大きくする 標準 小さくする

2009年06月29日(月)更新

第3回ショップブランディング実践塾が終了

「店がブランドになる」ことを支援、プロデュースしているクエストリーの櫻田です。

3月からショップブランディング実践塾を8回シリーズで開催しています。
この塾は、店がブランドになるための“技”を学び、磨きをかけることを目的としています。
参加者は限定10名です。

第1回目は「ブログ」、第2回目は「ミッションレター」を取り上げました。
そして、先週の24日(水)に第3回ショップブランディング実践塾を開催いたしました。
今回のテーマは「お店通信で店のファンを作る」。

自店のお店通信づくりに具体的に取り組み、ダミープランではありますが、
2回のワークタイムを通して、お店通信のタイプ、タイトル、コンテンツ、
代表的なコンテンツの文章原稿をひと通り完成させました。

第3回実践塾

第1回のブログも第2回のミッションレターもそうでしたが、
実践塾では技を理解しやすくするために、ツール制作や技術のためのワークタイムを取っていますが、
結果としてはミッションにたどり着きます。個の中に全体があるという感じです。
今回のお店通信は特にこの要素が強いテーマでした。

次回は、7月15日(水)に銀座ブロッサムで開催いたします。
テーマは「体験型DMでお客様が集まる」です。
案内には次のように書かせていただきました。

成熟市場の販売促進は「体験」を売ること

モノがなかなか売れません。
昨年秋からの世界的な経済不況の影響という声を聞きますが、本当にそれだけでしょうか。
不振をもう少し本質的に考えますと、市場が成長期から成熟期に移行していることが根底にあります。

成熟市場の消費者の要望・期待と店との間にギャップが起きているのです。
そのギャップは様々なところで起きているのですが、
今回の実践塾では販売促進の要である「DM」をテーマにして考えてみたいと思います。

商品の機能や特徴、そして価格のみを訴求するDMは成長市場ならばまだしも、
モノが生活にあふれている成熟市場では効果を生みだしません。
「買って、買って」といえばいうほどお客様の腰が引けていくのです。

「買いたい」の前に「欲しくなる」を創り出すことが、成熟市場のポイントです。
「欲しくなる」を創り出すには関心と共感が必要です。
そのためには、私たちは「体験」をキーワードに販売促進を再度組み立て直し、
大きな成果と効果を創り出しています。

第4回ショップブランディング実践塾では「体験型DM」を具体的な事例を交えて解説いたします。
また、ワークタイムでは、明日からすぐに使える体験型DMづくりにご自分で取り組んでいただきます。
「体験型DM」を実践的に学ぶ絶好の機会です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月22日(月)更新

現場は情報の宝庫、やっぱり動くことです

更新が1週間ほど出来ませんでした。かなり過密スケジュールでした。
その分、たくさんのお取引き先の方とお会いすることが出来ました。
よく飲んで、食べて、語り合った1週間でした。

月曜日の午前中は都内のある宝飾・時計メーカーの方と打ち合わせでした。
午後からは社内で進行中のプロジェクトの話し合いと資料づくり。

火曜日は甲府のダイヤモンドメーカーを訪問して社長さんとスタッフの方とミーティング、
この会社の社長の言葉にはいつもハッとさせられます。
理念で社員や外部の職人をひとつにまとめています。

その日の夕方に河口湖の小売店さんを訪問、夜は社長、幹部の方とごいっしょに食事。
この日は河口湖に一泊。翌水曜日の午前中はそのお店で社員ミーティング、
お昼は森のなかの異彩中国菜館「湖宮」で食事、湯麺がおいしかった。

異彩中国菜館「湖宮」→http://www014.upp.so-net.ne.jp/kokyu/

午後からは引き続き、幹部ミーティング、夜9時近く東京に戻りました。
この日はいい天気で富士山が美しい姿を見せてくれました。

木曜日は午前中社内、午後からはロイヤルパークホテルで
自動認識システムの総合メーカー、㈱サトーの講演を聞く。
新しい気づきがたくさんあったセミナーでした。

この日の夜は都内で暮らしている娘の誕生日のお祝いで食事、
プレゼントとお寿司で予定外の出費、娘には甘いなあ。

金曜日は埼玉県加須市の小売店の展示会を視察、
そのまま国立市の小売店に移動して、夜は食事をごちそうになりました。
おいしい焼き鳥のお店でお酒と楽しい会話で盛り上がりました。

