大きくする 標準 小さくする
次ページ

2014年04月29日(火)更新

観察する力

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

 
こんなゲームをお取引先でしたことがあります。
誰でもいいのですが、一人がお客様役になり、店の外に出ます。

スタッフはいつも通りの立ち位置で仕事をしています。
しばらくすると、先ほどのお客様役が店内に入り、一回りして出て行きます。

 
スタッッフに集まってもらい、いくつかの質問を投げかけます。

例えば、お客様は「ピアスをしていましたか?していたとするとどんなピアスでしたか?」
「お客様の時計はどんな時計でしたか?」「靴の色と形はどんなでしたか?」・・・。
 
これ意外にも、お客様の持ち物や容姿、仕草や言葉遣いなどについて質問をして行きます。

見ているはずですので、わかっていると思うのですが、
意外や意外、実は見ていないことが多いのです。

見ているようで、実際は眺めているだけなのです。

 
お客様に誠実な関心を寄せることはファンづくりの基本中の基本です。
そして観察はお客様のことを知る最も手軽な方法です。

気をつけなくてはならないのは、ジロジロではなく自然の流れの中での観察です。
観察力を磨くことにより、要望や期待がわかり、会話の糸口が見つかります。
 
ただし、触れて欲しいのか、そうでないのかを、判断するために、
観察力を磨き、情報を小出しにしていくことだと思います。



201404211838_2-300x0.jpg
「5月度ブランディングセッション」を開催します


201403161614_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp


201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年04月29日(火)更新

ブランディングとは主体的なコントロールのこと

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


ミッションに基づき、経営を主体的にコントロールすることがブランディングです。
コントロールできないことをやると、ブランドはすぐに崩れていく。
 
だからこそ、やらないこと、売らない相手、扱わない商品・・・
これらを決めることがすごく大事。

決まっていることによりコントロールがしやすくなる。
 
 
今回だけ特別に、硬いことは言わずに・・・これに対応していることがブランドを弱くする。
気がつくと、今回だけが当たり前になってしまう。


201404291348_2-300x0.jpg
 
「千𠀋の堤も蟻の穴から決壊する」という例えがある。
これを防ぐには「神は細部に宿る」という考えを徹底することだとつくづく思う。

やっぱり自分に対する小さな約束を守ることが主体的なコントロールの基本だな。


201404211833_2-300x0.jpg
「5月度ブランディングセッション」を開催します


201403161614_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp


201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年04月26日(土)更新

違いを明確にすることから生まれるコミュニケーション

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 

今日は天気も良かったので、浅草、銀座をウォッチングしました。

吾妻橋のアサヒビールのビアホール「フラムドール」で飲んだ
墨田川ブルーイング 下町エール」、おいしかったあ。
201404261922_3-300x0.jpg 201404261922_4-190x0.jpg

浅草と銀座を歩きながら感じたのはアジアの観光客の多いこと。

銀座4丁目の交差点に立っていると、聞こえてくる外国語ばかりです。
目をつむるとここはどこなのかと思ってしまうほどです。
 

そういえば、先日読んだ「不可能を可能にするビジネスの教科書」の中で、
星野リゾートの代表の星野佳路さんがこんなことを言っています。

「2017年にインバウンド(海外から日本を訪問する観光客)と
アウトバウンド(日本から海外に出て行く観光客)が逆転する」
 
インバウドがアウトバウンドを上回ることにより、さまざまな課題が予想されますが、
とくにコミュニケーションの問題が大きいですね。


ところでコミュニケーションってよく使いますが、その意味はどう理解したらいいのでしょうか。
 
一般的には、意思や感情、思考を伝達し合うことがコミュニケーションと言われています。
意思の疎通、心の通い合いということから、
和気藹々とした雰囲気になることをコミュニケーションととらえる見方が少なくありませんね。
 
