大きくする 標準 小さくする
次ページ

2014年05月28日(水)更新

原稿を書くことへの恐れ、そして誠実さ

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


以前はそれほど感じなかったのですが、最近思うのは
原稿を書くということは責任があるということ。

責任は誰のためかと言うと、読者と出版社(あるいは主催者)です。
と言うと、どこか偉そうで上から目線のように感じるかもしれません。

 
個人的に書物で救われた経験が何度もあります。

芳しくなかった出張の帰りに書店で購入した一冊の本、
自分の不甲斐なさに情けなくてページを開いた本、
何気無く買ったのに強い影響を受けた一冊・・・本から学んだことは数え切れません。

 
30代に、お取引先から「コンサルタントは聖職の一つ」とやや批判的に言われたことがあります。
自分のことを指してではなかったのですが、身が引き締まると同時に、
なんとも言い難い戸惑いも感じたのも事実です。
 
聖職とは当惑する言葉ですが、少なくても誠実であろうとは思います。
もちろん、実務の中ではさまざまな予想もしないようなこともあります。
数字成果だけを求められる場面もあります。魔法の杖?のようなことも要求されます。
 

人は思っているほど長い目で物事を見れません。
すぐに答え(言い換えれば売り上げや利益)を求められることもあります。

時には契約とは異なる内容の答えを求められることも少なくありません。
まあ、こういう人に限って答えを真剣に受け止めませんが・・・。
 



少々話が脱線しましたね。原稿を書くことに話を戻します。
 
個人的なブログなどは別として、仕事を通じて原稿を書くことが度々あります。
しかも、直接、間接は別として原稿を書くことによってお金をいただいています。
 
お金をいただくからではなく、
自分自身が本や記事から大きな影響や救いを得た経験があるからこそ、
原稿に対しては、いつも恐れを持ち、内容に誠実であろうと思います。

可能な限り推敲を重ね、その時のベストを尽くそうと決めています。
 
もちろん、読み手が受け止める感覚はさまざまです。
書き手には読み手の参考になるかどうかはわかりません。

でも与えられたテーマについて、少しでも解決や答えになればという思いを、
常に忘れてはならないと肝に命じています。

 
まあ、「へえ、この程度で」と言われたら返す言葉はありませんが・・・。

でも、原稿を書くことについては、これからも常に恐れと誠実さを忘れずにいようと思います。
原稿を書くには、やはりこれが必要です。



6月24日(火)、東京・銀座で
「小さくても光り輝くブランド」セミナーを開催します。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年05月26日(月)更新

神田の「好好(ハオハオ)」のこと

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。


先週の土曜日に、中高時代の友人に誘われてある講演会に行きました。
講演会の終了後に一杯飲もうということになりました。

彼の息子も参加することになったが、お酒がダメということなので
神田の「好好(ハオハオ)」という店に足を運びました。

 
「好好」はJR神田駅のガード下の2階にあるお店。
最近は行く機会が少なくなったけど、かれこれ25年以上前から通っています。

東北新幹線が東京駅に乗り入れたと、店舗が改装されたけれども、
それまでは古色悠然としたおもむきの店でした。

25年以上と言うと、通う客も店で働く人もそれだけの年を重ねます。

人が入れ替わってもおかしくないのですが、この店の料理人とホールのスタッフは変わりなし。
特別な会話があるわけではないのですが、なんとも言えない安心感があります。

先々を考えると、若い人にバトンタッチしないと、どうなるのかなという思いもあります。

でも、勝手な思いですが、これもまたいいのではと思えてきます。
時代とともに時を重ね、流れに任せる、それも店の在り方かなと感じた夜でした。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年05月16日(金)更新

新しいことがすべていいとは限らない

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 
さすがにこの時間いなると涼しくなりましたが、
今日の東京は日差しいっぱいで最高気温は26度を超えました。

