大きくする 標準 小さくする
次ページ

2009年02月28日(土)更新

ショップブランディング実践塾の開催予告

こんにちは、クエストリーの櫻田です。

今回は、私どもが3月からスタートする
「ショップブランディング実践塾」のご案内をさせていただきます。

「店がブランドになる」ことを目指したいが、
具体的に何を、どうしたらいいのかわからない。
独自性の発見や顧客価値の創造から
ミッションを創り出すことの大事さはわかるが、
曖昧としており、とらえどころがない、そんな声も耳にします。

「店がブランドになる」ということは、ある意味では
「店の熱烈なファンを作る」ことと同じです。

熱烈なファンを作るには一種の「技」が必要です。
まさにブランドと思える店をよく見ますと、
その店ならではのファン客づくりの技があります。

私たちは「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースする中で、
8つのブランディング(=熱烈なファンづくり)の「技」を
お取引き先の方々と磨いてきました。

8つの技とは次の通りです。
①ビジネスブログ ②ミッションブック ③名刺・ショップカード ④商品カタログ
⑤ホームページ ⑥お店通信 ⑦POP・ショーカード ⑧広報活動 

ショップブランディング実践塾では、この8つの技のポイントを公開し、
参加者同士でさらに磨きをかけていくことを目的としています。

塾の内容は、すぐに技を使えるようになることを第一に考えた、
少人数制の体験型カリキュラムで構成しています。

第1回目ショップブランディング実践塾の概要は次の通りです。

日 時:3月25日(水)PM13:30~PM17:30
会 場:銀座ブロッサム(中央会館)・7階「ミモザ」
テーマ:ビジネスブログの達人になって店のファンを作る
定 員:10名
特別講師:久米信行氏(久米繊維工業株式会社・代表取締役)

当日の講師の久米信行さんは、
Tシャツメーカーである久米繊維工業株式会社の代表取締役。
海外生産の低価格品が市場を席捲しているTシャツマーケットで、
ブログやメールマガジンを活用し、大きな成果をあげています。
私もそうだったのですが、久米さんのお話しはまさに目からうろこです。

詳しい内容は下記をご覧ください。

jisenjyuku.jpg


-------------------------

questory.jpg


sakuranoki.jpg


sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月27日(金)更新

20年前の「BLUE NOTE」のTシャツ

ニューヨークのジャズクラブ「BLUE NOTE」のTシャツを1枚持っています。
20年前に手に入れましたが、一度も袖を通したことがありません。

ブルーノートのTシャツ

1989年12月、僕はニューヨークのジャズクラブ「BLUE NOTE」にいました。
NADIというビジュアルマーチャンダイジングショーの視察でしたが、
半分は、ジャズを聴きに行くことが目的の一つでした。

当時、日本はバブルの最盛期でしたが、
アメリカはリセッション(景気後退)に入っていました。
クリスマス商戦不振のニュースがテレビで報道されていたことを覚えています。
ちなみにその時の大統領はブッシュ(父)さんでした。

その夜の「BLUE NOTE」の出演者は
フレディ・ハワードというトランペッターの予定でしたが、急遽変更となり、
ヴィブラフォン奏者のミルト・ジャクソンが出演することになりました。

ミルト・ジャクソンといえば、モダンジャズカルテット(MJQ)のメンバーの一人、
当時の年齢は66歳、MJQはすでに解散していましたが、
まさに伝説のジャズプレイヤーです。

その演奏を目の前で聞けるとは、何という幸運。

その夜、汗が飛んでくるような距離で、ソウルフルな演奏を聴き、
とことん酔いしれたことは言うまでもありません。

ライブが終了しても興奮冷めやらない僕は
「BLUE NOTE」のスタッフに話しかけました。
「ミルト・ジャクソンのサインが欲しい」(もちろん片言の英語で)

すると、スタッフは面倒臭そうに一言……
「勝手に楽屋に行けよ、ただしTシャツを買っていくのを忘れるな」
(たぶんそんな感じの英語でした)

楽屋のドアをノックすると、中からしゃがれた声で返事が……
恐る恐る開けると、ミルト・ジャクソンが汗を拭いているではないですか。

Tシャツを出して、僕はただ一言
「サイン プリーズ フロム ジャパン」

近くにいたスタッフがサインペンをミルト・ジャクソンに渡すと
「フワッチャ ネーム」

おおっ、名前を入れてくれるんだ
「ヒロ、マイ ネームイズ Hiro」
(どういうわけか長いと悪いと思ったので、短くして伝えました)

