大きくする 標準 小さくする

2012年01月28日(土)更新

今週の【ブランディング会社の社長のつぶやき】

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
  
20120121_8-100x0.jpg Facebookに毎日投稿している
 【ブランディング会社の社長のつぶやき】の
 今週分(1月23日~27日) をまとめてみました。
 今週は出張先からスマホで投稿することが
 多かった週でした。
 少しでもブランディングのヒントになればと思います。 
 

【1月23日(月):ブランディング会社の社長のつぶやき】
3月7日(水)に東京国際フォーラムで開催する「第25回ブランディングセミナー」。特別ゲスト講演は朝霧重治氏(協同商事・コエドブルワリー代表取締役社長兼CEO)。昨日あらためて「COEDO」ビールの資料を読み返しましたが、まさに瀬戸際からの復活。おいしいと言うことは大きな条件ですが、それと支持されることは別もの。おいしさを、目指すべき消費者の価値でどうくるむかが求められています。http://www.coedobrewery.com/
 
【1月24日(火):ブランディング会社の社長のつぶやき】
不毛な競争の同質化経営から「独自化経営」にシフトするにはどうしたらいいのでしょうか?自社の持つ「強み」や「違い」を活かすことが大事ですが、それだけでは再び同質化競争になる可能性があります。「強み」や「違い」よりももっと重要なのは「好き」の力。好きで夢中になれることが「強み」と「違い」つながった時、初めて「独自性」の扉が開きます。
 
【1月25日(水):ブランディング会社の社長のつぶやき】
「まいった、しんどい」が口癖の社長。「ありがたい、ついてる」が口癖の社長。無意識に出るのが口癖だけど、社長の口癖に社内は感化される。しょぼい社風はしょぼい口癖から生まれると言うこと。その反対もまたしかり。この口癖の感化力を侮ってはならないね。
 
【1月26日(木):ブランディング会社の社長のつぶやき】
ブランディングには「選択と集中」が不可欠ですが、どこにフォーカスするかの見極めが大事。人真似でフォーカスすると前よりも悪くなる。肝は「やりたいこと」と「出来ること」と「求められていること」の重なる1点を見つけ出すこと。とくに「求められていること」を外すとアウト。
 
【1月27日(金):ブランディング会社の社長のつぶやき】
「ミッション」を浸透させる時の失敗のひとつが“出来ていないことを指摘する”こと。これが繰り返されると、「ミッション=叱られる」という構図が出来てしまいますどうしても出来ていないところに目が行きがちですが、それよりも“これはミッションに基づく行動だね”と言う“出来ていること”の確認が必要です。“出来ているよね”の確認により、“「ミッション」に合っていないことは何だろう”と言う疑問が浮かびます。


2012年01月24日(火)更新

「あるもの探し」で「価値のタネ」を見つける

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

3月7日(水)に開催する「第25回ブランディングセミナー」のテーマは「眠っている価値を掘り起こせ!」。

1月18日(水)のブログで「当たり前の中に価値が眠っている」を書きました。
http://questory.keikai.topblog.jp/blog_detail/&blog_id=7&id=38

素晴らしい「価値のタネ」があるのに、身近だと意外と気が付かないんですよね。
“灯台もと暗し”ということですね。

「価値のタネ」探しをすると、不思議なことに自店にかけていること、
不足していることばかりに目がいくことが少なくありません。

「価値」と言う言葉を難しく考えて、何かと特別なもの、優れたものでなければと思いこんでしまうのです。

その行きつく先は、他店や成功事例との比較です。
“ウチにも○○○の様なものがないかな”、“○○○があればいいのに”………。こんな感じですね。

でも、これは「ないもの探し」です。

人には自分になくて他人にあるものを求める傾向があります。
その挙句、“やっぱりウチには価値のタネなんかないぞ”と言って、
「価値のタネ」を探すことをあきらめてしまいます。

すべての悩みは比較から始まると言います。

「価値のタネ探し」に比較は必要ありませんよ。ないもの”をいくら探しても見えてきません。

見つめなければならないのは、他ではなく自分のなかの、“あるもの”の事実です。

3月7日(水) の「第25回ブランディングセミナー」では、
“価値のタネ”を「見つける、育てる、カタチにする、伝える」の4つのステップを、
事例を交えてその具体的にご説明します。

3月7日(水)、ぜひご予定くださいね。


第25回ブランディングセミナーのご案内

■日 時:3月7日(水)13:30~18:00
■会 場:東京国際フォーラム(G-408)
■テーマ:眠っている価値を掘り起こせ!


