大きくする 標準 小さくする
次ページ

2012年07月31日(火)更新

「アンパンマン」のミッションをご存知ですか?

「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 
先週の週刊「文春」(8月2日号)に、
漫画家の「やなせたかし」さんの興味深い内容のインタビューが掲載されていました。
 
やなせたかしさんの代表作といえば、絵本、アニメ、映画で大ヒットし、
子供だけでなく大人にも人気の「アンパンマン」ですね。


201207311639_3-300x0.jpg

 
「アンパンマン」の原型作品は、1969年に「PHP」誌に連載されていた
大人向けの読み物「こどもの絵本」の第10回連載の「アンパンマン」だそうです。
 
このときの「アンパンマン」は空腹の人のもとへパンを届ける小小太りのお兄さんでした。
もちろん頭もアンパンではなく普通の人間でした。
 
この話をもとにして頭が「あんパン」の「あんぱんまん」が登場したのは1973年のこと。
幼児向け絵本「キンダーおはなしえほん」(フレーベル館)10月号に掲載されました。
ちなみにこのときはひらがなの「あんぱんまん」でした。
 
絵本の「アンパンマン」の当初のテーマは「貧困に苦しむ人々を助ける」というものであり、
小さな子供たちには難解だとして編集部や批評家、幼稚園の先生などから酷評されたそうです。
 
しかし、「アンパンマン」は次第に子供たちの間で人気を集め、
幼稚園や保育園などからの注文が殺到するようになったのです。

「アンパンマン」の体型も読者である子供たちに合わせて8頭身から現在の3頭身へと変わりました。
 
週刊「文春」にはこんなことが書かれていました。


201207311639_4.jpg


「やなせたかしさんが書きたかったのは格好悪い正義の味方だという。
従来のヒーロー像に疑問を持っていたやなせ氏にとって本当の正義の味方とは、
ひもじい人を助けに行くアンパンマンのような存在だった」
 
また週刊「文春」とは別のインタビューでも、やなせさんは
「究極の正義とはひもじいものに食べ物を与えることである」と述べています。

子供向けの単なるキャラクターだと思っていましたが、「アンパンマン」には明確なミッションがあったんですね。
 
「アンパンマン」はいまでは日本だけではなく、中国や東南アジアに広がり、
英語はもちろんのことフランス語、イタリア語にも翻訳されています。
 
「アンパン」は日本の発明ですので外国にはありませんが、
これだけ支持されている背景にあるのは「アンパンマン」の「ミッション」への共感だと思います。
 
やはり「ミッション」って大事ですね。
 

2012年07月30日(月)更新

映画「エクソシスト」は苦手だけど、このCM作品はすごいね。

「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 
映画は大好きだけど、唯一ダメなのがオカルト映画。
以前はたまに観たけど、やっぱりダメ、観ているうちに疲れてしまいます。

とくに多くの人が名作という「エクソシスト」はまったくダメ。
一度は観たけど、二度と観ないね。(作品の素晴らしさは認めます)


201207301350_2-300x0.jpg 


突然CMの話になりますが、この作品はすごいね。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=aGb8pMIeY6w&noredirect=1

「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」、「The One Show」と並ぶ
世界三大広告賞の「CLIO Awards」の2012年の受賞作のひとつです。

思わずうなってしまいました。
 
その作品とは学生部門からシルバーを受賞した
ドイツの掃除機メーカー「Dirt Devil」のCM、何とタイトルは「The Exorcist」。

僕の苦手な映画「エクソシスト 」を見事にパロディにしたCMです。
演出、カメラワーク、どれをとっても学生の作品とは思えないクオリティ。
 
ディレクションしたのはドイツの映像学校「Film Academy Baden-Württemberg」に通う
「Andreas Roth:アンドレアス・ロス」監督。1987年生まれの25歳なんだって(若いなあ)。
 