土曜日は午後から月に一度の会社メンバーズミーティング、
7~9月の方針と行動計画を話し合う。向かうべき方向がさらに具体的になってきました。
夜はメンバーと銀座のイタリアンレストラン「GINZA NONNINO」で食事、
初めて入った店ですがおいしかった。

「GINZA NONNINO」ぐるなび→http://r.gnavi.co.jp/e204900/

景気がどうのこうの、課題をどうするこうする、頭で考えていても何も変わりません。
基本は自分の立っている現場に足を運ぶことです。
いつも思うことですが、現場は情報の宝庫です。課題解決のヒントでいっぱいです。

そして、現場のトップやプロジェクトの担当者と本音で話し合うことです。
こちらが真剣にならなければ、相手は動きません。
皆さんご自分の会社のこと、顧客のことをド真剣に考えています。
本当にスゴイ方ばかりです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月16日(火)更新

突然の「鉄板焼 Kurosawa」での食事

「店がブランドになる」ことを支援プロデュースしているクエストリーの櫻田です。

昨日の夕方、突然富山のお取引き先の社長からご連絡をいただきました。
いま東京に来ているのでいっしょに食事をしようということで、
弊社の近くにあります「鉄板焼 Kurosawa」に行きました。

「レストラン黒澤グループ」→http://www.9638.net/index.html

「鉄板焼 Kurosawa」は、築地の路地奥にある築80年の民家を改装したお店で、
和と洋が調和したノスタルジックな雰囲気の空間です。

このお店を運営しているのは㈱食文化総研という会社。
日本を代表する映画界の巨匠である黒澤明監督の食卓をテーマとした
「レストラン黒澤グループ」を、築地、永田町、六本木、麻布の4か所で展開しています。
店内には、黒沢監督の撮影風景の写真やご本人が描かれた絵が飾られていました。

黒澤

おいしいステーキをいただきながら、社長からご商売のことをいろいろと聞かせていただきました。
このお店のスゴイところは社員教育を徹底していること。
最終的な競争力は人材とよくいいますが、それを本気でおやりになるお店は決して多くはありません。

「ブランドは、ブランドの力があるから売れるのであり、これを勘違いする社員がいる。
本当に実力があるのはノーブランドの品が売れる人、
それだけお客様との関係が出来ている証拠。」

社長は「コツコツやるのが勝つコツ」ということをよく話されますが、
地道におやりになりながら、まわりがあっというような思い切ったこともおやりになります。
景気に左右されないこのお店の強さをあらためて感じました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月15日(月)更新

映画「レスラー」を観る

「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしているクエストリーの櫻田です。

先週の土曜日の夜、映画「レスラー」を観ました。
主役はかつて「ナインハーフ」や「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」等で
セクシー俳優として人気があったミッキー・ローク。サントリーのリザーブのCMにも出ていました。

最近さっぱり名前を聞かないなあと思っていましたら、
この映画でヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞、
さらにゴールデン・グローブ主演男優賞も受賞しました。見事な復活です。

ミッキー・ロークが演じているのは、80年代に人気を誇ったが、
いまは落ち目でどさ回りをしているプロレスラー、ランディ・ザ・ラム。
なんともせつない映画でしたね。
どうしても、波瀾万丈の人生を送ってきたミッキー・ロークを重ねてしまいます。

当然、プロレスシーンが多いのですが、かなり本格的です。
有刺鉄線の試合や流血もありますので、そういうのが苦手の方はちょっと辛いかも。
ミッキー・ロークは老いた体で怪演しています。

ネタばれになるので、詳しい内容は避けますが、
人生は自分の思うようにはいかなくて、
男(女性も)にはこういう気持ちになることがあるよね、そう思わせる映画です。
(すみません、何が何だかわからないようなコメントで……)

1ヶ月ほど前に、やはりベテラン俳優のクリント・イーストウッドが
監督・主演した「グラン・トリノ」を観ました。
元軍人で自動車工の仕事を引退したウォルトの生き方を、
アジア系移民との交流を軸にして描いた作品です。

この映画も男の気概を描いてよかったけれども、
個人的には「レスラー」のランディ・ザ・ラムに共感してしまいます。
こういうところ、自分にもあるようなと思ってしまうのです。

「グラントリノ」のエンドロールに流れる曲はフランク・シナトラの「 Come fly with me」、
「レスラー」のエンドロールはブルース・スプリングスティーンです。どちらもいいですね。

ところで、映画を観て自宅に帰ると、
プロレスラー三沢光春さんが試合中に亡くなったというニュースが流れました。本当に驚きました。
三沢選手はプロレスの復活をかけ、ノアを組織し、社長を務めながら、
リングに上がり続けていた方だそうです。
ショー化されているとはいえ、プロレスはやはり格闘技ですね。ご冥福をお祈り申し上げます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月11日(木)更新