★特別ゲスト講演:
朝霧重治氏 ?協同商事 コエドブルワリー 代表取締役社長 兼 CEO

新たなポジショニングで、新しい市場を切り開いたCOEDOビールのブランディングに迫る!


詳細とお申し込みはこちらから→http://www.questory.co.jp/


2012年01月23日(月)更新

映画「アメリカングラフティ」を思い出しました

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

今日、Googleのニュース(http://eiga.com/news/20120123/3/)を見てびっくり。

アメリカの女優プライス・ダラス・ハワードの出産のニュースですが、
そのことよりも彼女の父親である映画監督「ロン・ハワード」の
変わりように驚いたのです(57歳ですから僕と同世代)。

ロン・ハワードはいまでは映画監督として有名ですが、
学生時代に観た「アメリカン・グラフティ」に俳優として出ていました。
ちょっと気弱な優等生の役でした。

この映画は、1960年代のサンフランシスコを舞台に、
高校を卒業して新しい人生を歩んで行く、前の日の夕方から翌日の朝までを描いた作品。
ロマンスと車とロックンロールが満載で古き良きアメリカが描かれています。

「アメリカン・グラフティ」、この映画好きだったなあ。何回も観た覚えがあります。

その昔、渋谷に全線座と言う映画館がありましたが、1977年に閉館。
その時の最後の上映作品が確か「アメリカン・グラフティ」のリバイバルだったように思います。

ちなみにこの映画の監督・脚本はジョージ・ルーカス、プロデューサーはフランシス・フォード・コッポラ。
考えてみると、すごく贅沢な編成です。

他の出演者は、リチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、
チャールズ・マーティン・スミス、シンディ・ウィリアムズなどなど。
そう言えば、ママス&パパスの娘も出ていたように思います。

いまではアメリカを代表する俳優ですが、みんな当時は無名。でもキラキラしていました。
その後、スターウォーズでブレイクするハリソン・フォードは端役で、しかもチンピラのお兄ちゃんの役でした。

映画全体を貫いていたのが、ラジオDJのウルフマン・ジャック(しかも本人)とロックンロール。
最後の「オンリーユー」が流れるシーンに胸がキュンとしたものです。

You Tubeでも観れます。
http://www.youtube.com/watch?v=tp1yhPwnOjc

2012年01月21日(土)更新

今週の【ブランディング会社の社長のつぶやき】

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。
  
20120121_8-100x0.jpg Facebookに毎日投稿している
 【ブランディング会社の社長のつぶやき】の
 今週分をまとめてみました。
 感じたことを気ままに書いているので、
 ちょっと脈絡がありませんが、
 一応ブランディングに関することです。

 


【1月16日(月):ブランディング会社の社長のつぶやき】
ブランディングって楽しいのにどうしてみんな取り組まないのだろう。同質化競争がそんなにいいのかなあ。一度きりの人生なんだから、人と同じじゃつまらなくないかな。自分がやりたくて、しかも人の役に立つ仕事が必ずあるよ。大事なのは本気でそう思うかどうか。
 