なんだ「エクソシスト 」のパロディ?
そのままじゃないかと思わないで、終わりまで見てください。

最後の最後でやられますから・・・。

上質なクリエイティビティを感じますね。これからが楽しみな若手の映像作家です。
 

他の受賞作品もおもしろいですよ。
http://white-screen.jp/?p=16868
 

2012年07月29日(日)更新

ジャズグループ「MJQ」の二つの名称

「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 
「MJQ」といえば独特のスタイルでいまでも熱烈なファンを持つジャズカルテットです。
 
「MJQ」は、1951年に「ミルト・ジャクソン(ヴィブラフォン)」、「ジョン・ルイス(ピアノ)」、
「パーシー・ヒース(ベース)」、「ケニー・クラーク(ドラムス)」の4人で結成されました。
 
201207291533_1-300x0.jpg

当初は「ミルト・ジャクソン」が音楽監督でしたが、やがて「ジョン・ルイス」が担当するようになり、
このことが「MJQ」の音楽スタイルを決めることになりました。
 
「ジョン・ルイス」はクラシックとジャズの精神を融合させることに情熱を注ぎ込み、
これまでの黒人音楽にはなかった独特のスタイルを作り上げました。
 
当初は「ジョン・ルイス」の知的な演奏と「ミルト・ジャクソン」のブルージーな雰囲気がよく噛み合って、
「MJQ」といえば他にないエレガントな音楽をイメージさせました。
 
数々の名曲、名演奏がありますが、
代表作はジプシーギターの「ジャンゴラインハルト」に捧げた「Django:ジャンゴ」。
クールでアーティスティックな魅力にあふれています。
 
しかし、二人の音楽性の違いは徐々に広がっていき、
1974年に「ミルト・ジャクソン」がグループを離れ、「MJQ」は解散します。
(1981年に再び結成されました)
 
確かに後年の「ジョン・ルイス」の作品はジャズの範疇に収まらないものも数多くあります。
(僕自身はどちらかといえば「ミルト・ジャクソン」の方が好み)
 
ところで、書きたかったのは「MJQ」というグループ名のこと。
結成した1951年当時は「MJQ」は「ミルト・ジャクソン・カルテット(Milt Jackson Quartet)」の略称でした。
 
ところが、翌年には同じ「MJQ」ですが、
正式名称を「モダン・ジャズ・カルテット (Modern Jazz Quartet)」と変更したのです。
 
名称変更の理由と誰が決めたのかはわかりませんが、
確かに「ジョン・ルイス」のクールな室内音楽的なスタイルには「モダン・ジャズ・カルテット」方が似合います。
 
「MJQ」の名称変更は、スタイルを表現するためにはネーミングが大事ということを教えてくれますね。

2012年07月28日(土)更新

「移転お知らせ」のお手本みたいな貼り紙

「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。

会社に来る時には有楽町の駅からてくてくと10分ほど歩きます。

銀座の中央通りを通り越して、先の昭和通りを渡るのですが、
結構楽しくておもしろい発見があります。
(いまは歩くのはちょっと暑いけどね)

昭和通りを越えたところに、半年ほど前から空き家になったビルがあるのですが、
そのビルに貼ってあったのが「麻雀教室」の移転のお知らせ。
(ぼくは麻雀はやらないけど仕事柄で目にとまりました)


201207281705_1-300x0.jpg


移転の案内って意外と難しい。

地図と住所を書けばいいと思っているのが大半ですが、
見てもピンとこないことが少なくありません。

この貼り紙の地図はわかりやすいね。
しかも新教室の場所が黄色くなっていて、5階ということもすぐにわかります。

さらに、この貼り紙にはこう書いてあります。

「場所がわからない場合は、この場所から動かずにお電話をください。
すぐにお迎えにあがります。」


そして、この貼り紙の中で電話番号が一番目立ちます。

移転先はすぐ裏手で込み入ったところではないので、
たぶんわかると思うけれども、
「麻雀教室」に来た人の気持ちをしっかりと押さえています。

しかも、無駄がまったくない。
変にデザイン的に上手にまとめようとするとこういうのは作れませんね。

わかりやすくて親切な「移転のお知らせ」のお手本です。

2012年07月24日(火)更新

「比較をしない、競わない」という経営

 
 「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 
セミナーなどで講演をしている最中に、「そうかこういうことか」と思い付くことが時々あります。
昨日の「中央区経営セミナー」の講演中に感じたことがあります。
 