というわけで、このTシャツにはミルト・ジャクソンのサインが入っているのです。

ミルト・ジャクソン

こうなると、もうこれは単なるTシャツではありません。
僕にとっては、ミルト・ジャクソンとの大事な思い出の品です。

商品のジャンルが完全に変わってしまっているのです。

あなたが扱っている売れ行きの悪い商品をよく見てください。
商品のジャンルを変えることによって(これをローリングと呼んでいます)
ワクワクするような新しい価値を生み出すことが出来るのです。
それが新しい消費を創り出します。

ミルト・ジャクソンのサインの話が長くなりましたが、これが言いたかったのです。

-------------------------

questory.jpg


sakuranoki.jpg


sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月26日(木)更新

身の回りにある宝物

こんにちは、クエストリーの櫻田です。

昨日、構想日本の主催するセミナーに行ってきました。
テーマは、「地場産業ルネサンス ~もう自分で始めるしかない~」

セミナーの資料には次のように書かれていました。
「金融の打撃が小さかったにもかかわらず、
日本経済は欧米以上に落ち込んでいます。
外需」頼みのツケでしょうか。もはや大企業や政府はあてにできません。
自分の町の地場産業をもう一度掘り起こし、強くしていくほかありません。
本来、日本には地域の個性、伝統、産業が強くありました。これをどう生かすか。
地場産業ルネサンスの先駆者にこれまで聞けなかった話を伺います。」

セミナーはとてもおもしろく、小売店の仕事に共通する話でした。

当日の討論者は、次の4名の方々でした。
上治堂司氏(馬路村村長:高知県)
木越和夫氏(箸匠せいわ会長:福井県)
福田弘平氏(烏山和紙会館館長:栃木県)
藤原俊男氏(株式会社吉田ふるさと村代表取締役:島根県)

4名の方の拠点は田舎です。しかも、半端ではない田舎です。
僕も山梨の田舎の出身ですから、若い時は田舎には何もないと思っていました。
でも、4名の方々が共通して語っていたのは、
「何もないと思っていた田舎には実は宝物があった。
でもそれの見つけ方を知らなかった」

大事なのはモノの見方、考え方ですね。
「いまあるものを使うこと、いまある宝物を生かすこと」
この視点の重要性を4人の方々のお話から強く感じました。

同じように僕が仕事のフィールドにしている小売店にも宝物があります。
「うちには独自性や強みなんかないよ」といわれることが多かったのですが、
昨日の話を聞いて、自信を持ってそんなことはないですよといえます。

「でもうまくいくか自信がない?!」………そんな声が聞こえてきそうですね。
セミナーでどなたかが、こういっていました。
「失敗しても先にやった方がいい、2番煎じはうまくいかない。
もし失敗したとしても次の展開が早くなります」
「遊びから入らないとダメ、うまくいかない」

まったく同感。
出来るかどうかを悩んでいるのならば、まず動いた方がいい。
動けば、よくても悪くても答えが出てきます。
その答えから次の手が考えられます。

自分の宝物を活かすということは、一度でうまくいくはずがありません。
宝物だと思ったものが違う場合だったりもします。
でも、これも行動してみて初めてわかることです。

やるか、やらないかです。

-------------------------

questory.jpg


sakuranoki.jpg


sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします




 

2009年02月25日(水)更新

モノづくりの現場は、販売アイデアの宝庫

こんにちは、クエストリーの櫻田です。

今週は、ある企画の取材で、お二人のジュエリーデザイナーの方とお会いしました。

お一人は、藤平卓さんです。
今日、市川にあります事務所にお邪魔させていただきました。
藤平先生は、数々のジュエリーコンテストで賞を受賞されており、
現在は審査員としても活躍されている方です。
事前にお写真を拝見し、ちょっと気難しい方かなと思っていたのですが、
にこやかにお話しをしてくださり、終始なごやかなインタビューとなりました。

藤平先生

昨日お会いしたもうお一人は、山梨県の甲府にいらっしゃる
ジュリオ・ペリチオーネさん。
イタリア・ナポリのご出身で、1995年に来日し、
以来ずっと日本で活動されています。
「ある歌舞伎役者がね、型破りというのは型があるから出来ると言っていたんだ」、
そんな話をお聞きすると、日本人よりも日本的だと思わざるを得ません。