【1月17日(火):ブランディング会社の社長のつぶやき】
「ブランド」の原点は家畜に押していた“焼印”のことだとよく言われますが、ちょっと首をかしげます。焼印は生産者側だけの区別だけでしかありません。商業が発達し、消費社会が出来上がると「ブランド」は生産者とお客様の関係へと変化していきます。生産者側の区別だったものが、お客様側からの区別の基準にもなってきました。
それを後押したのが18世紀の大量輸送手段の発達。これにより見たことのない品物が生活の身近に押し寄せました。同時に選択の基準が難しくなり、偽物も登場し、商標の考えが生まれました。このあたりが原点だと思うですが………。しかし、現在の「ブランド」の概念では商標だけではなく、商品、サービス、店、企業へと広がり、「価値の在り方」そのものに焦点が当たっています。
 

【1月18日(水):ブランディング会社の社長のつぶやき】
ブランディングプロジェクトには複数の人が関わる。だからおもしろいし、またその反対に難しい。大事なのは能力や経験ではなく、物事の判断基準が同じ方向を向いているかどうか?違いの許容範囲を相等絞らないとうまくいかない。ちょっとした甘さが裏目に出ることを痛感。
 

【1月19日(木):ブランディング会社の社長のつぶやき】
同質化競争で戦っている人は「トレンド」が気になって仕方がない。しかも「トレンド」の表面をなぞっただけのパッチワークに一生懸命。ブランディングに取り組んでいる人は「トレンド」は研究するが、基本的には無視をする。人は「トレンド」になろうとして商売や経営をしているのではなく、周りがそれを「トレンド」として評価していることを知っているからです。「トレンド」の後追いはブランディングには合いません。
 

【1月20日(金):ブランディング会社の社長のつぶやき】
ブランドの「ミッション」は精神論ではありません。「ミッション」と「行動」はセットです。横断歩道をお年寄りが大きな荷物を持って渡ろうとしています。親切心がいくらあっても、走って行って“荷物を持ちます”と言わないと親切な行動にはつながりません。「ミッション」は親切心だけではなく、荷物を持つと言う「行動」が伴って意味をなします。
 

【1月21日(土):ブランディング会社の社長のつぶやき】
「ウチの会社にブランドにつながる価値なんてものがあるのかねえ」と言う声に対して、いつも答えるのは「価値がないところはありません。気が付いていないだけのこと。価値はじっと眠ったままですよ。そろそろ起こしましょう」。本当にそう思います。世の中を幸せにする価値を経営の軸に据えましょう。

2012年01月18日(水)更新

当たり前の中に「価値のタネ」が眠っている!

「第25回ブランディングセミナー」の詳細が下記の通り決まりました。

特別ゲスト講演は朝霧重治氏です。朝霧さんはいま話題の“COEDOビール”を作っている
株式会社協同商事・コエドブルワリーの代表取締役社長です。

先日お会いしてきましたが、ブランディングに取り組まれている方にとっては、まさに必聴の講演になります。

さて、今回のセミナーのテーマは「眠っている価値を掘り起こせ!」。

ブランディングプロジェクトでいつも感じることは、
外部から見ると素晴らしい「価値」があるのに、身近だと気が付かないと言うこと。

いつもやっていることなので当たり前過ぎるんでしょうね。

“ウチの会社にブランドにつながる価値なんてものがあるのかねえ”と言う声に対して、いつも答えるのは、
“価値がないところはありません。気が付いていないだけのことです。
価値はじっと眠ったままですよ。そろそろ起こしましょう”と言うこと。

青森県八戸市に“せんべい汁”と言う郷土料理があります。

南部煎餅の“かやき煎餅”を使い、醤油ベースの鶏や豚の出汁で
ごぼう、きのこ、ネギ等の具材といっしょに煮立てたものが“せんべい汁”です。
不思議な食感がクセになる美味しい料理です。

200年も前から食べられてきたこの“八戸せんべい汁”を
一人でも多くの人に食べてもらい、全国ブランドにして町おこしをしようと
2003年に旗揚げされたのが“八戸せんべい汁研究所”です。