それは、共通点を見つけることがコミュニケーションのポイントいう考え方につながっています。

もちろん、これも大事なことだと思うのですが、
コミュニケーションって共通点からしか生まれないのでしょうか。
 

個人的には、コミュニケーションはお互いの違いを認識し、理解し合うことだと思います。
共通点を探すために、違いから目を背けるのは本当のコミュニケーションではないように思います。
 
経営も同じです。異なる価値観の人たちがひとつのことを成し遂げようとするのですから、
お互いの違いを認めることがまず先決。
それを前提としてどうしたら物事がスムーズに進むのかを話し合うことがコミュニケーションです。
 

コミュニケーションがうまく行っていないと感じたら、
共通点ばかりに目がいっていないか、違いをきちんとお互いに認めてあっているか、
そこから始めるのがいいようですね。

まあ、長年いっしょに暮らしているかみさんとのコミュニケーションが
一番難しいのですが・・・。
 

201403161613_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp

201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 

2014年04月25日(金)更新

無理と無茶

「小さくても光り輝くブランドをプロデュースしている」クエストリーの櫻田です。

 
仕事をする、あるいは生きるということに付きものなのは「無理」と「無茶」です。
とくに仕事の場面では、取引先からの要望や期待でこのことを感じます。
 
でも「無理」と「無茶」は同じように感じるかもしれませんが、根本的に違うように思います。

「無理な要望はがんばってやる」、しかし「無茶な要望は断固として拒否する」
これが会社のメンバーと共有していることです。

 
無理はお互いの共通の期待感です。
自分たちの実力を伸ばすチャンスになります。

しかし、無茶は利己的な一方的な期待感です。
取り組んでも、メンバーの気持ちが荒むだけです。
往々にして無茶の前提になっているのはお金を払っているという意識です。

 
社長としてはメンバーの気持ちが荒むような
「無茶」はどんなことがあっても阻止します。


売り上げや利益の問題ではありません。
大げさに聞こえるかもしれませんが、小さな会社であっても気概の問題です。

 
仕事はいっしょに作り上げるもので、どちらが上とか下とかではありません。
無茶を拒否する時には、もちろん自分勝手になっていないかを念入りに精査してのことです。
 
厄介なのは相手に無理と無茶を区別する意識がないことです。
こうなると話し合いになりません。

誤解を恐れずに言うと
同じ土俵に立ったらダメ、お互いに傷つくだけです。
 
「やんわりとかわせばいい」という人もいますが、そんなきれいごとではありません。

会社のミッションに基づく判断です。



201404211838_2-300x0.jpg
5月度ブランディングセッションを開催します

201403161614_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp


201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年04月24日(木)更新

「なぜ」を考える習慣

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


先日、「在り方」「やり方」「動き方」ということをブログに書きました。
今回はその続きのような話です。

201404221026_1-400x0.jpg
 
繁盛している店や売れている商品を前にしたときのことです。
どうしたらお客様が来るのか、売れるのか、それを知りたくなるのが普通ですよね。

同業者であればあるほどなおさらです。
とくに気になるのはその「やり方」や「動き方」です。
 

しかし、「やり方」や「動き方」は、繁盛できた人、売れた人がなし得たことです。
それをそのままあなたが受け入れてもうまく行く保証はどこにもありません。

それをなし得た人やコトやモノには、必ず固有の背景があるからです。

 
大事なのはやり方、動き方を生み出すもとになった「在り方」です。

この在り方に着目する人は思ったよりも少ないですね。
なぜならば、すぐに取り組めるやり方や動き方の方が、
手軽ですし、すぐに成果が出るという思い込みがあるからです。

 
ブランディングのコンサルティングを仕事にしているうちに、
いつの間にか「なぜ」というセンサーが常に働くようになりました。

そのセンサーがとくに反応するのは、やり方、動き方を決めている「在り方」です。
 
 
それは「なぜ」という質問になって現れます。

何が売れているのか、どのようにしてお客様を集めているのかも確かに大事ですが、
なぜ繁盛しているのか、なぜ売れているのか、
この問いこそが繁盛や売れていることの本質の理解につながります。