佐々木かをりさんのブログより

マーケティング&コンサルティング会社「イー・ウーマン」の
社長の佐々木かをりさんのブログ「今日の想い」を時々拝読しています。

「イー・ウーマン」→http://www.ewoman.co.jp/
佐々木かをりさんのブログ「今日の想い」→http://www.kaorisasaki.com/

6月9日のブログにこんな内容が書かれていました。

ジャンルやフィールドは違いますが、
コンサルティングの仕事をしていてとても同感するところがありました。

このところお取引き先の方々とお会いして感じたことを
代弁していただいたかのような内容でしたので、ちょっとご紹介いたします。


世の中を見ていると最近思うのは「停滞」のムードです。……

ニュースを見ていても、とにかく問題が山積していて、多くの人が、
その問題解決のための「考え方」をまとめることに時間をとられたり、
「準備」に気力をつかい、忙しく、元気のない日々を過ごしている、というムードです。

こういうときは、何かを切り捨てても、前進することが大切です。
今を完璧にするのではなく、また、すべての問題を完全に解決することなくとも、
まずは目の前の雑草を刈り取り、道をつくり、前進して、新しい景色を眺めるのです。
前進して、まずは、成果をつくり出す。

実感できる手ごたえ、形になるもの、体験、なんでもいいのですが、
一人ひとりが、前進の快感、成果を創りだした満足感を、感じる必要があるのです。
それが、次へのエネルギーになるのですから。
さ、共に学び、ともに前進していきましょう。



佐々木かをりさんのブログを読んでいて、
気象予報士でエッセイストの倉島厚さんがどこかで書いていたことを思い出しました。

いろいろなことがあってノイローゼ気味になっていた倉島さんにお父様がこういったそうです。

お前の悩みを書き出してみなさい、そしてそれを縦に一列に並べてみなさい。
そうすると、悩みは目の前の一つだけだ。それをつぶしていけばいい。
横に並べると、悩みがみんなお前の方を見ているような気持ちになってくる。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月10日(水)更新

東京、銀座で「蚕」が育っています

「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしているクエストリーの櫻田です。

いま、東京の銀座で「蚕」が育つところを見ることが出来ます。
銀座で専門特化した新しいスタイルの呉服店を展開している
「銀座もとじ」さんが「ぎゃらりー泉」で開催している「銀座“蚕”飼育展」です。

「銀座もとじ」さんは、“新しい時代の新しい着物店”をモットーに、
様々なニーズに応えられるよう専門特化した呉服の店舗展開を行っています。
弊社の定例会で2005年に泉二社長に特別講演をしていただきました。
会社が近いので、時々お会いするのですが、今回も店頭でばったり泉二社長にお会いしました。

お忙しい中、泉二社長自らイベントの趣旨をご説明してくださいました。
“着物素材の原点に戻り、絹を生み出す本物の蚕に触れていただきたいと、
あらためて約5000頭のオスだけの純国産蚕 『プラチナボーイ』を
「銀座もとじ ぎゃらりー泉」店内で飼育し、繭を作るまでを展示することにしました”

motoji.jpg


 いつもは着物が並んでいるテーブルの上で、
 5000頭の蚕が育っています。


ここで育てられているのはプラチナボーイと名付けられたすべてオスの蚕。
卵を産まないオスの蚕は、メスよりも20%ほどの多くの絹を生産し、
身体にあるたんぱく質をすべて糸に吐き出すことができるため、
メスの蚕が作り出す糸に比べて、艶も丈夫さも糸の長さもそして細さも特別だそうです。

いまや純国産生糸の国内需給率が5%未満という現状に強い危機感を抱いた泉二社長は、
ある日本の専門家が37年の歳月をかけてついに、遺伝子レベルの技術で、
オスだけが孵化する蚕を作り出すことに成功したのをきっかけに、
研究機関、養蚕農家、製糸、製織にかかわる方々と連携し、
『プラチナボーイ研究会』というチームを作って様々な活動を重ねてきました。

オスだけの蚕「プラチナボーイ」から取った糸は、世界でも類を見ないクオリティの高さです。
プラチナボーイの糸で織り上げた白生地を
ルーペで見せていただきましたが、まさにプラチナのような美しい光沢です。