所長の木村聡さんのお話をあるセミナーで聞く機会がありました。

“八戸せんべい汁研究所”の活動に対して、地元の反応は冷ややかだったそうです。
“だーも、せんべい汁たべるがー”(せんべい汁なんか誰も食べたがらないよ)。

さらには“せんべい汁何かでアピールするのは恥ずかしい”
と言う声さえも聞こえてきたのです。

他から見ればユニークで新鮮に感じられる“八戸せんべい汁”ですが、
地元から見るとあまりにも当たり前過ぎてそれに光を当てることに抵抗があったのですね。
しかし、B1グランプリへの出場ををきっかけとして“八戸せんべい汁”はブレイクしました。

いまや八戸を代表する郷土料理として広く知られ、地元の八戸も注目を集めるようになりました。

“八戸せんべい汁研究所”の当初の目的通り、八戸の町おこしの推進力になったのです。
これと同じような事例は会社や店にもたくさんありますよ。

どうしたら、眠っている価値を掘り起こすことが出来るのでしょうか。
掘り起こす前に、“価値のタネ”を見つけるにはどうしたらいいのか、
その具体的なシナリオを今回のセミナーでご紹介します。

3月7日(水)、ぜひご予定ください。



第25回ブランディングセミナーのご案内

■日 時:3月7日(水)13:30~18:00
■会 場:東京国際フォーラム(G-408)
■テーマ:眠っている価値を掘り起こせ!


★特別ゲスト講演:
朝霧重治氏 ?協同商事 コエドブルワリー 代表取締役社長 兼 CEO

新たなポジショニングで、新しい市場を切り開いたCOEDOビールのブランディングに迫る!


詳細とお申し込みはこちらから→http://www.questory.co.jp/

2012年01月16日(月)更新

今日は20世紀を代表する画家「アンドリュー・ワイエス」の命日です。

今日1月16日は僕の大好きなアメリカの画家「アンドリュー・ワイエス」の命日です。
「アンドリュー・ワイエス」は2009年に91歳で亡くなりました。

リアリズムの極致のような作品を数多く残していますが、いつもどこかに深い孤独感が漂っています。

初めて、その作品をある雑誌で観たのは確か高校生の時でした。
「クリスティーナの世界」と言う作品でしたが、不思議な構図と作品の持つ孤独感に強く惹かれました。

ニューヨーク近代美術館の(MOMA)でそのあこがれの「クリスティーナの世界」を観たのは
いまから25年ほど前ですが、しばらくその前から動けなかったのを覚えています。

1990年に池袋のセゾン美術館(懐かしいなあ)で観た「ヘルガシリーズ」の作品展も忘れられません。
今夜は「アンドリュー・ワイエス」の「ヘルガ・ピクチャー」を開いてみたいと思います。

いつか「アンドリュー・ワイエス」が数多くの作品を描いた、
アメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外のチャッズ・フォードを訪ねてみたいと思っています。

そう言えば、この経営者会報ブログの最初の更新は2009年1月20日に
「アンドリュー・ワイエス」が亡くなったことを書きました。
http://questory.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=10012717


20120116_4-400x0.jpg













「クリスティーナの世界」

2012年01月10日(火)更新

橋本佐内が15歳の元服の時に綴った「啓発録」

昨日は成人の日、各地で成人式が開かれました。
今年成人になった若者は、1991年生まれ。

この年の1月に湾岸戦争が勃発しました。米軍の空爆をテレビを見たのを覚えています。
6月には長崎県の雲仙普賢岳で大火砕流が発生し、多くの方が亡くなりました。

「宮沢りえ」のヘアヌード写真集「Santa Fe」が発売されたのもこの年でした。
ロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーはエイズのため11月に死去。
そして12月にはソビエト連邦が消滅し、11の共和国から成る独立国家共同体が設立されました。