ビールが飲みたくなるなりますね。



「何か新しいことをしなくてはいけない」という
強迫観念にも似た感情にとらわれている経営者が少なくありません。

いまやっていることはよくないと考え、常に新しいことをやることがいいことと思っているのです。
 

不安がそうさせるのかなあ。

傾向としてはまじめではあるけれども、
回りや環境に影響を受けやすいタイプの方が多いように感じます。
 

しかし、よく考えてみると、新しいことがすべていいという保証はどこにもありません。
これまでやってきたことも、その時にいいと思ったからこそ取り組んだはずです。
 

それにご本人はいいでしょうが、周りは大変です。

これまではこれに取り組めといわれてやってきたのに、
今度はこれに変更というのですから戸惑ってしまいます。

 
経営者はすぐに切り替えられると思いがちですが、組織全体はそうではありません。
組織は慣性で回っています。切り替わるには時間とエネルギーが必要なのです。

 
大事なのは、変化そのものの前に、最も重要なことに集中出来ているかです。
重要なことのために、新しい試みに挑戦する必要があるのならばやればいいし、
そうでなければやらないことです。
 

​経営の神様といわれたP.F.ドラッカー氏はこういっています。
「成果をあげる秘訣をひとつ挙げるとするならば、それは集中である。」
 
さらにそれに続けてこうも語っています。

「成果をあげる者は最も重要なことから始め、しかも一度にひとつのことしか行わない。」



個人的にも経験がありますが、人は不安に駆られるとあれもこれもと手を出したくなります。
それが得意でないにもかかわらず・・・。

 
最も重要なことに集中するためには、いま必要ではないことはやらないことです。
一生懸命やっているけれども成果に結びつかない組織に多いのはこの問題です。

 
マンネリで続けていて、価値を生まないことは、
思い切ってやめてしまうか大幅に縮小することです。

また、いまやろうとしていることも、本当に必要かどうかを冷静に判断すべきですね。

さてと、ブログも書いたし、ビールでも飲むかな。


 
 
クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年05月15日(木)更新

愚直


「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

 
日常的にはあまり使われませんが、「愚直」という言葉があります。
 
辞書で引いてみますと、
「正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。ばか正直。」
あるいは「正直すぎて気のきかない・こと(さま)。馬鹿正直。」と記載されています。
 

文字通り受け止めると、融通のきかない愚かなことのように感じますよね。
まあ、ポジティブではなく。ネガティブの響きを持っています。
時には軽蔑的な意味で使われることもあります。

 
でも「愚直」と「愚か」は違います。
 

仕事をしていると、壁にぶち当たるのは当然のことです。
僕も小さな会社ですが、代表ですのでよくわかります。
 
本当にこれでいいのだろうか?自分の目指していることはもしかすると独りよがりではないか?
自分の考えにとらわれすぎて、社員を道連れにしているのではないか?
 
悩み始めると眠れなくなることもあります。
(それでも生来寝つきがいい方なので、すぐに眠りに落ちていきますが)
 

敬愛している市井の托鉢者で教育者の石川洋さんの言葉にこういう一文があります。



何をしているのではなく、何を続けているのかである
 

精神論や教訓的なことではなく、ひとつのことを成し遂げるには、
常に磨き続けなければなりません。
 
磨き続けるということは、革新し続けるということです。

「愚直=愚か、辛い、地味、暗い」ではなく、
「愚直=革新、深堀り、進化、ワクワク」なのです。
 

石川洋さんは、先の一文の後に次のような文章を寄せています。
 
時代の寵児であろうと、地味な仕事についていようとそれは問題ではない。
明日どうなるかわからないからである。

真実は、いまの仕事が継続したことの延長であれば、
いつか事は成るということである。

継続には、必ず『志』や『目標』がともなうからだ。
『虚仮(こけ)の一心』というが、
一つのことをつづけると、いつか能力となるのである。

時代の流れ、体裁、損得にとらわれない、一生を貫く仕事を持ちたいものだ。

 