 
これは能力ではありません。
習慣のスウィッチを少しだけ変えることによって可能になります。

やり方や動き方の前に「在り方」はどうなのか?
この思考回路を身に付けると、おもしろいように自分独自のやり方や動き方が生まれてきますよ。

 
でもこれを本気でやろうとする人は極めて少ないのもまた事実。
身に付き、習慣化できるまではわかりにくく、面倒だからです。

だからこそチャンスなのになあ。
とくに資本力、人材力が限られた中小企業にとってこの習慣は強い味方になりますよ。



201404211833_2-300x0.jpg
5月度ブランディングセッションを開催します


201403161614_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp


201403161613_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 
 

2014年04月23日(水)更新

「至り尽くせり」ではなく「至らず尽くさず」

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

 
「至らず尽くさず」

これは3月に開催したブランディングセミナーで「ワインツーリズムやまなし」の
プロデューサーの大木貴之さん(LOCAL STANDARD株式会社 代表)が講演で語った言葉です。

201404231242_1-300x0.jpg

ワインツーリズムやまなしのコンセプトは「至らず尽さず」、
普通は「至り尽くせり」ですよね。
 
お客様満足の前提にあるのは、まずはお客様に負担や迷惑をかけないこと。
その上で、さらにもう一つ上の満足を提供するのが普通です。

お客様の求めていることを先回りして解決する取り組みですね。
そう考えると「至り尽くせり」になるのがやっぱり一般的です。

 
では、なぜ「至らず尽くさず」なのでしょうか。
大木さんは「ワインツーリズムやまなし」の目的を次のように語っています。

「ワインツーリズムやまなしが取り組んでいるのは、
単なるワイナリー巡りのようなプログラム作りではなく、
ワイナリーのある地域全体を楽しめるようにすることです。」
 
そのために大木さんたちが用意したのは、地域をめぐるためのツーリズム当日だけのバスルート。
それと地域のマップとワイナリーのガイドブックです。

もし「至り尽せり」の発想であれば、案内ガイドも必要になるかもしれません。
 
しかし、あえて過剰なおもてなしやサービスをしない、
いや限られた資金と人材力ではできないと言った方がいいのかもしれません。

しかし、しないこと、できないことが
参加者にとって心地よい体験を生む仕組みづくりになっているのがすごい。
 
例えば、バス停はあえてワイナリーの前には置かず、
地域を歩いてもらえるようなルートで設定してあります。

「住んでいるように歩いた方が魅力的になる。地図を片手に迷うのも面白い」と大木さんは語ります。

201404231242_2-300x0.jpg 201404231242_3-300x0.jpg

これまで「ワインツーリズムやまなし」に3回参加をしましたが、
「あそこのワイナリーに行き、そのあとこの店で食事をとる・・・」
毎年自分でコースを作るのも楽しみのひとつです。