ジュリオ

ジュエリー業界は、昨年来の景気の冷え込みが引き金となり、
業績不振に苦しむ店や企業が少なくありません。
しかし、その裏側には景気の問題だけではなく、
催事販売への偏重、安易な値引き販売、モノのみを売ろうとする販売姿勢などが、
消費者離れにつながっていることも否めません。

お二人のお話しをお聞きして、誠実にモノづくりに取り組んでいる姿勢が
よく理解できました。価格と価値のバランスもわかりました。

残念なのは、そういった商品のバックストーリーが
消費者まで伝わっていないということです。
デザイン工房→メーカー→問屋→小売店というリーチの長い流通の中で、
希薄になってしまっているのではと思います。

また、小売店の無関心(その背景には売れていた時代の感覚が残っています)も
大きな問題です。

伝言ゲームのように、創り手の思いが消費者まで伝わっていかないのです。
伝わらないだけでなく変質してしまうケースも少なくありません。

いつも思うのですが、モノづくりの現場は販売アイデアの宝庫です。
デザイナーの創作現場や加工・製造の場所に
足を運ばないのが不思議でなりません。

また創り手側にも、売り手側を通じて消費者の声にじっくりと耳を傾け、
時代にあった新しい企画を組み立てるプロデュース感覚が
求められていると思います。

ジュエリーデザイナーと消費者の橋渡しのイメージが湧いてきた取材でした。

藤平先生、ジュリオさんありがとうございました。

-------------------------

questory.jpg


sakuranoki.jpg


sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月23日(月)更新

知らせることと、理解してもらうことの違い

こんにちは、クエストリーの櫻田です。

店に行くと、ふたつのタイプがあるのを感じます。
ひとつは、店のことを一生懸命知ってもらおうとしている店です。
もうひとつは、店のことをよく理解してもらおうとしている店です。

説得と納得といってもいいかも知れません。

知って欲しいという店では、
うちはこんな事が出来るんだよ、すごいんです、知らないでしょう
というテンションを感じます。価格の表示の仕方にもよくそれが表れています。

理解してほしいという店では、
自分たちはこういうことが好きです、これを大事にしてきた、これだけは譲れない
といった雰囲気を感じます。表面的にはわからないんですが、何となく感じます。

知ってほしい、理解してほしい、もちろんどちらも大事なことです。
でも理解してほしいという店のほうに、少しだけ小さな心配りを感じます。

POPやショーカードに特別なことが書いてあるのではないのですが、
店の中のすべてのものの総和がそう感じさせるのだと思います。

銀座まるかんの創業者で高額納税者番付にもたびたび登場する
斉藤一人さんのことを、ある週刊誌が紹介していました。
そこに書いてあったことが、ずっと気持にひっかかっていました。

斎藤さんが温泉に行くと、終了時間を知らせる貼り紙があったそうです。
「夜12時でお風呂は終わりです」

斎藤さんはこう書いてくれたらうれしいのにと言っています。
「夜12時までゆっくりとお風呂に入れます」

わずかな違いかもしれませんが、受け取る印象は随分と違いますよね。
先の貼り紙だと、ちょっといらっときますが、
後者は時間が少なくても気持ちよく入れそうです。

店の持っている世界観といってしまえば、その通りなのですが、
声高に語らなくても、小さなことの積み重ねで、じんわりとしみこんでくるのが
理解であり、納得ではないでしょうか。


-------------------------

questory.jpg


sakuranoki.jpg


sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月13日(金)更新

天才ってやっぱりいるんです

今日の午後は新宿にあるお取引き先メーカーさんに行きました。
あるジュエリーの販売企画の打ち合わせでした。

ここで見せていただいたのが、
フランスとの国境に近いドイツ中西部の宝石の町、
イーダーオーバーシュタインに住むムーンシュタイナー親子の作品です。

父はベルンド・ムーンシュタイナー氏、息子はトム・ムーンシュタイナー氏、
お二人ともマイスターのさらに上のクンストラーという称号を与えられている
宝石研磨のカッターです。

ベルンド・ムーンシュタイナー氏は、伝統的な宝石の研磨に飽き足らず、
宝石の裏面に刻みやえぐりを施すという独特の研磨を生み出しました。

この研磨は、“邪道だ”、“宝石に対する冒とくだ”、“クレージー”と
強く非難されたのですが、彼は自分のやりたい研磨を貫き通しました。

彼の研磨は単なる思いつきや遊びではなく、
宝石の光の屈折や反射をとことん計算しつくした上での研磨でした。

彼が研磨した宝石は、これまでとは全く違う表情を見せ、
多くの宝石ファンをとりこにしたのでした。

評判が高いのを知った他の業者が、
真似をするようになりましたが、同じようには出来ません。
やがて、父の生み出した研磨技術は、息子のトム氏に受け継がれていったのです。

