大きくする 標準 小さくする

2010年09月13日(月)更新

映画「小さな村の小さなダンサー」を観る

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

先週の土曜日に銀座シネスイッチで「小さな村の小さなダンサー」という映画を見ました。

小さな村の小さなダンサー
画像は「小さな村の小さなダンサー」の公式サイトよりお借りしました。

この映画は、自由を求めて中国から米国に亡命した
元バレエダンサー、リー・ツンシン氏の自伝を映画化したものです。
7年前に発表され、ベストセラーになった原作のタイトルは「Mao's Last Dancer」、
邦題は「毛沢東のバレエダンサー」です。

監督はブルース・ベレスフォード氏。1989年に公開された「ドライビングMissデイジー」の監督です。
制作チームは、実在のピアニストの半生を描いたオーストラリア映画「シャイン」のスタッフです。
主演のリー役には、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパル、ツァオ・チー氏。
となると期待せずにはいられませんが、やはり期待以上の映画でした。

小さな村の小さなダンサー②
画像は「小さな村の小さなダンサー」の公式サイトよりお借りしました。

ストーリーはネタばれになるので書きませんが、
印象に残ったのは、旧ソ連の名ダンサー、ミハイル・バルシニコフのビデオを見て、
バレエの魅力にとりつかれるシーン。これで本格的にバレエの道を歩んでいくことになります。

それと時の権力者、江青女史がバレエを観るところです。「踊りは問題ないようでしたが、
なぜ銃や手榴弾を使わなかったのですか?政治的な意図はどこにあるのですか?」
と関係者に尋ねるシーンも印象的でした。
その後、江青女史好みに演出されたバレエはこれぞ中国というバレエでした。

バレエには個人的には興味はないのですが、
主役を演じるツァオ・チー氏が躍る映画のバレエのシーンはすごいですよ。
まさに人が空を飛ぶような舞台です。最後のシーンでは思わず涙が出てしまいました。

亡命して29年、現在49歳のリー・ツンシン氏は
バレエのパートナーと結婚し、オーストラリアで暮らしています。

亡命をテーマにしているため、中国では上演禁止になっているようですが、
インターネットで多くの中国の方が見ていると思います。

「小さな村の小さなダンサー」公式サイト
http://chiisanadancer.com/index.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

クエストリーのメンバーのブログです

left  right

left  right

left  right

2010年09月10日(金)更新

体力勝負の1週間でした

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

今週は実に慌ただしい1週間でした。
台風もきたし、出張もあったし、来客もあったし、夜の会食も多かった。

6日(月)はイタリアから来日したシェルカメオ作家、アニエッロ・ペルニーチェさんと
第一ホテル東京で11月の甲府の展示会の打ち合わせ。この日に来日したばかりでしたが、
1時間半ほど話し合いを行い、新作を見せていただきました。
ご子息のアントニオ・ペルニーチェさんの作品が進化しているのに驚きました。

プリマヴェーラ
アニエッロ・ペルニーチェさんの新作「プリマヴェーラ」

7日(火)は福島県郡山市へ。「日専連の集いin郡山」(主催:日専連東福地区連合会)からのお招きで、
「あなたの店のブランド価値の創り方、伝え方」と題して1時間半の講演を行いました。
参加者は東北の日専連の加盟店の経営者の方々が約100名、皆さん熱心に聞いてくださいました。

8日(水)は社内でたまっている原稿や企画書のまとめや打ち合わせを行い、
夕方から台風の雨の中を千葉県柏市へ。
お取引先の2010年度経営計画発表会と会長さんの引退のお祝い会に参加しました。
11時過ぎに会場のホテルを出て駅に向かうと人身事故で常磐線が不通。
地下鉄千代田線で都内に戻るともう12時過ぎでした。

萩原会長
萩原会長、お疲れさまでした。

9日(木)は、10時すぐに福井のお取引先の社長さんが来社。
11月の店舗の増床改築、オープニング企画、ウェッブサイトのリニューアルなどのミーティング。
お昼はごいっしょに築地のお寿司屋さん「すしざんまい奥の院」へ。
その後、お台場の国際展示場で開かれているギフトショーへ。
この時点で相当バテバテ、でも収穫がいくつかありました。
その後は中野に移動し、お取引先の社長さんと会食。終了したのは11時近い時間でした。

そして、今日は終日社内で電話連絡、原稿の整理、ミーティングなど。
ランチは岡本マネージャーと打ち合わせを兼ねて、築地のイタリアン「CAVATAPPI」へ。
いつもは待たされるのに、今日はすぐに入れました。あいかわらずおいしい。

まあ、忙しいことはうれしいことです。しかし、今週は無事乗り切れましたが、
夏の疲れが出る頃ですので、週末はゆっくりと休息して、体調を整えようっと。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

クエストリーのメンバーのブログです

left  right

left  right

left  right

2010年09月02日(木)更新

うまいぞ!「横須賀海軍カレー」

「人々が幸せになるブランド」をプロデュースしているクエストリーの櫻田です。

海軍カレー1

昨日のお昼時、1時過ぎにはお取引先に出かけなくてはならず、
食事をどうしようかなと思っていた時に思い出しました。
横須賀のお取引先から頂いた「横須賀海軍カレー」があったことを。

しかも、会社の台所には、レトルトのごはんもあります。
(料理好きと食べて飲むことが大好きなメンバーがいるので、いろいろなものが揃っているんです)

海軍カレー2

海軍カレー3

本当は、ジャガイモなどのや野菜を炒めていっしょに加えるといいようですが、
さすがに急ごしらえなのでそこまでは手が回りません。
ということで、レンジでチンして「横須賀海軍カレー」を食べました。
レトルトと侮っていたのですが、これが実に濃厚な味でおいしかったのです。

パッケージにはこんな説明文が書かれていました。
明治時代「洋食」といえば、それはカレーライスのことだった。
文明開化の象徴ともいうべきこのカレーライスを本格的に取り入れたのは
横須賀を発祥の地とする旧帝国海軍だった。
その後、呉・舞鶴・佐世保の旧鎮守府を通じ、全国に拡がった。
後に日本人にもっとも馴染みの深い食事となるカレーライスは、
横須賀の海軍から始まったのである。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

クエストリーのメンバーのブログです

left  right

left  right

left  right

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2010年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...