まだまだです。ひたすら愚直でいきます。
 

 
クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年05月14日(水)更新

ものづくりの現場に足を運ぶことの意義

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


実はジュエリーや宝飾について少々詳しいと自負しています。

なぜならば、大卒で入社した会社で長いこと、
その業界の販売促進の仕事に関わってきたからです。
長く関わっていれば商品知識もいつの間にか身に付きます。
 

クエストリーを設立してからも、数年間はジュエリー業界の仕事が主力でした。
ただし、販売促進ではなく、経営指導に移行しました。
販売促進はある程度商品や業界を知っていれば、後はアイディアの勝負です。
 
しかし、経営指導となるとそうはいきません。
ジュエリーができるまでのプロセスをきちんと知る必要性を感じ、
海外の展示会や工房、各地の産地や集積地を積極的に訪問しました。
一時期は3ヶ月に一度の頻度で海外に出かけていきました。


 
実際に商品を取り扱うのではないので、当初は興味と関心だけからの取材旅行が中心でした。
しかし、そのうちに感じ始めたのは、ものづくりの現場を知ることは、
単に販売や営業のための情報収集を超えたところに意味があるということです。

 
知識が深まるに連れ、ものづくりの現場が抱えている様々な問題を、
現実的な問題として捉えることができます。

その問題に自分も関わっているという当事者意識から、
流通や価格やリスクに対する疑問が生まれてくるのです。

 
例えば、南イタリアで作られているシェルカメオのプロモーションに関わった時のことです。
「シェルカメオは日本ではなぜこんなに価格が高いのか」という疑問がありました。
その理由は流通の流れをていねいに見ていくとすぐにわかりました。


 
カメオ作家が彫った作品を日本の輸入メーカーが仕入れます
(その前にイタリアの会社が買い上げるケースもあります)。

それが一次問屋に下ろされ、さらに2次問屋が間に入り、小売店のイベント催事等に並びます。

 
当然、各々の段階で利益が乗っかります。
各段階の利益幅は委託のリスクやイベントの経費負担など様々に異なりますが、
最終的に作家の出し値が8倍の価格になっていることもありました。
 
問題は8倍の価格が妥当かどうかではなく、
ものづくりの現場に遡って物事を考えることの重要性です。

そこで見えてくることを踏まえてどのようにビジネスを組み立てるかの感覚が重要なのです。

 
そういえば、ドイツのジュエリー作家を訪問した時に、
日本から直接消費者がコンタクトを取り、購入のために来社するという話を聞きました。

いくらで販売するのかという質問に、誰が来ても同じ価格という答えに驚いたのを覚えています。


  
いま考えると、取り立てて特別なことではありません。

インターネットで作り手から手軽に買える時代です。
直接作家と語り合い、工房の雰囲気を楽しみ、
時にはいっしょに食事をする機会もあるとしたら、ジュエリー好きにはたまりません。

 
これも作り手の元に直接行ったからわかることです。
安く仕入れて儲けるためにものづくりのところに足を運ぶのもいいでしょうが、
それだけではなく、世の中はどう変化しているのか、
それに対して何を変革したらいいのか、それを感じ取ることの方がはるかに意義があります。

 
ドイツの作家が言った言葉が忘れられません。
「誰が来ても100は100、それをいくらで売るのかは日本のあなたたち次第です」

言い換えれば、問われているのは自分がいくらの価格を付けても、
お客様から支持されるという価値です。

 
こういう現象を、見方によっては大変な時代と感じるかもしれませんが、
実はこれほどおもしろい時代はありません。

特に中小企業にとっては大きなチャンスです。
ぜひ、ものづくりの源に足を運び、変化の波や兆しを受け止めてください。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年05月13日(火)更新

数の多さよりも、関係の濃密さ

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


生きることも、仕事をすることも、好む、好まざるを別として、
人とのつながりのなかに自分を置くということです。

なぜならば、人は関わりの中で生きているのですから。
 

人とのつながりというと、友達の数の多さを気にしたり、評価の基準にする向きが少なくありません。
FBのいいねの数を気にしたり、Twitterのフォローワーのリツイートの数に一喜一憂する人もいます。

