大きくする 標準 小さくする

2013年01月11日(金)更新

「レスポンシブル・カンパニー」を読んでの感想

 「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 

201301111734_2.jpg

年末年始休暇に、「レスポンシブル・カンパニー」(ダイヤモンド社)と言う本を読みました。
サブタイトルに掲げられているのは「パタゴニアが40年かけて学んだ企業の責任とは」。
 
本書はアウトドア関連のグッズと衣料の企業「パタゴニア」の創設者であり
オーナーであるイヴォン・シュイナードと、
フットプリント・クロニクルの共同編集者であるヴィンセント・スタンリーの共著です。
 
パタゴニアの本と言えば、同じイヴォン・シュナイダーの
「社員をサーフィンに活かそう」が知られていますが、
本書には、パタゴニアが長い年月をかけて積み重ねてきた経験をもとに、
現代における企業の責任とは何かが述べられています。


仕事で「ミッション」の立案をお手伝いすることが多いのですが、
その過程で「果たすべき役割はどこに対してなのか」という論議を抜きにすることはできません。
 
本書では「オーナー、社員、顧客、地域社会、自然」という
5種類の利害関係者に対する責任とは何かについて、「パタゴニア」の考え方を説明しています。
 

本書の一番の肝になっているのは5番目に「自然」が入っていることです。
 

大量生産によってムダを省き、生産性を上げて安値を実現してビジネスモデルはもう限界にきていること、
経済性の向上を目指すと自然環境の破壊を繰り返さざるを得ないということ、
この点については誰しも同感だと思います。
 
家庭ゴミは廃棄物の25%にすぎず、残り75%は企業から排出されているという事実、
消費欲求を高めるために次々と発表される新製品、そのためのコストは膨大です。
(これにパタゴニアの考えはシンプル。
コストを減らし、長持ちする合理的な製品を作ればいい、確かにそうなんだけれども………)
 
「いまの産業モデルは200年も前のものであり、
環境的にも社会的にも経済的にも持続不可能になっているが、
どのようなものであれ、事業をおこなおうとすれば、産業モデルの現状から逃れることができない。」
と本書では述べられています。
 
「その現代における事業責任と言うものを、地球環境が危機的状況にあり、
経済も大きく変貌しようとしていることを踏まえて考えなおそう」と言うのが目的です。

 
しかし「利益をきちんと出しながら、同時に進行している環境上の破綻への速度を遅らせる」という問いかけは
シンプルだけれども、実は経営する立場に立つと結構悩ましい。
 
自然への責任を果たすことが、本当に企業の収益性につながるのかを言う問いに対して、
本書では、イヴォン・シュイナードらが立ちあげた
「1%フォー・ザ・プラネット」という組織の加盟企業のトップ5社は、
景気が大きく落ち込んだ時期でも史上最高の売上を記録した事実を挙げています。
 
消費者は、景気が冷え込み、財布のひもを締めなければならなくなったときに、
尊敬、信頼する会社から買おうとすることを挙げています。

これもよくわかります。だから企業にはミッションが必要です。
 

本書の一番すごいところは、巻末の資料にあるように思います。

あらゆる企業が今後数年のうちに取り組む必要のある活動が具体的に挙げられています。
著者は確実にコストダウンになり、
それが自然に対する責任につながることから始めればいいと言っています。

ウチの会社もこれを参考にして、できることから始めようと思います。
 
パタゴニア自体も、数多くの失敗を経て、
あるべき方向性を見つけ出してきたことがわかりやすく紹介されているので、これも参考にあります。
 
いろいろな見方がありますが、「自然対する責任」は
企業が避けては通れない道であることは間違いないことだと感じました。

2013年01月08日(火)更新

今月は2ヶ所のセミナーで講演をさせていただきます。

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。
 

今月は2ヶ所のセミナーで講演をさせていただきます。
 
ひとつは、1月17日(木)に開催される「B-nest 静岡産学交流センター」主催の「マーケティング支援講座」です。
「B-nest」は静岡の起業・中小企業を応援している組織です。
 
「中小企業のブランド価値の見つけ方、育て方」というタイトルで
18時30分から2時間話させていただきます。
会場は「静岡市産学交流センター6階プレゼンテーションルーム」です。
 
詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.b-nest.jp/news/seminar/e4feec1e7281750ffe24a7bd134ce86b.html
 

もうひとつは、1月23日(水)に開催される社団法人「日本ジュエリーデザイナーズ協会」の「JJDA講座」です。
「日本ジュエリーデザイナーズ協会」はジュエリーデザインの発展を通して
生活文化の向上と産業の発展に寄与することを目的として活動している団体です。
 
「作り上手の伝え下手から抜け出そう」というタイトルで18:30から2時間の講演です。
会場は有楽町の「東京国際フォーラムG-410」です。
 
詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.jjda.or.jp/seminar/2012/201211_appli_jan.pdf
 

どちらも一般参加OKですので、もしよかったらお申込みくださいね。
ご参加いただいた方がよかったと言っていただけるようにがんばります。

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2013年1月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...