「同質化」と「独自化」の話をしていた時のことです。
「同質化競争」は同じステージで、基本的には同じやり方で
相手に勝ってビジネスや商売を伸ばしていくことです。
 
この競争にはゴールはありません。
あるとしたら、どちらかが負けだと認めた時か倒れた時です。
やはり資本力に勝る大手が有利であることも否めませんね。
 
「そうかこういうことか」と思ったのは、シンプルなことですので、
「何だ、そんなことか」と感じるかもしれませんが、
「独自化経営」を目指す前に、この同質化競争に巻き込まれないことが大事だということです。
 
独自化と叫ぶよりも、「比較をしない」、「競わない」ということのほうが肝心なんじゃないかなと思ったのです。
 
勝とうとしないことといってもいいかもしれません。
自分がいいと思うことをとことんやるだけのこと、そこには勝ち負けなんか関係ありません。
 
そうはいってもビジネスや商売は戦いだという考え方もあります。
自分が望まなくても競争に巻き込まれてしまうという考えもあります。

それでも、向うべきは自分自身です。
 
戦いで勝ち抜くことが好きな人はそうすればいいだけのこと。

周りがどうとかこうとかということでもなく、「独自化経営」を目指すということでもなく、
自分は何が楽しいのか、どういう状態が気持ちいいのかを追い求める経営です。
 
そんな弱気で、後ろ向きで、自分勝手でいいのかと思うかもしれませんが、
実はこれが一番強く、快適な経営だと思います。

そこを大事にして、積み上げていった結果、
周りから見ると「独自化経営」といわれるのではないでしょうか。

2012年07月23日(月)更新

「あの件はうまくいきそうにないのでやめることにします」

 「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 
「あの件はうまくいきそうにないのでやめることにします」といわれることってありませんか。
コンサルティングの仕事をしているよく出くわします。
 
その時にひっかかるのは「うまくいきそうにない」という一言。

一概にすべてがそうとは言いませんが、
「どこまでやった結果なのか」がすごく気になるのです。
 
もちろん、とことんやった結果ならば問題がないのですが、
案外そうではないケースが多いように感じます。

だから、「ちょっとやっただけでうまくいかないと判断していいのかなあ」、そう思ってしまうのです。
結果を出している人って、やっぱりとことんやっています。
 
往々にしてそういう経営者の多くは勉強好きです。
勉強好きはいいのですが、新しいやり方に出会うとすぐに飛びつくのはどうなんでしょうか。

そんな魔法みたいなものってありません。
ついでに申し上げますと、新しいやり方にすぐ飛びつく経営者は、
取り組んだことが長続きしないという特徴もあるように感じます。
 