道に迷って、地元の人に聞いたことにより、
思いがけない会話に発展したこともあります。

 
「至らず尽くさず」は「ワインツーリズムやまなし」のことだけでしょうか。

提供者側が目の前の短期的な「お客様満足」を徹底することにより、
利用者側が考える余地を失ってしまってことがたくさんあります。


便利、簡単、わかりやすいが必ずしもいいこととは限りません。
お客様は何から何までやってもらうことを望んでいるわけではありません。

ご自分で考え、ご自分でやっていただくことも、満足の一つになります。
大事なのは目指すべきコンセプトを実現するために、何が本当に必要なのかという問いかけです。

 
その問いかけがないまま、単純に引き算をすると、
提供側が手を抜いたとしか思えないものになってしまいます。

提供者側も利用者側もともにハッピーになれるポイントを
導き出すことがお客様満足の本質だと思います。



201404211838_2-300x0.jpg
「5月度ブランディングセッション」を開催します


201403161613_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp


201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年04月22日(火)更新

「できること」「やりたいこと」そして「求められていること」

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 
 
どうしたらいいのか経営の舵取りに迷う経営者が多いですね。
僕も小さな会社の経営者だからわかるけど、迷わない方がおかしい。

でも大事なのは「何で迷うか」だと思うなあ。


経営の迷いの根本的な要因は、軸が決まらないこと、立ち位置が見えないことだと思います。

なぜならば、迷いの多くは情報に右往左往し、
周りの動きに振り回されていることから生まれているからです。

 
ブランディングの大事な取り組みの一つに、自社の経営資源を絞り込むがあります。
絞り込まなければ、さまざまな取り組みも拡散してしまう。力が分散するだけなのです。

虫眼鏡を思い出して欲しい。太陽の光を焦点に集めれば熱を帯び、やがて燃え出します。
 
 
経営も同じです。絞り込まなければブランディングは進まない。
では、どのように絞り込んだりいいのか?

それがタイトルの3つです。
「できること」「やりたいこと」、そして「求められていること」の3つの方向の絞り込みです。

201404221026_2-400x0.jpg
「できること」「やりたいこと」は自社の強みであり、違いです。
これだけでは、実は同質化競争の罠に陥ります。

その罠を回避できるのが「求められていること」です。
この3つの重なるところが、あなたの会社の軸であり、立ち位置です。
 
それを昇華したものが「ミッション」。やはり経営にはミッションが不可欠ですね。


201404211838_2-300x0.jpg
5月度ブランディングセッションを開催します

201403161613_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp

201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年04月21日(月)更新

石川光男先生の「自然に学ぶ共創思考」の先見性

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


本日2本目のブログです。
昨日、久しぶりに石川光男先生の著書
「自然に学ぶ共創思考」(日本教文社)に目を通しました。

読んでいるうちに、先生に講演をお願いするために、
国際基督教大学を訪れたときのことが思い出されました。

201404211838_1-300x0.jpg 

その中の次の一文に強く納得です。
本書の初版発行はいまから19年前の平成5年、石川先生の先見性に胸が震えます。
 
少し長いのですが紹介しますね。
 
 
大量生産と大量消費の経済システムに基づいた高度成長期には、
大量の知識の伝達による画一的な人間の養成が、
マニュアルに従って作業をする部品のような人間の供給に役立ちました。
先にふれた「強い企業」をめざした時代には、そのような人間が戦力として十分役立ったのです。
 
ところが「賢い企業」にとっては、型にはまった知識だけを身につけている人間よりも、
個性的で挑戦意欲があり、失敗から学ぶ人間が必要でした。
ホンダの育ての親、故本田宗一郎氏は入社試験の際に、ビリから採用するように指示したそうです。

入社試験のビリも大切な個性の一つと考えた本田氏の人間観が型にはまっていないところに
「賢い企業」を育てた秘密の鍵の一端が見えます。
入社した若者に型にはまらないアイディアを自由に出させ、
失敗の体験から学ばせることによって、ユニークな商品をつくり出しました。
 
第三世代の「志の高い企業」は、このような自立性と創造性に加えて
「何をしなければいけないか」という社会性を身につけた社員が必要になります。

すなわち、個人としても、社員としても、
広い視点に立った社会的な〈役割認識〉が必要となりました。
 
第四世代の「使命感の進化した企業」にとって必要なのは、
近代工業化社会のなかの欠点を見きわめ、過去の失敗から学ぶことができる人です。

人間を超えた視点をもち、百年先、三百年先を考える人材が、第四世代の企業にとって不可欠です。


「5月度ブランディングセッション」を開催
201404211838_2-300x0.jpg


201403161614_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp

201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 
 

2014年04月21日(月)更新

豊富な知識は感じる心を弱くさせる

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。


「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。

これは「センス・オブ・ワンダー」や「沈黙の春」などの著書で知られる
アメリカの生物学者の「レイチェル・カールソン」の言葉です。

本当にそう思います。とくに毎朝のFacebookに季節の草花の画像の投稿で実感します。

201404210928_1-300x0.jpg
この方がレイチェル・カールソンさん
 
ご自宅には広い庭があるんですかと言われたともありますが、自宅はマンション。
ほとんどが通勤途中や外出や散歩で出会った草花ばかりです。
それをスマホやタブレットで撮影しています。
 