ところで、成人と言うと幕末期の越前国福井藩士の「橋本佐内」を思い出します。

西郷隆盛をして尊敬すると言わしめた橋本佐内は、
安政の大獄で吉田松陰らとともに、26歳の短い生涯を終えます。

その橋本佐内が昔の成人式に当たる元服の15歳の折に綴った「啓発録」と言う書物があります。

この「啓発録」に書かれているは、橋本佐内が自己の行動規範を五項目に渡って記したもの。
橋本佐内の思想や行動の根幹を成す書物と言われています。

15歳と言えばいまの中学生ですよ。
自分が何をしていたかはよく覚えていませんが、遊びまわっていたことは確かです。
幕末の志士たちは本当にすごいですね。

橋本佐内が「啓発録」に綴った五項目とは次の通りです。

「稚心を去る」(子どもじみた甘えを脱却せよ)、
「気を振う」(悔しさをを知って、人に負けまいと強く決意せよ)、
「志を立つ」(自分の目標を揺ぎなく定め、ひたすら精進せよ)、
「学に勉む」(優れた人物の立派な行いを見習い、実行せよ)、
「交友を択ぶ」(自分の向上につながる友を択(えら)べ)
※松下政経塾HP参照

3.11の東日本大震災以降、とくに日本のあるべき姿が問われていますが、
橋本佐内の「啓発録」に書かれていることは、
現代の日本人が失いかけ、忘れかけていることのように思います。

原本は漢詩ですが、講談社学術文庫からわかりやすい現代語訳が出ていますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E5%95%93%E7%99%BA%E9%8C%B2-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-568-%E6%A9%8B%E6%9C%AC-%E5%B7%A6%E5%86%85/dp/4061585681

2012年01月03日(火)更新

酷評されたストラヴィンスキーの「春の祭典」

あけましておめでとうございます。
「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

2012年が始まりましたね。
今年の干支は「辰」。「昇り竜」と言う言葉があるように竜は天に昇るとされています。
今年が皆様にとって「上昇の年」になることを願っております。

さて、元旦に新聞5紙を読みました。日経、朝日、読売、産経、毎日です。各紙が共通して述べていることは、
これまでの資本主義経済、民主主義の枠組みが、世界中で崩れつつあると言うことです。

世界中がつながっているグローバル経済、インターネットによる情報開示、
ソーシャルメディアの急速な進化、世界の覇権国の交代、政治のリーダーシップの不在………

しかし、それに代わる新しいパラダイムが見えているかと言うと、これもまた極めて不透明です。

2012年は、世界レベルの経済や政治だけではなく、
会社や店においてもいままでの経営の在り方を変えていかざるを得ない年になると思います。

しかし、年末にも書きましたが、それは恐れおののくことではなく、幸せな新しい社会に向けての変化です。

もちろん、その変化は一様ではなく、各社、各人によって異なります。
しかし、共通しているのは、変化を歓迎し、受け入れ、出来ることから一つひとつ変えていく姿勢です。

何よりも大事なのは変化を恐れないことです。変化しないことが一番のリスクです。

新しいことの始まりには、必ずアレルギーが発生します。
「題名のない音楽会21」で20世紀の名曲ベスト30に選ばれたロシアの作曲家「イーゴリ・ストラヴィンスキー」の
バレー音楽「春の祭典」は、1913年5月29日のパリ初演の時には、徹底的に酷評されました。

複雑なリズム・ポリフォニー・不協和音に満ちたこの曲は、
演奏途中に客席からブーイングが起こり、演奏そのものが聞こえなくなったほどです。

振り付けのニジンスキーは、舞台で踊るバレリーナのために、舞台の袖で手拍子を打っていたと言います。

さらに、演奏途中に一部の称賛派との間にけんかが始まり、けが人も出たほどの大騒動となりました。

しかし、いまでは「春の祭典」は20世紀を代表する傑作として高い評価を得ています。
変化の過程においては、アレルギーはあって当然です。変化のためには必要なプロセスなのです。
僕自身も2012年、変化を恐れずに、変化を待つのではなく、自ら変化を起していきます。

「春の祭典」はこちらからどうぞ(ズービン・メータ指揮:イスラエル交響楽団)
http://www.youtube.com/watch?v=nhPiDQWCHE4

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2012年1月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...