201207231957_1-300x0.jpg

 
「エレーナ・イシンバエワ」というロシアの棒高跳びの女性アスリートがいます。
2005年に棒高跳で女性では不可能と言われていた5mの壁を初めて突破した選手です。

「ワールドレコードアーティスト」の異名を持ち、世界記録更新はいままでに27回。
現役の選手のなかで最多の世界記録更新回数を誇っています。
 
棒高跳びは1㎝刻みの勝負です。

「もういいか」と思ったらそれで記録は終わり。
「まだまだやれるはず」という気持ちがなければ27回も記録を塗り替えることはできません。
 
「エレーナ・イシンバエワ」と比べるつもりはないけれども、
「うまくいきそうにない」という一言、
経営者が簡単に口に出してはうまくないように思うこの頃です。

念のために、こういう話しを書くと、「そういうことが最近あったの?」
と思われるかもしれませんが、そうではありませんよ。

以前から感じていたことを、「イシンバエワ」選手で思い出したから書きました。

2012年07月20日(金)更新

「不満の声」よりも「喜びの声」に着目しましょう

「人々が幸せになるにブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。

経営において数字を見ることは大事ですが、
「何が正しいのか」、「お客様がどんなことを求めているのか」は、数字だけからは見えません。

数字の裏側になる事実を知ることがすごく大事。それを教えてくれるのが「お客様の声」です。

しかし、「お客様の声」は大事なのですが、
「お客様の声」の通りやれば商売やビジネスがうまくいくとは限りません。

実はお客様の要望や期待の中には、
かなり勝手な意見やその場の思いつきが含まれていることも事実です。

とくに不満やクレームの声は気になりますよね。
これが頻繁に寄せられると無意識に「お客の声」を避けたくなります。

その不満やクレームに敏感になり過ぎると、社員の気持ちは委縮し、
前向きな行動が少なくなり、働くモチベーションが低下します。

もちろん、安全や信用に関わるようなものはすぐに対応する必要があります。

でもね、出来ることを超えたものや個人的な感情だけに由来する不満やクレームと
一つひとつ向かい合うわけにはいきません。
「無茶な声」は思い切って無視することも必要ですね。

「不満の声」よりも大事なのは「喜びの声」です。
「喜びの声」には、自分勝手な我がままや無理難題な意見は入り込みません。
それにお金を払っておべんちゃらをいう人もいませんよ。

要はお客様の素直な感情が「喜びの声」ですね。

「不満の声」は社員を委縮させますが、「喜びの声」は社内を明るくします。

小さなつぶやきの様な声でもいいのです。
「喜びの声」はどんどん社内に広めましょう。壁に貼り出したっていい。ウェッブサイトで発信するのもグッド。

不思議なもので「喜びの声」が満ちあふれてくると、「ありがとう」という感謝のオーラで仕事が包まれます。

すると、これまで避けていた「不満の声」の肝が見えてきます。

そして、「ようし、真剣に解決しようや」という前向きな思考と行動が生まれてきます。

2012年07月16日(月)更新

社用車も大事な「コンタクトポイント」です。

 「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。

201207161656_3-300x0.jpg

店や会社と顧客との接点を「コンタクトポイント」といいます。
ブランディングでは、この「コンタクトポイント」は重要な取り組みのひとつですが、これがなかなか曲者。
主体的にコントロールしなければ、すぐにお客様との間にイメージのギャップが生まれます。
 
「コンタクトポイント」は何が難しいのでしょうか。

まず一つ目は、「コンタクトポイント」は無限にあること。
顧客との接点ですから実に様々です。
だからこそ、意思を持って主体的に統一することが求められます。
(しかも、ときには時代に合わせた巧みな変化も必要になりますね)
 
二つ目は、目に見えるものも見えないものもあること。
五感を通じて伝わるものすべてが「コンタクトポイント」です。
店内のBGMも香りも大事な「コンタクトポイント」です。
弊社の「本物を扱う宝石店に飾る花は生花にしましょう」という提案もこの理由からです。
 
3つ目は、時間の経過によって変質しがちであること。
伝言ゲームに少し似ているのが「コンタクトポイント」です。
最初はきちんとしたものが、伝わっていくうちにどんどん変質し、
似ても似つかないものになる可能性があります。だからこそ継続性が求めあられます。
 
そんなことをブランディグではいつも考えているのですが、
今日の出勤途中に銀座3丁目のシャネルの近くで見かけた車がすごかった。

201207161656_4-300x0.jpg
 
まあ、これを見た人は間違いなく花屋か植物関連の会社の車だと思うでしょうね。
 
茶色のボディとグリーンの人工芝が社名の「BOTANICAL」を見事に表現しています。
ネットで調べたら青山のキラー通りにある花屋「Botanical FUGA」さんの社用車のようです。
車体のマークはこの会社のロゴマーク。
 