でも、これって個人的にはまったく意味を感じません。

 
時おり、インターネットの世界とはいえども、
千人以上の人とつながっていると自慢する方にお会いしますが、
そのこと自体に違和感と言うか、不思議さを感じるのです。


 

人生を豊かにするのは、数の多さの論理ではありません。
つきあう人の数を増やすことで必ずしも豊かになれるとは思いません。

 
それよりも、希薄だったつながりを濃密なものに変えることの方がはるかに大事です。
どれだけ多くの人とつながっているのかよりも、どれだけ濃密なつながりを持っているかです。
 
さらに言うと、それを無理に濃厚にするのではなく、
自然に濃密な関係が生まれることが一番望ましいように感じます。

まあ、あくまでも個人的な思いですので・・・。




クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年05月12日(月)更新

来させる理由ではなく、行きたくなる理由

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

 
商売をしているとお客様に来ていただくためにいろいろな手を考えますよね。
でも惜しいなあと思うことが時々あります。

よくあるのが「ご来店の方に◯◯◯プレゼント」や
「いまなら20%オフ」などの特典や価格訴求の手法です。

 
もちろんこれも必要かもしれないけど、これだけならどこで買ってもそれほどの違いはありません。
もっといい特典や割引があれば当然そちらに流れます。
それ以上の得点や割引をつけると必ず同質化競争に巻き込まれます。

 
急に話題はスタバになりますが、僕はスタバを良く利用します。
スタバでは本を読んだり、あれこれと考え事をすることが多いのです。
 
でもスタバって決して安くはありません。雰囲気だけならもっといいところが他にもあります。
でもなぜ僕はスタバに行くんだろう。


僕がよく利用する千葉の「四街道店」です。

 
先日訪れたスタバでラテをオーダーしてお金を払っている時のこと。
男性スタッフが「気持ちのいい天気ですよね」と声をかけてくれました。
「ホント初夏のような陽気ですね」とこちらも言葉を返しました。

これって知り合いならば自然なやり取りです。
 
この自然のやりとりが他の店でも起こるかと言うと必ずしもそうでもありません。
単にラテと代金の交換で終わったり、商品のオススメのトークはありますが、
自然な会話はあまりありません。
 
 
来させる理由は特典や割引など商品に付け加えるものになりがちです。
要は、来たら、買ったらということです。これってどこも同じです。

それよりも、お客様が行きたくなる理由を考えた方がいいと思う。

 
それにしても、スタバの店舗数は今年の3月末で985店舗(うちライセンス店舗43店舗)。

もちろん、ばらつきはあると思いますが、
「人々の心を豊かで活力あるものにするために一人ひとりのお客様、
一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」

このミッションが現場に根付いているのを感じますね。
 


5月19日(月)ブランディングセッションを開催します。
 


クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年05月10日(土)更新

チョーヤは、梅の使用量が違います

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


「チョーヤは、梅の使用量が違います」



通勤の電車内でよく見かける「さ~らりとした梅酒」のメーカーのこの広告。

チョーヤの梅酒はおいしいので、時々自宅で飲みますが、
この広告はいまひとつピンとこないのです。
 
紙面の右側には梅が詰まった籠を両手で持った農家の娘さん、
左下に梅酒のボトルが配置され、その横には「梅の使用量330mg」と表示されています。
 
魅力や価値を数字で置き換えて伝えるのは広告の王道的手法ですが、
梅の使用量のように日常的でないものは、数字だけ伝えてもピンとこないと思う。

おそらく、330mgは他と比較して多いのだと思うが、そのすごさがわからない。

 
他社比較は一番わかりやすい手法なのだけれども、いまでは広告掲載基準もあり、大胆には使いにくい。
チョーヤの広告も中途半端に感じるのもその辺りの事情があるのかもしれません。