僕はこれまでに仕事で3回、
イーダーオーバーシュタインの緑豊かな自然に囲まれた彼のアトリエ訪れ、
お話を聞く機会がありました。

お二人とも穏やかな人柄ですが、
作品を拝見すると、やはり天才だなあと思わざるを得ません。

では、ムーンシュタイナーの作品をお楽しみください。

ムーンシュタイナー2

ムーンシュタイナー3

ムーンシュタイナー4

-------------------------
logo.jpg
「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしています

日々の出会いを写真でつづる
Photo Essay 「櫻の木」 http://sakuraman.blog90.fc2.com/ 

sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月12日(木)更新

作り上手の伝え下手……新プロジェクトスタート

昨日、青山で新しいプロジェクトの第1回目の顔合わせが行われました。

プロジェクトの内容は、
北海道のある地域産品と東京都内の小売店をつなぐというもの。
専門店のブランディングをメインにしてきた弊社にとっては、
新しい取り組みであり、やりがいがあります。

参加メンバーは、プロデュース全体をまとめる会社、
店舗設計会社、デザイン会社、フードコーディネーターの方、
そして小売店のオーナーなど10名、多彩な顔ぶれでした。

弊社は商品ブランディング、店舗ブランディング、パブリシティ企画、
広告・販促企画で関わっていくことになりそうです。

専門店のブランディングのお手伝いしていて感じることは、
他にない独自の魅力や強みがありながら
それに気が付いていなかったり、伝え方が足りなかったりすることです。

プロジェクトのオリエンテーションを受けながら、同じことを感じました。
それは「作り上手の伝え下手」ということ。

各地には地域の特性を生かした商品を
まじめに一生懸命作っている人たちがいます。
そこには他にない独自の物語がたくさん眠っています。

しかし、残念なことに作ることにはプロですが、
それをどう消費者に伝え、販売するかという視点が
不足していることが少なくなりません。

地域産品の新事業に関する資料も見ましたが、
商品の販売のところは、百貨店、スーパー、地域物産のアンテナショップ、
飲食店、ホテルなどと書かれているだけで、具体的ではありません。

参加メンバーからも、作ってからどうしたら売れるのかという相談を
持ちこまれるケースが多いという話が出ていました。
誰に、どこで、どのように売るかという視点が欠けているのですね。
地域経済の厳しさが増す中、これからさらに浮かびあがってくることだと思います。

でも小手先のテクニックでは、解決出来ないように感じます。

求められているのは、売りの完結のシナリオです。
消費者起点から発想し、創り手(生産者・生産地)、
商品(素材価値と使用価値)、助け手(販売店・販売ネットワーク)の
連携によるブランディングが本当に必要だなあと感じました。

プロジェクトの進行が楽しみです。


-------------------------

logo.jpg
「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースしています

日々の出会いを写真でつづる
Photo Essay 「櫻の木」 http://sakuraman.blog90.fc2.com/ 

sbr.jpg
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月08日(日)更新

元気になれる映画!「マンマ・ミーア」を観ました

映画「マンマ・ミーア」を昨日観ました。
実に、おもしろかった、よかった。
観終わった後、すっきりと元気になれる映画です。

この映画は「ダンシング・クィーン」「マネー・マネー・マネー」「チキチータ」など、
70年代に次々とヒットを放ったABBAの曲から誕生したミュージカルの映画版です。

ABBAを知らない人でも、メロディーを聞けば、「ああ、あの曲ね」と思い出すはず。
とにかくABBAのメロディーがこれでもかってくらい流れます。
ABBAの曲はメロディーだけではなく、
歌詞も魅力的だということにも、初めて気が付きました。

主演は、オスカー女優のメリル・ストリープ、
彼女がノリノリでABBAのヒット曲を歌います。
前に観た「今宵、フィッツジェラルド劇場で」もよかったけれども、
今回は実にハイテンション、すごい女優さんです。

中年のおばさん二人がいい味出しています。
ヒロインのアマンダ・セイフライドも可愛いね。
中年の3人の男も相当頑張っています。

ちなみに「マンマ・ミーア」は、
イタリア語で“なんてこった!”という雰囲気の言葉らしいです。

元気になりたいときには、「マンマ・ミーア」をどうぞ!


