年5月の高校時代の吹奏楽部の創部60年、
定期演奏会50回記念の集まりのときのことでした。

僕も吹奏楽部だったのですが、高校3年のときの定期演奏会が9回目、
あれから41年経ったのかと思うと、感慨ひとしおでした。

 
演奏会の後の懇親会で指揮者だった同級生と話していると、
第9回の演奏会を録音をしたカセットテープを持っているとのこと。

どうやら、オープンリールデッキで録音したものをカセットに落としたもののようです。
オープンリールの所在は不明です。
 

ところがそのカセットには4部編成の演奏会の2部までしか入っていないのです。
その話を聴いていた部長でホルン担当の同級生が、
もう後半部分の3、4部が入ったカセットテープを所持していると言い出しました。
 
 
こうなると聴きたくなります。
しかし、40年以上のカセットテープですので、いつ切れてもおかしくありません。
そこで、僕が二つのテープを預かり、知り合いの専門家にCDにしてもらうことになりました。
6月にホルンからカセットテープを受け取り、7月に無理を言って、
知り合いの編集スタジオに渡しました。

山梨に帰省する数日前にCDが完成、早速聴いてみて驚きました。

何と2本のテープとも同じで、2部までの演奏しか入っていなかったのです。
渡す前に再生すればよかったのですが、切れるのを心配してそのまま渡したのです。

しかし、ノイズもきれいになくなり、あの時の演奏が見事によみがえってきました。
演奏も想像していたものよりもいいできでした。

 
そりゃそうだよなあ、とにかく練習、練習、練習を繰り返したのですから。
いま思い出しても、よくやったものです。

手あかのついた言葉かもしれませんが、まさに青春の記念碑というやつです。

 
これから同級生の仲間に手紙を書いて送ろうと思います。
それにしてもなぜ前半だけ2本あり、後半がないのか?

どこかにオープンリールの録音、あるいは後半のカセットテープが残っているのでしょうか。
それがすごく気になります。





クエストリー:http://www.questory.co.jp


クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年08月18日(月)更新

作家「マーク・トウェイン」の言葉

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


さて、夏期休暇も終わり、今日から仕事再開、8月も後半戦です。
 
「トム・ソーヤの冒険」で知られるアメリカの作家「マーク・トウェイン」は
数々の含蓄のある言葉を残しています。顔写真を見るとすごく気難しく見えますが・・・・

その言葉を並べると、いい仕事をするためのセオリーが出来上がりました。


 
人生で一番大事な日は二日ある。生まれた日と、なぜ生まれたかを分かった日
そうだよなあ、人には必ず天命があります。
自分のミッションが腑に落ちたときに本当の力が出てきます。

 
悲しさは一人でも十分味わえるが、楽しさを十分味わうには誰かの助けが必要である
一人でも仕事は出来るけれども、
いっしょに頑張れる社内外の仲間がいることの喜びは、何物にも代え難いことです。

 
先に進むための秘訣は、まず始めること。
まず始めるための秘訣は、複雑で圧倒する仕事を、
扱いやすい小さな仕事に分解して、最初のひとつを始めることだ
「列挙」「優先順位」「段取り」の3点セットが仕事を始めるときの基本です。
それに、この「小さく分解して、まず始めること」を加えましょう。

 
私がこれまで思い悩んだことのうち、98パーセントは取り越し苦労だった
これも自分自身の経験則で納得です。
取り越し苦労で悩むことが大半、ただし2%を見誤ると大変なことになります。

 
人生に絶対確実なんてありえない。ただ、チャンスがあるだけだ
これはもう本当にそう思う。絶対に確実はないね。
目の前のチャンス生かすだけ、それには念入りな準備が必要です。
 

生涯を合衆国の大統領として過ごすよりも、
1年間でいいからシャーウッドの森で山賊をやりたい
これはとくに「マーク・トウェイン」らしい言葉。
仕事にはこういう遊び心がないと続けられません。人の魅力は立場や地位ではないね。

 
許しとは、踏みにじられたスミレの花が、
自分を踏みにじったかかとに放つ香りである
含蓄に飛んだ言葉です。
評価されないときや、理不尽な扱いを受けたときにこの言葉を思い出します。



「第30回ブランディングセミナー」を開催します。
お申し込みは下記サイトからどうぞ。



クエストリー:http://www.questory.co.jp


クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 
 

2014年08月11日(月)更新

億劫がる気持ち

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


会社は9連休の夏季休暇中ですが、今日は僕も含めて役員3名は出社です。
僕ともう1名は、お取引先のブランディングプロジェクト。

クーラーの効いた部屋でミーティングをしているので暑さを感じませんが、
外へ出ると凄まじい猛暑でした

 
今日のプロジェクトミーティングで感じたこと。
ブランディングプロジェクトには複数の人間が関わります。

また、定期的に顔の見える人もいれば、そうでない人もいます。
取引先によっては組織の階層が多重で、意思決定のプロセスも複雑な場合があります。

そんな中で、自戒も込めて、億劫がり屋はプロジェクトには不向きだと感じました。



その場ですぐにやればいいことを後に遅らせると、タイミングを逃すことが多々あります。
ちょっとした連絡やメールやメモですむことが、時間の経過で大きな誤解につながります。

 
とくに忙しい相手であればあるほど、その可能性は高くなり、状況は変化します。
返事がないこともストレスになるのだと思 います。

なぜ、タイムリーにコミュニケーションができないのか?