道端に座り込んだおじさんを、高校生が不思議そうに見ながら通り過ぎていきます。
最初はともかくいまはまったく気になりません。

それよりも花を撮影していて電車に乗り遅れることの方が心配です。

 
さぞかし草花の知識があると思われるかもしれませんが、ほとんど知りません。
それでも2年近く投稿していると、いくつかは自然と覚えるようになりました。
 
いまはインターネットで検索をすれば、ある程度のことはわかりますが、
特別に名前や由来に興味があるわけではありません。

201404210928_2-300x0.jpg

それよりも、知識だけで判断し「わかったつもり」になることの方が怖い。

知識豊富な人ってすごいとは思いますが、
それでわかったつもりになっていると、人間としてどこかおもしろみに欠けます。
 
 
それよりも「わあ、きれい」「こんなに小さいのに健気に咲いているなあ」
「雨に濡れてもシャキッとしているね」・・・こんな風に感じたままに撮影しています。


それに同じ草花でもよく見ると、みんな個性があって同じ個体はありません。
毎日見ているとそんなことに気がつくようになりました。
 
豊富な知識は感じる心を弱くさせるのかもしれませんね。

201403161614_8.jpg
クエストリー:http://www.questory.co.jp

201403161614_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年04月19日(土)更新

​「ブランディング定期点検メール」が700号になりました

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 

毎朝、「クエストリー・ブランディングクラブ」の会員の皆さまにお送りしている
「ブランディング定期点検メール」が本日で700号。
会員の皆さん、お読みいただいていますか?
 

一昨年の5月からスタートした「ブランディングクラブ」のレギュラーコンテンツは、
この点検メールの他に、毎週金曜日に配信をしている「クラブ会報」、
年に2回開催の「ブランディングセミナー」、4回開催の「ブランディングセッション」です。
 

5月19日(月)は「ブランディングセッション」を開催します。

テーマは「コラボレーションの生み出し方」、
ゲストは、久米繊維工業株式会社 会長の久米信行さんと村上弘典さんです。
村上さんは「日本酒Tシャツ」のプロデューサーです。

詳しくはこちら
http://www.questory.co.jp/Portals/0/image02/201405session.pdf
 

ちなみに本日の「ブランディング定期点検メール」は次のような内容でした。

 
おはようございます。
 
今日の「ブランディング定期点検メール」、テーマはこちら↓↓   
 
★★【価値を軸にした儲かる仕組みの精度を高める?
  基本を洗い出し、期間別にやるべきことを明確にする】★★
仕事の基本って何ですか?
 
今回で1日点検メールも700回を迎えます。
1日1日、ブランドになるためのセルフチェックの
お役に立てていたら嬉しいです。
 
さて、今日から新しいテーマに入ります。
価値を軸にした儲かる仕組みの精度を高める、第9弾。
基本を洗い出し、期間別にやるべきことを明確にするです。
 
よく「仕事は基本が大事」だと言います。
あなたの会社・お店の仕事の基本って決まっていますか?
 
そもそも、仕事の基本とは何でしょうか?
 
さぁ、今日も一日、張り切っていきましょう!  
 

 
201403161613_8.jpg 
クエストリー:http://www.questory.co.jp

201403161613_9.jpg
クエストリー・ブランディングクラブ
http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx
 
 
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2014年4月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...