このイベントは、6月9日(火)から21日(日)まで、「銀座もとじ ぎゃらりー泉」で開催されています。
ぜひご覧になってください。

かいこ展


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月10日(水)更新

魚屋さんのコンセプトリニューアル

「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしている櫻田です。

先日、都内の魚屋さんのコンセプトリニューアルのご相談を受けました。
プロジェクトに関わるメンバーの方々と中華料理屋さんで食事をしながらのディスカッションでした。

野菜・果物、精肉、鮮魚は毎日の食卓に欠かせないものですが、
生鮮食料品の専門店の数は確実に減少しています。
原因としては、GMSやSCなどの大型小売店の増加、消費者の食生活の多様化、
店主の高齢化と後継者難などがあげられます。

今回ご相談いただいた魚屋さんも、家族経営のお店です。
ご主人の体調の問題もあり、一時は店を閉めることも考えたそうですが、
息子さんが継ぐ気になり、新しい仕組みを取り入れた店に変えたいというご相談でした。

成熟市場の消費者の本音は、魚は魚屋、野菜は八百屋、肉は肉屋で
買ってもいいかなと思っているのではないでしょうか。
ただ、便利性や価格、営業時間などから、GMSやSCに流れています。
当然、専門店が同じことをやっても勝算はありません。

一般的には、専門店は、対面販売や専門知識や技術を強みにする場合が多いのですが、
それだけでは消費者の購買行動の変化についていけません。
第一、魚を料理して食べるという食習慣自体が変化してきているのですから………。

じゃあ、魚が嫌いなのかというと、そんなことはありません。
東銀座の歌舞伎座の数軒先に、「炭火焼干物食堂 越後屋八十吉」という
干物の焼き魚のお店がありますが、お昼時は行列が出来ています。
僕も時々食べに行きますが、みんな魚を食べたいんだなあと思います。

etigoya.jpg


 この画像は魚屋さんとは関係ありません。
 「炭火焼干物食堂 越後屋八十吉」の店頭です。
 煙もうもうの魚を焼いている匂いがたまりません。





新しい仕組みの話は、詳しくは書けないのですが、魚という商品を売る店から、
「魚の献立」を売る店へ転換するコンセプト案をアドバイスさせていただきました。

魚を食べるというライフスタイルを受け身ではなく、
献立を先に提供して魚とその関連商品を販売するシナリオです。

商品を売るのではなく、それを手に入れることによって得られる体験を売る店への転換です。
ネーミングやステートメント、店舗空間、販促等は、
コンセプトを物語して伝えることもちょっとだけアドバイスさせていただきました。

お客様の生活がハッピーになって、お店で働く方も楽しくて仕方がない、
そんなお店になればいいなあと思っています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月08日(月)更新

土曜日の濃厚なふたつのイベント

「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしている櫻田です。

先週の土曜日は2つのイベントがありました。

まず、ひとつは12時からの結婚式。
弊社で昨年2月までがんばってくれた根岸泉さんが
めでたく結婚をして、徳植泉さんになりました。

会場は東京・お台場のパルティーレ東京ウエディングビレッジ。
この会場は、若いカップルに人気のところだそうです。
今回の結婚式も1年待ちだったそうです。

弊社の金田、岡本とチャペルでの式から参加しました。
あいにくの雨模様の天候でしたが、式が終わった時にはちょうど雨があがり、
階段でのフラワーシャワーでお二人を祝福することが出来ました。

根岸

披露宴会場は、フランス館、イタリア館、イギリス館の3会場のなかのフランス館で行
われました。
堅苦しくないパーティ形式の披露宴で楽しく時間を過ごすことが出来ました。
最後の新朗スピーチは、“本当に彼女のことを好きで好きでたまらない”
という気持ちが伝わってきました。根岸さん、本当におめでとう。

さて、3時半過ぎに式が終わると、すぐにタクシーに乗り、両国へ。
実はこの日の同じ12時から、高校の時の仲間の集まりがありました。

東京に在住の同級生たちが時々集まって飲んでいた会が、
「えべし49」という名称で年に一度の集まりになっているのです。
「えべし」とは、ふるさと山梨の方言で“行きましょう”の意味、
「49」は昭和49年卒業のことです。

この日の参加者は32名。僕は2次会から参加することを伝えてありました。
2次会の会場に行きますと、全員が参加しており、
祝福ムードの結婚式から一気に宴会モードに突入でした。

実に35年ぶりに合う仲間も多く、話しは尽きません。
高校の時の仲間って本当にいいものです。
結局4次会まで行われ、解散になったのは夜の11時半でした。

いやあ、実に長く内容の濃い一日でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月03日(水)更新

維持し、進化させることの難しさ

「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしているクエストリーの櫻田です。

昨日の夜は、群馬県のお取引き先でミーティングでした。
お取引き先が小売店ですので、どうしても営業が終了してからのミーティングや勉強会が多くなります。
昨日も夜7時から9時までのミーティングでした。