この比較型の数字表示の広告はあまり効果的ではないように感じます。
比較ではなく、具体化することにより数字は強い説得力を持ちます。

 
例えば「真珠のネックレスをお持ちでない方におすすめ」というよりも、
「50歳以上で真珠のネックレスをお持ちでない方におすすめ」と訴求した方が反応は良くなります。

「この期間中はお得です」よりも「この期間中は3,000円お得です」の方が響きます。
 
以前「化粧なおしは面倒、と約86%の女性が思っています」という
資生堂の広告がありましたが、やっぱり惹きつけられますね。
「86%」という微妙な数字が妙に真実味を感じるから不思議です。

 
数字はバンコクの共通語と言いますが、その使い方でコミュニケーションの深さが違ってきます。
数字は商品やサービスを自分ごとに変える力があります。

あなたのビジネスを数字で表現するとどうなりますか?



5月19日(月)にブランディングセッションを開催します



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年05月09日(金)更新

「したたかな」経営と「しなやかな」経営

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

 
東京は先ほどまで、雨と風と雷の大荒れの天気でしたが、
いまは嘘のようにきれいな夕暮れ。ビールでも飲みたい気分です。


ブランディングの仕事を通じて思うことですが、
「したたかな」経営と「しなやかな」経営は似ているようですが、根本的に異なります。

人はしたたかさには、したたかさで対抗します。

しなやかさは対抗意識を無理なく受け流します。

 
 しなやかさで思い出すのは「竹」です。

竹は強い風が吹いてもしなやかに揺れて折れません。
なぜかというと、地下茎という根で隣の竹と繋がり、お互いに支えあっているからです。

 
ブランディングも同じです。竹の根っこの部分に当たるのが「ミッション」です。
ミッションが一つひとつの行動に浸透していることで、経営にしなやかさが生まれます。

 
根っこだけではなく、強い風が吹いても竹が折れないのは、
しなやかに曲がる節があるからです。

 
ブランディングで節に当たるのが仕組みです。
どこから切っても同じ価値観を作り出す仕組みが、ブランドをさらにしなやかにします。


竹の柔軟な強さは地下茎と節から、
ブランドのしなやかさは「ミッション」と「仕組み」から生まれます。




5月度ブランディングセッションを開催します。



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年05月07日(水)更新

「メールしました」・・・うん?


「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。


最近気になっていることのひとつです。

「例の件を連絡してください」と頼むと、
「はい、メールをしておきます」という返事が戻ってくることがあります。

「来月のアポイントをとらなきゃ」と言ってメールですます人も多いのでは……。
 
確かにメールって便利です。コストや手間もそれほどかかりません。



でも、よくよく考えると本当に便利なのかなあ。
実は送り手にとっては、別な面で便利なだけなのだと思う。

それは相手の顔を見たり、話さなくて済むから……。
 
誰でも経験があると思うけど、苦手な相手ほどメールですますことってあります。
顔を合わせればすぐにすむような要件を
メールで送ろうと四苦八苦しているこケースも多いですね。


関係が深くない相手ほどメールですませてしまいがちです。

 
でもね、メールですますのはもったいないと思う。
せっかく会ったり、話したりするチャンスなのになあ。

関係を深めるにはメールではうまくいきません。
新入社員や経験が浅い社員がメールですます癖をつけると先々で苦労をします。

 
やはり顔を会わせて話をすることが大事だと思う。
それに話しているうちに「そうだ、あれもやってもらえませんか」と言うことも良くあります。
用事もないのに顔を出したら「いいタイミングできたね」と言われたことも何度かあります。

 
えっ、時間がない……。そもそも、関係を深めるには時間と手間がかかります。

個人的にはメールで関係を深めることの方がもっと至難の技だと思うけどね。
長々とした文章を書くくらいならば、一本の電話の方がはるかにいい関係が築けます。



5月度ブランディングセッションを開催します



クエストリー:http://www.questory.co.jp



クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
次へ»

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2014年5月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...