たかが社用車、されど社用車!社用車は大事な「コンタクトポイント」です。
ここまで主体的にコントロールしていることがすごい。
しかも、デザインがユニーク、ちょっと愛嬌さえも感じます。

「Botanical FUGA」→http://fuga-tokyo.com/green/
 

2012年07月15日(日)更新

「レイモンド・チャンドラー」の創り上げた世界観

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースするクエストリーの櫻田です。
 
201207151820_1-300x0.jpg

昨日、有楽町の三省堂書店で並んでいる本を見ていて感じたことですが、
「推移小説」はたくさん出版されているけど、
「探偵小説」というジャンルはどうもぱっとしなくなってきていますね。
その代わり警察小説が増えたかな。
 
「探偵小説」の作家といえば、その代表格は1930年代に
探偵「フィリップ・マーロウ」を生み出した「レイモンド・チャンドラー」です。

日曜日の午後、急に読みたくなって、
自宅の本棚の奥から「さらば愛しき人よ」を取り出してみました。
 
ページをめくると、あらすじはあまり覚えていないけど、
「マーロウ」を初めとした登場人物の性格や考え方がかなり詳しく書かれていることに気が付きます。

「推移小説」は謎解きがおもしろさですが、「探偵小説」では謎解きは付け足し程度のようにも感じます。
 
ワクワクするような派手なストーリーで一気に引っ張られるではなく、
犯罪現場の家具や調度品、街の風景やその雰囲気、登場人物の着ている服や言動などが
一つひとつ積み上がってその世界に惹きこまれて行くのが「チャンドラー」の魅力です。
 
「タフでなくては生きていけない。優しくなくては生きる資格はない」
この有名な言葉も「マーロウ」の生きるスタイルを表現するために創作されたもの。

「長いお別れ」の原稿が長すぎるという編集者に向かって「チャンドラー」がおもしろいことをいっています。
 
「作品の長さを三分の一に縮めるなんて、そんな馬鹿なことはできません。とんでもない。
そんなことをすれば、その小説は、アンチョビー、パルメザンチーズ、ガーリック・クルトンの入っていない
シーザーサラダと同じになってしまいますよ。
それともニューヨークには、シーザーサラダってのはないのですか?」
 
登場人物の、大事にしている、譲れないこと、守り続けること・・・・
これらを積み上げて、ひとつの世界観を創り上げていった「チャンドラー」。

もちろん、小説と現実は違うけど、
これって店や企業のスタイルづくりと共通しているように感じますね。


201207151820_2-300x0.jpg
 
これは映画の「さらば愛しき人よ」・・・よかったなあ。
「ロバート・ミッチャム」と「シャーロット・ランプリング」が
小説の雰囲気をうまく出しています。

2012年07月13日(金)更新

クリエイティブの力ってすごい。

 「人々が幸せになるブランドをプロデュースする」クエストリーの櫻田です。
 
これなんだかわかりますか?メガネの広告らしいのです。
視力検査風の表現がポスターですが、これなら男性は小さなアイコンまで見ますね。

201207131718_1-300x0.png
 
 
弊社の行動指針は「ユーモアと好奇心と遊び心を大切に」
最近気が付いたことですが、これってクリエイティブの条件です。
 
クリエイティブの力ってすごい。
 
重いテーマもユーモアで表現すると伝わるし、
難しい内容も好奇心を引き出すことが出来るし、
とげとげしいことでも遊び心があれば笑いを引き出せます。
 
そんなことを感じさせてくれるのが「世界のおもしろい広告」。
他にも紹介サイトやブログがたくさんありますが、このサイトは定期的に掲載しています。
http://www.ideaxidea.com/archives/2006/10/post_152.html
 
見ていると、こんな手があったかと思います。
発想が柔軟になり、おもしろいアイデアが生まれてきそうです。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2012年7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...