大きくする 標準 小さくする

2019年01月05日(土)更新

「チコちゃんに叱られる!」を経営に活かす

テレビをそれほど見なくなりました。理由は番組がつまらないから……。

でも何となく見てしまうのが、

NHKで放送されている「チコちゃんに叱られる!」、
今日も見ました。http://www4.nhk.or.jp/chikochan/


この番組は人気があるらしい、視聴率も常に10%以上だという。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」という決め台詞
結構ツッコミどころで使われています。



僕もこの番組はおもしろいと思う。でも、何が人気の要素なんでしょうね。

チコちゃんという5歳児のキャラクターもユニークだし、
ゲストも話題の人を呼んでいる。

解説VTRの「たぶんこうだったんじゃないか劇場」も笑える。
進行のテンポもメリハリがあるし、NHKらしくないのもいいんだろうね。



これらも人気の要素だと思うけれども、
番組の趣旨は「知っていそうで知らないことを専門的に解明する」です。


実はこの手法は古典的です。
これまでも使われてきたし、いまもよく使われています。
雑学バラエティ番組はほとんどこの流れです。


ずいぶん前だから、知らない人も多いかもしれないけど
日テレで「知ってるつもり?!」という人気番組がありました。


そいういえば、作家で映画監督の伊丹十三さんは
「みんなが知っているけれども、実はよく知らない」ことを
テーマにするのがヒットのポイントとどこかで語っていました。


確かに「お葬式」「マルサの女」「スーパーの女」「ミンボーの女」
「たんぽぽ(ラーメンがテーマ)」など、
どれも楽屋裏を覗き込むようなストーリーでした。


伊丹十三さん、若い時に影響を受けた一人です。

「チコちゃんに叱られる?!」もその系統ですが、
チコちゃんの素朴な疑問に
ハッとさせられるのが人気の秘密だと思うのです。

今日の疑問の一つは「部屋のほこりはなぜ灰色なの?」、
僕も「えっ」と思ってしまいました。



「知っているようでいて実はよく知らない」
これはブランディングにも通じることです。

自社の強みは何かという問いかけに、多くの経営者が首をかしげます。

「他にない強みなどない」という答えも返ってきます。

でも、これまでの経験上強みがない会社はありません。




外部の僕らから見ると、「すごいじゃないですか」ということも
知ってるつもりになっているので響きません。


「会社や業界のことは自分が一番よく知っているから」という顔をされ、
真剣に見つけ出そうとしない場合もあります


自社の常識や当たり前が、実は強みになるかもしれないのに、
「そんなことが強みになるとは思えない」
だから価値になるまで深掘りしようとしません。


もったいないなあ、チコちゃんみたいに、
ボーっと
していませんかと言いたくなります。

「知ってるつもり」という落とし穴にはまっている感じです。


そんな時、若手や社歴の浅い社員さんや力を発揮します。

メンタルブロックや確証バイアスがないから、
チコちゃんのようにハッとする意見を出すことがあります。


変化が予測不能な時代だからこそ、
「知ってるつもり」を捨てて、自社の価値を見つめ直す

「チコちゃんに叱られる!」を見ていて、
あらためてこれが大事だと感じた土曜日です。




┏┓
┗■「1月度ブランディングセッション」━━━━━━━━━━ 



◆テーマ
地域を味方につける経営
魅力的な地域のコンテンツを見つけて活用する    


●日 時:2019年1月16日(水)13:30~17:00(受付開始 13:10)
●会 場:銀座ブロッサム(中央会館)7階 ジャスミン


【ゲスト講師】
久米信行氏 久米繊維工業 取締役相談役


▼お問合せ・お申込みは下記からどうぞ
株式会社クエストリー
http://www.questory.co.jp/tabid/94/Default.aspx 
または 03-5148-2508まで

<<  2019年1月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31