昨日のお取引き先は、昨年9月に化粧品、宝飾品、雑貨という3部門構成の専門店さんです。
昨年9月に宝飾部門の売場のリニューアルのお手伝いをさせていただきました。

以前も書きましたが、弊社でリニューアルのお手伝いをさせていただくときは、
ハードの店舗や売場だけだけでなく、コンセプトや商品構成、販売スタイル等も
含めて見直しをさせていただきます。同店もここの部分を大事にして取り組みました。

しかし、難しいのはこれを維持し、進化させること。
誰でもそうですが、慣れ親しんだやり方や方法の方が楽です。
あるいは、過去の成功体験をなかなか捨てきれません。

一例が、品揃えの問題です。量を競う時代は成長期の考え方です。
成熟市場では、商品を絞り込むことがポイントです。
消費者はいくら品揃えが多くても、自分の求める分野の商品が少なければ、物足りなさを感じます。

ということは、目指す顧客を明確にして、自店の得意分野の商品を深めることの方が、
量の展開よりも要望・期待にこたえられます。

品揃えの量を絞り込むと、商品を語らなくてはならなくなります。
「たくさんの品揃え」というセールスポイントが通用しないからです。
しかも、商品の機能や特徴の説明だけでは持ちません。
商品の持っているバックストーリーや仕入れた理由、それを手に入れた時に得られる体験………
これらの語りが必要になってきます。これが成熟市場の販売のシナリオになるのです。

しかし、3ヶ月くらい経ちますと、りニュールで目指したことが崩れていきます。
3か月目というのは、お客様が店の新しさを感じなくなる時です。
こうなると不安感から品揃えや販売スタイルがぶれていくことが少なくありません。
意志を持たずに、ただ量を増やすことは、顔の見えない店になってしまうのに……。

昨日のミーティングは、リニューアル8ヶ月後の再確認でした。
市場は成長期から成熟期に移ってしまったこと
成熟市場では何をポイントして販売しなければならないのか
店を支えてくれている上顧客との接点の頻度と鮮度を高めること
この3点を中心にお話しをさせていただきました。

「新しい方策に手を出すのではなく、やろうとしていることの精度を高めることの方が大事」
ということに気が付いていただいたと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

left  right

―――――――――――――――――――――――――――――

left  right

left  right

left  right

2009年06月02日(火)更新

五感を刺激する

「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしているクエストリーの櫻田です。

昨日は富山に1泊2日で出張しました。
射水市のお取引き先で2カ月に一度の勉強会でした。
夜7時から9時まで「ブランド力を高めるために物語を伝えよう」というテーマで
話しをさせていただきました。
このお店は付加価値を高めるということに対して、下地がしっかりとしているので、
勉強会の内容をすぐに実践に移してくれるので、やりがいがあります。

たくさんのお店に訪問すると、店内にその店独特の香りがあることに気が付きます。
あるお店では空気清浄機からアロマの香りが漂う仕掛けがしてありました。
五感の中の嗅覚を心地よく刺激してくれます。

昨日訪問したお店にはいつも店内に生花が飾られています。
高額商品を取り扱うお店は造を飾ってはダメ、
費用がかかっても本物の花を飾ってくださいとお伝えしているのですが、取り組むお
店は多くはありません。
このお店では、昨日は百合の花を中心にしたアレンジメントが飾られていました。
百合の強い香りをかぐと夏が近いことを感じさせてくれました。

太陽堂花

五感マーケティングという手法がありますが、視覚は相当気を使うのですが、嗅覚は
意外と無神経です。
同様に、聴覚にももっと気を使う必要があります。
BGMを変えるだけで店の雰囲気はがらりを変わります。

五感を通じて店の価値を伝えることが、これからもっともっと必要になってきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
questoryhp.jpg
㈱クエストリーのホームページ  

report.jpg
ショップブランディング・レポート・毎週発行
1ヶ月無料購読お試しキャンペーン実施中


――――――――――――――――――――――――

sakuranoki.jpg
櫻田弘文のフォトエッセイブログ

kaneda.jpg
㈱クエストリー 金田百美子のブログ

okamoto.jpg
㈱クエストリー 岡本亮二のブログ

hashimoto.jpg
㈱クエストリー 橋本典子のブログ

kudou.jpg
㈱クエストリー クドウのブログ

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2009年6月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...