多くの場合、それは億劫がる気持ちに要因があります。
 

いくら論議を重ねても、要は「やるか、やらないか」。
やらなければ、状況は変わらないし、やれば、どうであれ向かうべき方向が見えてきます。

まあ、人ごとではなく、まずは自分自身から気を付けなければです。
クエストリーのメンバーも要注意ですよ。

 
さて、これから出社しているメンバーといっしょに、暑気払いも兼ねて、
新宿に8日にオープンしたお取引先の新店舗「オストレア新宿3丁目店」に、
美味しい牡蠣を食べに行ってきます。



クエストリー:http://www.questory.co.jp

クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年08月07日(木)更新

情報編集力の時代

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

 
成長期は、みんないっしょの同質化の時代でした。
企業や個人に求められたのは、たくさんの引き出しを持ち、求められる答えに対して、
いち早く正解を引き出す「
情報処理力」でした。
 
しかし、いまが需要がどんどんと顕在化している成長期だと思う人は少ないと思います。
それぞれ一人ひとりが自分の個性に基づき、真に必要と思うものを消費をする成熟の時代です。

 
ということは、キャッチアップすべき正解が先に用意されている時代ではないのです。

混迷とか不透明とかと言われますが、要は共通の正解など存在せず、
個々に正解を生み出していかなくてはなりません。

この時代に求められるのはさまざまな情報を組み合わせ、
状況に応じて修正を行っていく、柔らかな「情報編集力」 です。


具体例で説明しますすね。もしあなたがかき氷の新メニューを作ろうとしたとします。




情報処理力の高さが求められた時代は、世の中のかき氷を調べ、売れ筋はどれかをチェックし、
マーケティングを調査を行い、最も人気の高そうなかき氷を選択します。

ポイントになってくるのは、たくさんの情報量を処理する力であり、正解を導き出すスピードです。
これはやはり資金力の大きさ、人材の豊富さに優れている大手が有利です。


情報編集力の高さが求められる時代は、かき氷にまつわるさまざまな情報を集め、
それを目指すべき顧客の求めるものに編集し直すことです。

俯瞰した眼で、物事の本質をとらえ、そこから新しい価値を生み出す思考です。
そこから生まれるのは、創造もしないようなかき氷かもしれません。

大事なのは、顧客の求めるものを見抜く力であり、自分で正解を生み出していく力です。
資金力や人材力よりも、時代を見抜くしなやかな感性が必要になります。

ブランディングには誰にでも通用するような答えはありません。
情報処理力よりも、情報編集力が圧倒的にも求められているのです。


「小さくても光り輝くブランドになるための~情報編集力の磨き方~」をテーマに、
「第30回ブランディングセミナー」を開催いたします。
一般参加も大歓迎ですので、ぜひご予定ください。






クエストリー:http://www.questory.co.jp
 


クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

 

2014年08月02日(土)更新

不毛な同質化競争に「さよなら」をしましょう

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


いま、中小企業が決断すべきは不毛な同質化競争とは「さよなら」をすること。

そして、自社の持っている価値のタネに光を当て、
「できること」「やりたいこと」「求められていること」を明確にすること。

そして、ミッションに基づき「ブランドになる」ことを目指す道です。

愚直で地道な活動ですが、結果として熱烈なファンを生み出し、安定的な業績へとつながります。



クエストリーがセミナー、セッション、クラブ会報、
そして個別コンサルティングを通じてお伝えし続けてきた
中小企業にとってのブランディングの意味や目的も少しずつ浸透しつつあるように感じます。

「ブランド」と言う表現ではなくても、明確なミッションを持ち、売上や利益を超えて、
お客様や社会の幸せに熱心に取り組んでいる中小企業がたくさん存在します。


とくにここ数年、「ブランドになる」シナリオには
社会性や公益性と言う新しい価値が濃厚に加わってきました。

それに歩調を合わせるかのように、ここにきて
地方の行政や団体からのブランディングのご依頼が増えています。

今月からは九州の某県の漁業組合さんと組んでのブランディングが始まりました。
来週はその産地へ出張です。いやあ、楽しくなってきましたね。


あっ、それから9月17日(水)に東京国際フォーラムで
「第30回ブランディングセミナー」を開催します
オープン参加できますので、ぜひどうぞ。





クエストリー:http://www.questory.co.jp
 

クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2014年8月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...