-------------------------
           logo.jpg 
「店がブランドになる」ことを支援・プロデュース


日々の出会いを写真でつづる
Photo Essay 「櫻の木」 http://sakuraman.blog90.fc2.com/ 


sbr.jpg 
ショップブランディングのヒントを毎週お届けします

2009年02月07日(土)更新

本当に景気のせいだけだろうか?

こんにちは、クエストリーの櫻田です。

イタリアのナポリから車で20分ほど行ったところに
トッレ・デル・グレコという人口10万人ほどの街があります。
僕は不思議なご縁から、この街をこれまでに3度訪れています。

実はここはシェルカメオの故郷、
シェルカメオの大半がこの街で制作されているのです。
そのカメオのプロモーションの仕事で訪問したのです。

シェルカメオの作家のひとりにアニエッロ・ペルニーチェさんという方がいます。
ペルニーチェさんは、カメオ作家の一族に生まれ、
9歳の時からカメオを彫り始めました。

アニエッロ・ペルニーチェさん

特に美人画においては独特のこだわりを持ち
ペルニーチェスタイルといわれる
美しいカメオ彫刻を確立をしたイタリアでも屈指の作家です。
しかし、決して偉ぶるところがなく、実に温かい人柄の紳士です。

私どもの会社では、数年前からこのペルニーチェさんの
日本でのマーケティングとプロモーションを担当しています。
僕も、弊社のメンバーもみんなペルニーチェさんのファンです。
昨年はオフィシャルサイトを立ち上げました。

年に数回、日本にいらっしゃるのですが、
先月も東京のお台場で開催されていた
国際宝飾展に出展するために来日をされました。

国際宝飾展の前後では、神戸と群馬の専門店で
ペルニーチェさんの作品展が開催されました。

宝飾業界は冷え込み景気の中で、多くの店が苦戦を強いられています。
しかし、苦戦の要因は、景気の問題だけではありません。

商品に対する思い入れのなさ、
創り手に対する尊敬と支援の欠如、
正しい情報の開示不足、
利益のみを追求した生産者への圧力、
価格訴求に対する消費者の不信感、
催事販売への安易な片寄り………

一言でいうと、これまでずいぶんと甘い商売をやってきたということです。
勉強をしてこなかったツケが回ってきているのだと思います。

ペルニーチェさんの作品展を開催した2店のお店は、
ペルニーチェさんと彼が創り出すカメオに強い思い入れを持っています。

神戸のお店は、もう10年以上に渡り、
ペルニーチェさんのカメオを取り扱っています。
カメオに力を入れていることを知った問屋さんや輸入業者が営業に来るのですが、
頑としてペルニーチェさんの作品しか扱いません。

群馬のお店が作品展の開催を決めたのは昨年の8月のことでした。
私どもがプロデュースしたのは「体験型プロモーション」でした。
ご自分たちが体験したこと、
それとお客様がカメオを購入することにより得られる体験
このふたつを伝えることを企画の柱にしたのです。

まず、9月にペルニーチェさんが来日したときに東京に出向きお会いしました。
その様子はお店の発行している通信でお客様に情報発信をしました。
また、お店の名前の由来になっている花のカメオを
オリジナルで制作してもらいました。
作品展の案内状の表紙を飾ったのは、このカメオです。

また、作品展の初日には上顧客をお呼びして、
ペルニーチェさんを囲むパーティも開催しています。
こころ温まるいいパーティでした。
パーティに参加されたほとんどの方がカメオを購入されたそうです。

ある体に障害のあるご年配のお客様は、
お店にいらっしゃるなり“マリア様を彫ったカメオが欲しい”いわれたそうです。
お店のペルニーチェさんとお店のスタッフが選んだ作品は
女性がお子さんを抱いている優しい表情の作品でした。

ペルニーチェカメオ

売れない、売れないと嘆く前に、もう一度自分の取り扱っている商品を
真剣に見つめ直す時期が来ているのだと思います。

自分はなぜこの商品を取り扱いたいのか、
商品の背景にはどんな物語があるのか、
どんな人に、どんな体験をしてもらいたいのか、

まだまだ、やるべきこと、打つ手はたくさんあります。

アニエッロ・ペルニーチェ:オフィシャルサイト
ペルニーチェロゴ
www.aniellopernice.jp


-------------------------
㈱クエストリー 
www.questory.co.jp
Photo Essay 「櫻の木」 
sakuraman.blog90.fc2.com 

