大きくする 標準 小さくする

2014年01月20日(月)更新

ミッションは縛るものではなく、解き放つものです。

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 

先日、古いおつきあいのある経営者の方と食事をごいっしょしました。
食事中に、最近クレドを作られたとのことで、その話題になりました。
 
「何のためにクレドを作られたのですか?」
「クレドがあると、社員にこうしなければいけないと言えるからです」

他意はないのだと思いますが、ちょっとひっかかりました。
 

クレドでも、経営理念でも、ミッション(弊社はこう呼びます)でも
言い方はどうでもいいのですが、それは考えや行動を縛るためのものではないと思っています。
 
「誰を、何を通じて、どのように幸せにするのか」という「在り方」を規定したのがミッションです。
経営者側に都合の良いルールブックではなく、他にない独自性を熟成するためのものです。
 
社員を規制し、縛るためのものではなく、
むしろあることによって、考えや行動が既成概念から解き放たれるのが本来の姿です。
 
「ミッションに基づいて、いままでの既成概念をどんどん打ち破ろう」
・・・こんな経営者の宣言がほしいなあ。
 

クエストリー:http://www.questory.co.jp
クエストリー・ブランディングクラブ:http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年01月17日(金)更新

葛飾応為とレンブラント

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
 
先日、江戸東京博物館で開催中の「大浮世絵展」を観てきました。
正直言って浮世絵にそれほど関心があったわけではありません。

201401171636_1-450x0.jpg
 
しかし、案内に書かれていた「浮世絵の“教科書”、“国際選抜”となる展覧会」
という言葉に強く惹かれたのです。
 
会場には、国内外から集められた代表的な約350点(東京会場以外は430点)が
時代ごとに6つの章で構成されており、浮世絵の全史を観ることができます。
 
歌麿、写楽、北斎、広重などのスター絵師の活躍はもとより、
初めて知る絵師たちの作品にすっかり魅了されました。
 
あらためて思ったのは、浮世絵っておもしろいということ。なかでも強く惹かれたのが、
葛飾北斎の娘で同じ浮世絵師の葛飾応為(おうな)の作品です。
 
10点ほどしか作品は残っていないらしいのですが、展示されたのはその中の名作「夜桜図」です。

右の作品は出展されていませんでしたが、
「吉原夜景図」、独特の猥雑感を感じる何とも言えない陰影あふれる作品です。

201401171636_2-150x0.jpg 201401171636_3-350x0.jpg

話は変わりますが、2005年にスイス、フランス、ベルギーを10日間ほどかけて回りました。
その時にベルギーで光の魔術師の異名を持つレンブラントの作品を観ました。
 
葛飾応為の作品を観たときに思い出したのが、このレンブラントでした。
葛飾応為の作品もレンブラントに負けず劣らず陰影に満ちた作品なのです。
 
ちなみに下の画像はレンブラントの有名な「夜警」という作品です。
葛飾応為の作品と比べてみてください。

201401171636_4-350x0.jpg

この「大浮世絵展」は3月2日まで江戸東京博物館で開催され、
その後は名古屋市博物館/年3月11日(火)~5月6日(火)、
山口県立美術館/5月16日(金)~7月13日(日)を巡回するそうです。 
 

クエストリー:http://www.questory.co.jp
クエストリー・ブランディングクラブ:http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx

2014年01月06日(月)更新

久米信行さんの『ピンで生きなさい』を読了

「小さくても光り輝くブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

 
師匠として尊敬している久米信行さんの
『ピンで生きなさい』(ポプラ新書)を年末に読了しました。
本をいただき、出版記念の会にも参加しながら、読み終わるのが遅くなりました。



201401061821_1-250x0.jpg

久米さんと始めてお会いしたのは、 2008年11月05日のこと。
東京都中央区の「へそ展」で開催された久米さんの講演に
まったく予備知識なく参加したのです。


その時の印象は強烈。仕事の方向性がぼんやりとしていた時でしたので、
この人にはもう一度会わなくてはとすぐに名刺交換をしました
(1番と思ったのですが、2番でした)。

もう一度お会いしたい旨を伝えると、「ランチをいっしょに食べましょう」との言葉。
以来、師匠のお一人です。弊社の集まりでは毎年講演していただいています。



本書には、ピンで生きるためのヒントが31章にまとまられています。
僕も中小企業の経営者の一人として、
そうだよなあ、そうだよなと感じるところ極めて多い本です。

もちろん中小企業であろうとも会社は組織です。
それでもやはりピンの視点がなければ中小企業の経営の舵取りをすることは難しい・・・。


ちょっと乱暴な言い方かもしれないけど「ピンの視点がなければやってられない」。
中小企業は名刺にも看板にも頼れません。

それらを盾にした相手にこれまでどれだけ腹を立てたことか。
とくに創業間もないころの銀行の対応はひどかったなあ。
「嫌ならよそへどうぞ」と言い放ったTM銀行の対応にはいまでも怒りがぶり返します。


いっしょに会社を立ち上げた仲間はいましたが、やはり孤独でした。

さすがにいまでは腹を立てても何も変わらない、
それよりもいま目の前の厄介ごとを少しでも楽しもうと思えるようになりました
(時々そうでもなくなりますが・・・)。そう思わないとやってられないのが本音です。



多くの経営者がそうかもしれませんが、
経営の舵取りに迷い苦しみ、時にはぶれる時があります。
時にはそうではないだろうと思いながらも失敗の道に踏み込んでいきます。

そのたびに仲間や周りを振り回している自分に嫌気がさしてきます。
そんな時のために、第4章には「ピンで生きるのが辛くなったとき」が用意されています。


ピンで生きる人は、「孤独になることを厭わない力=孤独力」が、
自己成長や自己実現のエンジンになることを確信している。

何よりも大切なことは、孤独に「道」を歩んでいる同志が、
今も昔も「どこかにいる」と信じていることだ。

独りで道を歩む有名無名の同志たちが社会を革新してきた。


・・・しみじと感じます。いいですねえ。


僕も一冊だけですが、本を出しているので感じるのですが、
『ピンで生きなさい』は目次構成がしっかりとしています。

あとがきを読むと久米さんと編集者の力の結晶ということがよくわかります。
久米さんのお人柄なんだろうなあ。

中小企業の経営者にこそ読んで欲しい一冊です。
あっ、もちろん経営者でなくてもお勧めですよ。ぜひ、ご一読を。



クエストリー:http://www.questory.co.jp
クエストリー・ブランディングクラブ:http://www.questory.co.jp/tabid/120/Default.aspx


 

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2014年1月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...