2009年02月06日(金)更新

こうして、六本木の夜は更けていく

毎月最終土曜日の午後は
メンバー(弊社では社員のことをこう呼びます)全員でミーティングをします。
会社のミッション、目指していること、具体的な仕事の対策などを、
みっちりと4時間話し合うのです。

先週の31日が1月のミーティングでした。

メンバーズミーティングの後は、
おいしいものを食べに行くことになっているのですが、
この日は六本木の「中国茶房8(エイト)」に行きました。

この店は本格的な北京ダックが一匹丸ごと3680円で食べられる店。
もちろん他のメニューもおいしい。

中国茶房8  全部一皿210円です

この日も全員おなかいっぱいで大満足。
5人でビールと紹興酒も2本も飲んで、
2万円でお釣りがくるのですから、やっぱり安いなあ。

酔いざましで、けやき坂をぶらぶらと下り、
テレ朝の前の「TUTAYA TOKYO ROPPONGI」に入りました。

TUTAYA六本木   

このお店は2003年に開業、昨年12月に一部リニューアルをしました。
店内にスターバックスコーヒーが入っており、
“Book&cafe”のスタイルを取り入れた新業態店です。
しかも、スターバックスでは購入前の本や雑誌も持ち込んで読めるんですね。

ロゴや内装のデザインを話題のアートディレクター佐藤可士和氏が
手掛けたことでも有名ですね。

営業時間は朝の7時から翌朝の4時まで、ピークが夜の9時といいますから、
六本木ならではのお店です。
僕らが入ったが10時前でしたが、人がいっぱいでした。

おもしろいのは、アイテムミックスという考え方で、商品構成が行われていること。
2階のCDの売り場では、
CDの隣にミュージシャンの特集をした雑誌が置かれているといった感じ、
メディアの垣根を取っ払ったわけですね。

1階の売り場でもドイツのコーナーでは、
ガイドブックといっしょにヒットラーの本や、
手塚治虫の「アドルフに告ぐ」が並んでいました。
好奇心のアンテナが広がってくるのを感じます。

「TUTAYA TOKYO ROPPONGI」を出ると、
メンバーから“社長、もう1軒”という声が、
“よっしゃあ~”……こうして、六本木の夜は更けていきました。

中国茶房8
〒106-0031東京都港区西麻布3-2-13コートアネックス六本木2F
TEL:03-5414-5708
http://www.cceight.com/



会社ロゴ http://www.questory.co.jp

Photo Essay 「櫻の木」 http://sakuraman.blog90.fc2.com/
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

(株)クエストリーは2003年に「店がブランドになる」ことを支援・プロデュースするために設立されました。「店がブランドになる」ためのプロセスをわかりやすく整理し、具体的な成果につながるコンサルティング、プロデュース、クリエイティブを展開しています。代表取締役の櫻田弘文は、これまでに300社以上...

詳細へ

個人プロフィール

1955年生まれ、自然豊かな山梨県南アルプス市で育つ。高校卒業後、大学に進むが、学業には目を向けず、芝居に夢中になる日々を過ごす。大学卒業後、広告・マーケティング会社に入社。5年区切りで、コピーライティング、広告プランニング、マーケティング、店舗開発、マネージメント指導などの業務を経験する。2...

詳細へ

バックナンバー

<<  2009年2月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「ブランディング対談集&講演録」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    11月に銀座ブロッサムで開催したブランディングセッションにお招きを頂いた、株式会社クエストリーでは、ブランドになることを目指す経営者のための「ブランディングクラブ」を主催していて、ブランディングセミナーやブランディングセッションを開催しております。 また会員には毎週金曜日にブランディング会報を配布していてその会報に「ブランディグング対談」が掲載されています、その対談とセミナーやセッションでの
  • イングリッド・バーグマンのすべて from Re:play
      イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman, 1915-1982)は北欧スウェーデン出身の女優です。 イングリッド・バーグマンといえば、何といっても有名なのは映画「カサブランカ」(1942)で演じたヒロインのイルザ役でしょう☆ 可愛かったですねぇ~!あの頃のバーグマン、めっちゃ綺麗で好きです。 一応、説明しておくと名画「カサブランカ」はマイケル・カーティス監督の映画で、イングリッド・バーグマンのお相手をしたのはハンフリー・ボガートという俳優。 この方、日本で言うなら高倉健さんのように…
  • 『売れ続ける理由』 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法クチコミを見る 『売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法』を 読みました。 著者は仙台市から...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】クエストリー 櫻田弘文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは クエストリーの櫻田弘文さんです。  ...